« C.リーのドラキュラ | トップページ | DVD化希望 »

ハマーの吸血鬼もの(C.リー以外)

ハマーの吸血鬼ものといえば,「吸血鬼ドラキュラの花嫁('60)」「吸血鬼の接吻('63)」「バンパイア・ラヴァーズ('70)」「恐怖の吸血美女('71)」「ドラキュラ血のしたたり('71)」「吸血鬼サーカス団('72)」「キャプテン・クロノス・バンパイア・ハンター('73)」「ドラゴンVS7人の吸血鬼('74)」なんて辺りで,P.カッシングが登場するのは,「花嫁」「バンパイア・ラヴァーズ」「血のしたたり」「ドラゴンVS」。

以上の作品のうち,とりあえず,手軽に入手できそうなのは,「血のしたたり」のようですね。残りのいくつかも,国内盤が出ていたような気もしますけど。

「血のしたたり」は,原題「Twins of Evil」で,双子の姉妹が主役。片方が吸血鬼に血を吸われて吸血鬼になるのですが,ヌードも披露。他の作品よりも長めの牙が素敵な作品です。

このうち,名作となると,やはり「花嫁」でしょうが,長いことDVD化されず,最近やっと「ハマー作品集」というの中に,「接吻」と一緒に収められました。C.リーが出ない「ドラキュラ」ものですが,P.カッシングの登場がそれを補って余りあるという感じ。ドラキュラの俳優さんもいい雰囲気だと思います。が,この作品は,犠牲になった2人の女性が吸血鬼としてよみがえるシーンが,どちらもいいんですね。

1人目は埋葬された墓地から棺の蓋を開けて地上に出てきて,2人目は馬小屋に安置された棺桶から起き上がる,という設定。

墓地から地上に這い出てくる,と言えば,「Subspecies」もそうで,そもそも「Subspecies」は現代版「ドラキュラの花嫁」という雰囲気ですもんね。「Subspecies」もDVD化が待たれる作品で,現在DVD化されているのは4作目だけ(LDをDVD化したものは,オークションに出品されていたりしますけど)。

残りのハマー作品は,美人の吸血鬼が出てくるものの,吸血鬼に変えられるシーンがほとんどないのが残念。「ドラゴンVS」で吸血鬼に噛まれた金髪美女が吸血鬼に変わる場面がお薦めですが,これも国内盤が待たれるところですね。

|

« C.リーのドラキュラ | トップページ | DVD化希望 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/8309019

この記事へのトラックバック一覧です: ハマーの吸血鬼もの(C.リー以外):

« C.リーのドラキュラ | トップページ | DVD化希望 »