« vampiros | トップページ | brides of dracula その2 »

brides of dracula / kiss of the vampire

ハマーの「吸血鬼ドラキュラの花嫁」は傑作ですが,単品でのDVDリリースがなく,現在はハマー作品のアンソロジーに収録されています(どれも英語字幕入り)。

「ドラキュラの花嫁」は,埋葬された村娘が吸血鬼として蘇り,墓地から地上に這い出るシーン(「Subspecies」でそのまま再現されてます!)や,馬小屋に安置された棺桶から女教師が吸血鬼として蘇り,ヒロインに話しかけるシーンが出色です。ドラキュラが退治された後,2人の花嫁は,風車小屋の奥に退散してしまうので,花嫁の最後が描かれていないのが残念といえば残念なところ(「Subspecies」では,2人の花嫁もちゃんと退治されますから,「Subspecies」のスタッフも同じことを感じていたのかも)。


このDVDには「吸血鬼の接吻(Kiss of the Vampire)」も収録されているので,ちょっとお買い得。こっちは,素敵な女吸血鬼が登場するものの,犠牲者が牙を生やさなかったりして,ちょっと消化不良。オープニングで棺桶の中の女吸血鬼が退治されるシーンは,なかなかいい雰囲気なだけに,もったいないです。

|

« vampiros | トップページ | brides of dracula その2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

またまた,おじゃまします。
「吸血鬼ドラキュラの花嫁」はハマーのC・リーが出ていない吸血鬼モノの中ではいちばん出来がいいと思うのですが,日本ではDVD発売がないですね。「吸血鬼サーカス団」やカルシュタイン3部作なんかがとっくに出ているのに,ジラしているんでしょうか?
「・・接吻」もいいのですが,牙をつけるのがイソベル・ブラックだけで,おっしゃる通り私も消化不良ぎみだと感じます。

話は違いますが,「レスリー・ニールセンの・・」のノスフェラトゥの会話は,日本語字幕でもそのままですよ。じつは中古VHSを持っています。何しろレンフィールドが可笑しくて印象的ですが,ルーシーの吸血シーンも,なかなか勘どころを押さえていて私はけっこう好きなんです。

投稿: レンフィールド | 2006年4月30日 (日) 13時26分

レンフィールドさん,こんにちは。

まったく,国内盤と海外盤のリリース状況の違いは何なんでしょうね。「新ドラキュラ悪魔の儀式」は国内不人気(私にとっては傑作ですけど)なので,国内盤が出ないのもわからなくはないんですが,「花嫁」は国内の評価も高い方で,その手の特集などでは必ず取り上げられる作品ですから,「花嫁」の国内盤が出ないのはちょっと謎。もっとも,海外盤でも,正規版と思しきものはちょっと前にようやく出たアンソロジーで,それ以前はオークションに海賊版のようなものが出回っている状況でしたから,海外盤が出たことで,国内盤のリリースも期待できるかも。

逆に,「サーカス団」や「血のしたたり」は,海外盤だとNTSC版がなくPAL版しかないような状況ですから,この辺りは国内盤の方が進んでいるような感じですね。

「接吻」はDVDが出回る前に輸入VHSで観てちょっとがっかりした記憶があります。旅行中の夫婦が吸血鬼の城に泊まって,奥さんが吸血鬼にされる,という話のはずなのに,奥さんには牙がないという…。

「レスリー・ニールセンのドラキュラ」の日本語字幕情報ありがとうございます。そのまま日本語にしても,いまいちギャグがピンと来ないような気がするんですけど。ともかく,この作品も国内盤DVD未リリースという不遇な扱いですが,いい出来ですよね。LDを引っ張り出すのも面倒なので,結局,海外盤を発注しちゃいました。

投稿: galant | 2006年4月30日 (日) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/9826858

この記事へのトラックバック一覧です: brides of dracula / kiss of the vampire:

« vampiros | トップページ | brides of dracula その2 »