« ゲッターロボGその4 | トップページ | ゲッターロボGその6 »

ゲッターロボGその5

ゲッターロボG,というか,百鬼帝国の影響があるのかないのか定かではありませんが,人間が鬼に変えられる,という設定がたまらない漫画が「蒼の封印」。

文庫版ではなく,オリジナルの第1巻の表紙につられて買ったんですが,話が進むうちに,鬼の一族の復活というテーマになり,鬼の女王であるヒロインが人間を食らうと,人間を鬼に変える玉を作りだし,それを飲まされた人間が鬼に変わる,というシーンに至って,拍手喝采。おまけに,鬼に変えられた人間は,角を隠して人間に化けられるので,百鬼帝国の鬼そのもの!

「新ゲッターロボ」よりも,よほど「ゲッターロボG」のリメイクに近い感覚ですね。

|

« ゲッターロボGその4 | トップページ | ゲッターロボGその6 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/9561506

この記事へのトラックバック一覧です: ゲッターロボGその5:

« ゲッターロボGその4 | トップページ | ゲッターロボGその6 »