« fangs of the living dead | トップページ | vampire resurrection »

darkness : the vampire version

最近リリースされた「darkness : the vampire version」は,2005年作品。

いまどきこんな低予算映画があるのか,というくらいの画質ですが,特殊メイクを中心に頑張っている感じは伝わってきます。ま,でも,カメラワークはもうちょっと,かな。

吸血鬼映画ということなんですが,ほとんどゾンビ映画。吸血シーンは流血だし,牙はないし,なんですが,日光や流水に弱かったりする辺りは吸血鬼。日光や流水で吸血鬼の肉体が滅んでいく特殊メイクはなかなか頑張っているので,牙くらいつけてくれって感じです。やっぱり,吸血鬼というからには,牙がないとねぇ。「the forsaken」も牙さえあれば傑作だったのに。

なので,吸血鬼映画として期待すると,ちょっとがっかりで,ゾンビ映画と言ってくれれば,まぁまぁ,という出来でしょうか。

吸血鬼になりかけの女性が「help me, please」と言って,生者を誘うシーンはなかなかだし,吸血鬼の親玉が日没とともに地中から起き出すシーンは「カーペンターの吸血鬼」のパクリとは言え,頑張っているし,で,全体的にもうちょっと。

|

« fangs of the living dead | トップページ | vampire resurrection »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/10543316

この記事へのトラックバック一覧です: darkness : the vampire version:

« fangs of the living dead | トップページ | vampire resurrection »