« full eclipse | トップページ | Dan Curtis' Dracula »

hellraiser 3

ということで,1992年作品の「hellraiser 3」です。

映画全体として観れば,1や2の方が評価が高くなるんでしょう(4以降も観てますが,もう一息という感じ)が,吸血鬼フリークとしての評価は3がベストでしょう。ヒロインの友人のterriが,復活したピンヘッドによってcenobiteに改造されて,ヒロインの前に現れるなんて,うまいところを突いてます。

terriをピンヘッドの生贄にしようとした男友達もcenobiteに改造されるし,terriに対して優しく手を差し伸べるピンヘッドにおびえるterri,という図は,トビー・フーパー版の「死霊伝説」で,スーザンが吸血鬼の館に忍び込んで,吸血鬼の手下の古物商に手招きされるシーンを連想させます。cenobiteと化したterriがもうちょっと活躍してくれれば文句なし,なのが唯一惜しいところ。

で,本作品は,海外ではDVD化されていたようなんですが,どうも長らく新品が入手困難になっているようで,買い損なった私は手許の海外版LDを楽しむしかなかったんですが,嬉しいことに来月再リリースされるようなので,今から楽しみです。


そうそう,だいぶ前の洋書ですが,「the hellraiser chronicles」というタイトルの本があって,1から3までのスチールやデザイン画が満載のムックです。ポーラ・マーシャルのメイク中のスチールやコメントもあって,ファン必携?

|

« full eclipse | トップページ | Dan Curtis' Dracula »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/11036879

この記事へのトラックバック一覧です: hellraiser 3:

« full eclipse | トップページ | Dan Curtis' Dracula »