« avia vampire hunter | トップページ | K2 »

karmina

「karmina」(邦題「魔処女」)は1996年のカナダ映画。フランス語圏の吸血鬼ものと言うと,ちょっと偏見があるんですが,レンタル落ちの中古ビデオで観て,この作品に関する限り,印象が変わりました。

とにかく「楽しい」の一語に尽きます!!

親が決めた許婚がいやで家出する,吸血鬼のヒロインkarminaが逃亡先で人間の男性と恋に落ちて,というラブコメディーなんですが,ヒロインは美形(というか,キュート)だし,吸血鬼メイクだとちゃんと顔色が悪くなるし,牙はバッチリだし,で,邦題から妙な期待をしなければ,極めてお買い得な作品と言えるでしょう。

で,海外盤DVDが出ていたことを最近知ったんですが,残念なことにリリースから時間が経っているため,現在amazon.comでは新品を取り扱っていないようす。が,amazon.co.jpと同様,amazon.comにもマーケットプレイスがあって,新品や中古品の出品者がいるんですね。amazon.co.jpのマーケットプレイスで新品の国内DVDや中古書籍を買った経験はあるんですが,amazon.comでは初めてです。もっとも,システム自体,国内と全く同じなので,あまり心配もせずに,マーケットプレイスで新品を注文。

無事に届いて,早速鑑賞しました。DVDにしては画質がもうちょっと,という感じですが,VHSよりは,当たり前だけど高画質。オリジナルはフランス語音声ですが,英語音声が利用できます。

|

« avia vampire hunter | トップページ | K2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

どうもご無沙汰しています。
邦題「魔処女」と聞いて,そうそう思い出しました。何年か前にテレビ(WOWOWだったかも?)で見ました。
たしか吸血鬼の里を逃げ出して,海外に住む叔母さん吸血鬼の元へやってくるんでしたよね。そこで一時的に人間になる薬か何か飲んでいたような・・。
ラストで,娘を取り戻しに来た吸血鬼と叔母さんとのバトルがあって楽しかった印象があります。
こういう作品の場合,ヒロインの吸血シーンがないことが多くていつも残念なんですが,これも吸いそうで吸わないパターンだった記憶があります。

投稿: レンフィールド | 2006年9月23日 (土) 16時59分

レンフィールドさん,お久しぶり。

海外作品の邦題は,ビデオ販売会社の思惑があって,原題からずいぶん遠くなるケースもままありますが,本作品もちょっとあんまりな感じですよね。

カナダのケベックの叔母さんが,吸血鬼を人間化するポーションを開発し,人間として暮らしているところに,カルミナが逃げてきて,カルミナもポーションで人間になって,人間の生活を楽しんでいるときに,人間の男性と恋に落ちて…という話ですね。カルミナを追いかけて,両親と許婚がケベックまでやってきて,最後にカルミナの父と叔母が爆笑バトルを繰り広げますが,このバトルが,漫画ちっくで,楽しいとしか言いようがありません。

ヒロインが吸血するシーンは,確かにないですね。その点は残念ですけど,コメディ作品として見れば,非常に完成度が高い作品で,国内DVDがないのがもったいないです。

そうそう,この手のコメディだと,ご存知でしょうが,「beverly hills vamp」(邦題「バンパイ・ファミリー」)辺りは女吸血鬼が大勢出て来て,ラストのオチも効いていて,楽しい作品です。これは,残念ながら今のところ,国内,海外とも未DVD化のようです。

投稿: galant | 2006年9月24日 (日) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/11977749

この記事へのトラックバック一覧です: karmina:

« avia vampire hunter | トップページ | K2 »