« crypt of the vampire | トップページ | demonic »

nocturna

1978年作品の「nocturna」は,ディスコが舞台の吸血鬼映画。同じノリの「ドラキュラ都へ行く」(1979年作品原題「love at first bite」)に比べて,マイナーなためか,未DVD化。もっとも,「ドラキュラ都へ行く」も国内盤DVDはなくて,海外盤しか出てません。

で,この「nocturra」,存在だけは以前から知っていたんですが,少し前に,海外ネットオークションでVHSを入手して,ようやく観ることができました。

トランシルヴァニアの城がホテルになるから,とアメリカに渡る辺りも,「ドラキュラ都へ行く」と同じノリで,アメリカでヒロインのnocturnaが恋に落ちる辺りは,後の「karmina」を彷彿とさせます。ただ,全編と通して牙の露出が少ないのと,吸血鬼化される人間がいないのが,ちょっと弱いところ。ま,ディスコ系吸血鬼映画(という用語はないけど)ではありがちなところなんでしょうね。

因みに,「love at first gulp」は1980年の「dracula exotica」(邦題「ブラッド・サック」)の別タイトルで,これもドラキュラがニューヨークに現れる,「ドラキュラ都へ行く」のパロディのポルノ作品。1979年の「lust at first bite」(別タイトル「dracula sucks」)も「ドラキュラ都へ行く」のパロディみたいなタイトルですが,こっちはブラム・ストーカーのドラキュラのパロディで,やはりポルノ映画。どちらの作品もちゃんと吸血鬼もののツボを押さえていて,ドラキュラに血を吸われた女性が吸血鬼化するので,高画質でDVD化して欲しいところですが,仮にDVD化されても入手困難でしょうね。

|

« crypt of the vampire | トップページ | demonic »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/12293094

この記事へのトラックバック一覧です: nocturna:

« crypt of the vampire | トップページ | demonic »