« beverly hills vamps | トップページ | the ironbound vampire »

the last man on earth

吸血鬼映画の古典の1つ,ヴィンセント・プライス主演の「the last man on earth」(邦題「地球最後の男」)は,1964年作品。で,モノクロ映画です。

疫病で人類がほとんど死滅し,生き残ったものも吸血鬼と化し,主人公だけが人間として生き残っていて,吸血鬼を杭で殺し続ける毎日…という話なんですが,吸血鬼に牙がなく,動きが緩慢なので,何も知らなければ単なるゾンビに見えてしまいます。なので,国内盤DVDの説明では「ゾンビ」と書かれてしまう始末。

でも,にんにくで防御し,杭で退治するので,一応吸血鬼ものと考えるべきでしょう。吸血シーンは見当たらないですけど。

そうそう,主人公の最後のセリフ「I'm a man.」を考えると,邦題は「地球最後の人間」の方が正しいような気もしますけど,ま,いいか。

海外盤,国内盤ともにいろいろリリースされているようですが,私は「the devil bat」「the satanic rites of dracula」 と一緒に収録された,お買い得版で鑑賞しました。さすがに3作品を1枚に収めているので,画質的にはちょっと辛いものがあったりしますが,モノクロ作品はそれほど鑑賞に支障はないといったところでしょうか。

|

« beverly hills vamps | トップページ | the ironbound vampire »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/12840187

この記事へのトラックバック一覧です: the last man on earth:

« beverly hills vamps | トップページ | the ironbound vampire »