« the faculty その2 | トップページ | グランツーリスモ4 »

slayer

先月リリースされた「slayer」は,2006年作品。ジャケット表面のデザインが冴えないので,あまり期待していなかったんですが,現物が届いてジャケット裏面を見たら,牙を剥く黒人男性のスチールが。お,もしかして,これは期待できるのでは?と観たところ…

南米のジャングルを舞台に,アメリカの特殊部隊と吸血鬼が戦う,という設定で,スチールの黒人男性は,特殊部隊の一員だったのが,吸血鬼に変えられたんですね。彼を吸血鬼に変えるのが,ワイルドな魅力の吸血女。

本作品の吸血鬼は,顔の静脈が浮き出したメイクで,これはちょっと新鮮!あ,こういうメイクもいいね,って感じ。おまけに牙は両側に2本ずつの豪華版なので,見栄えも2倍。昼間でも活動する,という点は今どきの吸血鬼ですが,牙と静脈のメイクで高ポイント。

期待の黒人吸血女は登場せず,というか,この作品の唯一惜しいのが,活躍する吸血女が1人しかいないこと。もうちょっと色気も出して欲しいところでしたが,この吸血女がかなり活躍するから,そこに焦点を合わせた,という見方もできなくありません。

映像もしっかりしているし,久々に出来のいい吸血鬼映画を観ました。ここ数ヶ月観た中ではダントツのお奨め作品です。

|

« the faculty その2 | トップページ | グランツーリスモ4 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/13007519

この記事へのトラックバック一覧です: slayer:

« the faculty その2 | トップページ | グランツーリスモ4 »