« the night flier | トップページ | iPod nano »

吸血紅こうもり

1983年刊の「吸血紅こうもり」(杉戸光史著)は,いわゆる吸血鬼ではないのですが,こうもり少女が血を吸った相手を手下にして,その手下も家族を襲って仲間にする,という点で,吸血鬼もの。

画力はもうちょっと,という感じですが,次々に増殖する過程は圧巻で,映像化を期待したいところですが,無理ですかねぇ。

同じ作者の「呪いの学校にヘビ女」も,吸血でないのが惜しいですが,ヤマタノオロチの霊が憑依して,次々にヘビの化身になるノリはなかなか。これも今どきの映像で見てみたい気がします。

そうそう,紅コウモリといえば,1975年の「コンドールマン」に,一ノ瀬玲奈演じる「レッドバットン」という敵キャラがいましたね。手許のLDをDVD化するのに,最近見直しましたが,子供番組ながら,色っぽくて最高(大げさな演技には笑ってしまいますが,ハスキーボイスがまた素敵)。あのコスチュームで牙があったら文句なしだったんですが,登場シーンが多いから,いちいち牙のメイクをするような予算もなかったんでしょう。

|

« the night flier | トップページ | iPod nano »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/13823775

この記事へのトラックバック一覧です: 吸血紅こうもり:

« the night flier | トップページ | iPod nano »