« グランツーリスモ3 A-spec その2 | トップページ | 彼岸島 第19巻 »

PCケース

デュアルコアCPUマシンを組んだときに,これまでうちのPCケースはほとんど黒,と書いたんですが,唯一の例外が星野金属の ALTIUM RS6 の赤でした。モデル終息期に店頭で電源つきのものを見かけて衝動買いした代物。

黒のドライブ類を入れて,赤ボディーに黒のアクセント,という,吸血鬼を連想させるカラーリングにしたものの,やっぱり黒地に赤の方がいいかなと思ったり。おまけに,ネジがシルバーなので,もうちょっと感がぬぐえなかったり。

ただ,黒ボディに赤いアクセント,というのは,ドライブ類のカラーが通常,黒,銀,白しかないことを考えると,なかなか非現実的。結局,バンパイアカラーのPCにしようとすると,赤ボディに黒ドライブ,という選択になってしまいます。

また,黒地に赤いアクセント,というカラーリングのPCケースもない訳ではなく,ゲーマー向けの派手なデザインのものでは見かけたりもするんですが,使い勝手を考えたり,デザインそのものがもう一息だったりして,なかなかこれは,というものがないんですね。

なので,同じく星野金属の ALTIUM SUPER X FireBall がリリースされたときに,赤地に黒ネジのボディーに思わずこれだ,と感じたものの,高めのお値段に二の足を踏んでいるうちにモデル終息に。

Cooler Master の Centurion 5 も最初メッシュの黒地にシルバーのアクセントのものだけだったのが,レッド,ブルーのアクセントのモデルがラインナップに追加。ただし,赤はなぜかリリースされず,当時海外サイトもいろいろ見てみましたが,結局,取り扱いがなく諦めていたところ,少し前にようやく販売されるようになりました。ただ,実物を見ると,赤がかなりピンクっぽい感じだったので,即座に却下。値段的には別売り電源と合わせて2万円くらいになるから,リーズナブルなところではあるんですけどね。

で,先日デュアルコアCPUマシンを組んだことだし,しばらく次のマシンはないかな,と思っていたところ,WINDY ONLINE の期末セールで,ALTIUM SUPER X FireBall を発見。Shuttle のベアボーンが組みやすかったので,Core 2 Duo もベアボーンか?と思っていたのもつかの間,とりあえずケースだけ衝動買いでオーダーしてしまいました。MB(マッスルバック)じゃなくて,通常の Fire Ball ですけどね。

まだ商品未着ですが,そろそろ到着するはずなので,実物を見るのが楽しみです。このケースで Core 2 Duo?それとも,ケースの値が張った分,また Athlon 64 X2?

|

« グランツーリスモ3 A-spec その2 | トップページ | 彼岸島 第19巻 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/14558616

この記事へのトラックバック一覧です: PCケース:

« グランツーリスモ3 A-spec その2 | トップページ | 彼岸島 第19巻 »