« spawn | トップページ | dawn of the dead »

ALTIUM SUPER X FireBall その4

組み立てて気づいたのは,マザーボードを取り付ける板が取り外せるタイプじゃないんですね。RS6,RS8や,UACのUACC-3307SLTなどは,マザーボードを固定する板がケースのシャシーと別パーツになっているので,マザーボードの取り付けが楽だったんですけど,今どきのケースはコストダウンなんでしょうか。

ま,今回はATXケースにMicroATXマザーをチョイスしているので,ケースの電源スイッチなどのケーブルを取り付けるのは楽々なんですけど。自作を始めた頃は,ATXケースにATXマザーを使わないともったいないような気になっていたんですが,この場合,ケーブルの取り付けが面倒なんですね。ま,ケースによっては楽なものもあるんでしょうけど,どのみちPCIスロットを全部埋める訳じゃないから,普通はMicroATXで十分だったりします。

あと,微妙にマザーボード固定のための穴の位置がズレているようで,バックパネルを装着すると,I/O端子類の収まりが悪いんですね。RS6やRS8ではこんなことなかったんですけど…。

逆に感心したのは,フロントパネルの作り。写真のように,いとも簡単にフロントパネルが外せるようになっているので,5インチベイにドライブ類を取り付けるのがすごく便利です。普通のケースだと,フロントパネルを外すのに意外と結構な力が必要だったりして,そうそう繰り返す気にならないくらいなんですが,これならドライブの交換も簡単!こういう部分こそ,ホームページで強調すれば,星野さんももっと売り上げが上がるんじゃないでしょうか。

で,星野さんには,現在生産終了になった,カーボンファイバーをフロントパネルに使った Phoenix ,ケースデザインだけでも復刻してくれると嬉しいんですけどね。

Fireball2

|

« spawn | トップページ | dawn of the dead »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/15265349

この記事へのトラックバック一覧です: ALTIUM SUPER X FireBall その4:

« spawn | トップページ | dawn of the dead »