« macabre pairs of shorts | トップページ | ALTIUM SUPER X FireBall その7 »

ALTIUM SUPER X FireBall その6

ようやくメモリーの修理が終わり,というか,結局新品に交換で戻ってきました。

で,このメモリを修理に出している間,残りの1枚で動かしていたんですが,やはり挙動不審。メモリテストではエラーが出なかったんですが,未フォーマットのパーティションをフォーマットしようとすると,突然再起動がかかる始末。ウィルス検査は問題ないので,システム的な問題のよう。で,戻ってきたメモリを試す前に,泣く泣くOSの再インストールを始めると,やはりまともにインストールできない状態。ということは,残った1枚もハズレだったということ?ま,ウインドウズ・アップデートのうちいくつかが失敗するなど,疑わしい症状はあったんですけどね。

やむなく,テストなしで戻ってきた新品のメモリに入れ換えて再インストール。ドライバやユーティリティを放り込んで,アンチ・ウイルス・ソフトをインストールした上で,ウインドウズ・アップデートを実行。ようやくまともに終了しました。あとはメモリテストで問題なければ,もう1枚のメモリを再テスト。エラーが出なければ,このまま使うしかないんでしょうけどね。

にしても,これだけじゃじゃ馬なマシンというのは,結構自作マシンを組んできて初めてだったりします。これで安定してくれるといいんですけどね。

あと,常用しているソフトで,Intel CPU では起こらない現象が,AMD CPU マシン2台で起こっているので,この問題も気になったまま。ソフトの設定やドライバの問題なのか,やはりメモリの問題なのか…。

|

« macabre pairs of shorts | トップページ | ALTIUM SUPER X FireBall その7 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/15954684

この記事へのトラックバック一覧です: ALTIUM SUPER X FireBall その6:

« macabre pairs of shorts | トップページ | ALTIUM SUPER X FireBall その7 »