« ALTIUM SUPER X FireBall その8 | トップページ | expendable »

怪傑ライオン丸 その3

第9話「死を呼ぶ吸血怪人ゾンビー」を観ました。

血を吸った犠牲者が,手下になって獅子丸たちを襲うのを期待したんですが,単にアジトに運びこんだだけで,その目的は明かされないまま,ゾンビーが退治されて終わり。う,きつねにつままれた感じ。ま,犠牲者の娘はちょっと綺麗だし,血の気のないメイクも当時としては頑張っているので,これで犠牲者が犠牲者を生むパターンだったら言うことなかったのに。

やっぱり,この手の話は東映作品の十八番的なイメージがあって,他の作品だと吸血鬼話が今ひとつ流行らない感じですね。

にしても,犠牲者の娘の名前がエンディングテロップで出ないだけでなく,何人かのキャストの名前がぼかしてあったのが気になるんですが,これって時代劇専門チャンネル放送バージョンで,DVD-BOXだとちゃんと見えるんでしょうか。それとも,DVD-BOXでも見えないままなんでしょうか。ま,話の内容が内容だけに,DVD-BOXを買って確認する気にはなりませんけど。

|

« ALTIUM SUPER X FireBall その8 | トップページ | expendable »

国内作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/16031466

この記事へのトラックバック一覧です: 怪傑ライオン丸 その3:

« ALTIUM SUPER X FireBall その8 | トップページ | expendable »