« nosferatu's crush | トップページ | vampire and the ballerina その3 »

ALTIUM SUPER X FireBall その10

PCI スロットに IEEE カードを増設するついでに,リセットスイッチ,パワーLEDを交換しました。リセットスイッチはずいぶん前にパーツだけ買ってあったんですけどね。

で,フロントのスイッチ,LED類は1つのボードにまとめられているので,パーツ交換は意外に簡単。パワーLEDが点灯しなくなっていたので,白色LEDに交換してしまいました。

問題のリセットスイッチですが,早速試してみると,やはり効いてない感じ。新品で買ってきたのに?と思ったものの,もしやと思ってリセットスイッチを指ではなく,細い棒で押し込んでみると,見事にリセットがかかりました。む?ということは,もともとリセットスイッチは死んでなかったってこと?

面倒なので,外したリセットスイッチが生きているか死んでいるか,確認してませんが,なるほど,今どきの Windy のケースのリセットスイッチって,指で押しただけでは接点に届かない作りになっているんですね。だったら,と,ALTIUM SUPER X M-ATX MB SOJ のリセットスイッチを確認すると,同じように,指ではリセットがかからないようになってました。

これって,うっかりリセットスイッチに触って作業途中のデータが飛ばないように,という配慮なのかもしれませんが,取扱説明書のどこにも,リセットスイッチがそんな仕様になっているとは書いてありません。私みたいに故障と勘違いして,交換パーツを買ってしまうケースもあるでしょうに,ちょっと不親切ですね。

ま,VR2000 や VR1000 のスリットやリベットのカラーBTOでも出ない限り,当分 Windy のケースは買わないと思うので,どうでもいいんですけど。

|

« nosferatu's crush | トップページ | vampire and the ballerina その3 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/16764520

この記事へのトラックバック一覧です: ALTIUM SUPER X FireBall その10:

« nosferatu's crush | トップページ | vampire and the ballerina その3 »