« 怪傑ライオン丸 その5 | トップページ | Pen4 3.0C その4 »

Pen4 3.0C その3

で,いくつか実験でソフトをインストールしてみましたが,メニューが文字化けするものとそうでないものとがあって,日本語ソフトが英語OS上で使えるかどうかは,ソフト次第,って感じですね。インストールした後も文字化けしたままの日本語ソフトというのは,ULEAD DVD  MOVIEWRITER です。

前にも書いたように,日本語版 FireFox は何の問題もなく動作してます。次はその証拠写真。ウインドウズのスタートメニューは英語ですが,FireFox のメニューはちゃんと日本語。

Vanessa




あ,この壁紙はDVDからキャプチャーした画像をフォトショップで並べてます。画像を並べるだけなら Photoshop Elements などでも十分なんですが,ちょっと洒落たロゴを自分の好みで作ろうとすると,やっぱり,Photoshop のフルバージョンの Layer Style のお世話に。

でもって,このマシンの中身はごっそり ALTIUM SUPER X M-ATX MB SOJ に移植しました。このケース,Core 2 Quad あたりで組むときに,と思っていたんですが,実は最近,とあるショップでとあるケースの取り寄せが可能になったので,そっちで組むことに予定変更。ただ,少し前のデザインのケースだから,廃熱が厳しいようなら,最近気になっている,別のケースで組むことになるかも。この取り寄せのケース,一応38℃シャシーだったはずですが,Core 2 Quad 辺りだと結構な発熱という話も聞きますし。

にしても,Pen4 3.0C,Northwood コアだけに,マザー付属のユーティリティ上で,アイドル状態のCPU温度はたったの33℃。この手のCPU温度表示は,マザーボードのメーカーによって,誤差があるという話だし,エアフローの違いもあるんでしょうが,それにしてもこの温度,うちの Pen4 2.4C よりも低かったりします。

|

« 怪傑ライオン丸 その5 | トップページ | Pen4 3.0C その4 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/16726364

この記事へのトラックバック一覧です: Pen4 3.0C その3:

« 怪傑ライオン丸 その5 | トップページ | Pen4 3.0C その4 »