« satanic rites of dracula その6 | トップページ | satanic rites of dracula その8 »

satanic rites of dracula その7

今回ゲットしたスチールには,攫われて吸血鬼に変えられる,Jane の牙剥きショットも入ってます。彼女の牙剥きショットは,いろいろな本で使われていますが,これは初めて見ました。

Srod6






「攫われて,助け出したときには,すでに吸血鬼に変えられている」という,ポランスキーの「吸血鬼」が確立した黄金パターンが,うまく使われている1つの例が,本作品。ま,本作品の場合,Jane を仲間が助けに来た訳ではないんですが,地下室で再会したときには吸血鬼化していた,ということで,このパターンの変形と言えるでしょう。

このパターンが使われているだけでも名作と言ってよいと思いますが,他にも女吸血鬼が大勢登場するので,その点でも高評価。なぜ日本で人気がないのか,謎としか言いようがありません。

で,「攫われて」パターンですが,攫われる女性が黒人美少女,という嬉しい設定なのが,「バフィー」のTVシリーズからスピンオフした「エンジェル」第1シーズン第20話「war zone」。FOXチャンネルで観て,あまりの衝撃に,当時まだ高価だったDVD/HDDレコーダーの購入をしてしまいました。そのときは,まだ DVD-BOX で楽しめるとは思ってませんでしたから。


そうそう,マキャモンの長編小説「They Thirst」も黒人女性が攫われて吸血鬼に変えられるという嬉しい設定ですが,未映像化。長編だけになかなか映像化が難しいんでしょうが,女吸血鬼の登場シーンだけでいいから,映像化してくれないかなぁ。

|

« satanic rites of dracula その6 | トップページ | satanic rites of dracula その8 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/16663901

この記事へのトラックバック一覧です: satanic rites of dracula その7:

« satanic rites of dracula その6 | トップページ | satanic rites of dracula その8 »