« 女番長(スケバン) 感化院脱走 | トップページ | rise blood hunter »

Griffin R12S/G その5

例によって,スーパーπでベンチマーク。

 104万桁:22秒,419万桁:2分2秒

というスコアでした。これまで,うちのマシンで最速だった,Athlon 64X2 5600+ で

 104万桁:31秒,419万桁:2分42秒

でしたから,さすがに今どきの CPU といったところでしょうか(5600+ だって,古くはないんですけどね)。あ,メモリは Athlon 64X2 5600+ と同じく,DDR2 800 1GB 2枚でデュアルチャンネル動作です。OSが違ってますけど,CPU 以外の条件はそれほど違わないから,このタイム差は CPU の差,ということでしょう。

Shade でレンダリングを試してみると,ちゃんと4つのコアで動いているのが実感できて,ちょっと嬉しい。パストレーシングのレンダリングが,Pen4 でレイトレーシングしているくらいのスピードで処理される辺りも,CPU のスピードアップを実感させてくれます。ただ,こうなると,Shade のレンダリングをオクトコアで走らせてみたい,という欲望に駆られたりしますが,これはまたしばらくお預け,でしょう。

そうそう,Intel の DG33BU というマザー,サウスブリッジがやたらと発熱する,という情報がネットにありましたが,Griffin のエアーフローが優れているせいなのか,アルミケースの放熱性能がいいせいなのか,うちの場合,アイドル状態で,

 ICH温度:54度,MCH温度:67度,MB温度:30度

といったところ(電源は,ケース内の空気を吸い出す向きに設置)。CPU の温度マージンも58度,とかなり余裕。CPU のクロックが 2.4CHz と低めのせいもあるのでしょうけど。

|

« 女番長(スケバン) 感化院脱走 | トップページ | rise blood hunter »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/16947905

この記事へのトラックバック一覧です: Griffin R12S/G その5:

« 女番長(スケバン) 感化院脱走 | トップページ | rise blood hunter »