« paris je t'aime | トップページ | feast of flesh »

kingdom of the vampire

なんとも期待を誘うタイトルの「kingdom of the vamipre」は,1991年作品ですが,DVDには2007年のリメイク版を併録。

2007年のリメイク版から再生してみましたが,どうやら吸血鬼はオバサンが1人だけ。母親が吸血鬼の男が,ある女性と出会って…という話で,「吸血鬼の母親をかくまう男」は「彼岸島」の第21巻を連想させます。ただ,「curse of the vampires」(1970)のように,息子を吸血鬼に変えてしまわないのが,不思議なところ。

1991年のオリジナルも話そのものは同じで,キャストや,舞台設定(息子が働いている店だとか)が違うくらい。なので,吸血鬼がオバサンだけ,という,かなり盛り上がらない状況は1991年版も2007年版も変わりません。

いくら2作品収録と言っても,ちょっと力が抜ける内容で,美貌の女吸血鬼を期待すると,かなり割高感がありますね。

|

« paris je t'aime | トップページ | feast of flesh »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/17190126

この記事へのトラックバック一覧です: kingdom of the vampire:

« paris je t'aime | トップページ | feast of flesh »