« day x | トップページ | corpses »

the v word

「the v word」は,少し前にDVDがリリースされた,2006年作品。masters of horror 第2シーズンの第3話なんですが,吸血鬼話がない第1シーズンは未見です。

2人の少年が吸血鬼と出会う話で,1人は黒人,1人は白人。黒人少年が最初に犠牲になるんですが,彼が,逃げ延びた白人少年の前に現れるシーンはなかなかよくできてますし,吸血鬼によって噛み千切られた首のメイクアップはちょっと新鮮。黒目部分が大きくなる吸血鬼メイクもちょっと面白いところ。話の展開もどこかで観たような感じですが,意外性もあって,楽しめます。

ただ,2人の少年が少女だったらよかったのに,という点と,さらに言うと,肝心要の牙がない吸血鬼という点の2点で,ちょっと減点。値段が値段だけに,英語字幕もありません(メイキングなど映像特典は豪華ですけど,本編が短いですしね。ま,第1シーズンは国内盤が出てますから,第2シーズンもいずれ国内盤が出るでしょう)。

日光で滅ぶ,という伝統的な設定を用いていて,日光で吸血鬼が滅ぶシーンの映像も出来がいいだけに,牙がなく,女吸血鬼もいないというのが,なんとも惜しいところです。黒人少年が黒人少女で,牙のある設定だったら,満点だったんですけどね。

|

« day x | トップページ | corpses »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/17456429

この記事へのトラックバック一覧です: the v word:

« day x | トップページ | corpses »