« fist of the vampire | トップページ | DVR-A15J-BK »

dinner with the vampire

その昔,レンタルビデオで鑑賞した「dinner with the vampire」(邦題「バンパイア最後の晩餐」)は,1988年作品。

国内盤DVDがずいぶん前にリリースされていたのは知っていたんですが,海外盤のリリースを待っているうちに,新品が流通しなくなってました。

その海外盤,USAではリリースされなかったようで,海外で流通しているのは,ヨーロッパのPAL盤。PALだと画質的に若干不利なので,結局NTSCの国内盤を中古で入手することに。ということで,画質は期待通りです。

ま,NTSCのUSA版を期待して国内盤を見送っていたんですが,見送りの理由はそれだけでなく,本編に登場する女吸血鬼が1人っきり,というのが本当の理由で,積極的に国内盤を買わなかった理由だったりします。ま,彼女は彼女で魅力的なんですが,せっかく吸血鬼の古城に若者を登場させて,さらに吸血鬼に血を吸わせていながら,この若者が1人として吸血鬼にならない,というのは,ちょっともったいない展開。ま,ストーリーがストーリーだけに,吸血鬼を増やす気がなかったということなんでしょうけどね。

|

« fist of the vampire | トップページ | DVR-A15J-BK »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/40920004

この記事へのトラックバック一覧です: dinner with the vampire:

« fist of the vampire | トップページ | DVR-A15J-BK »