« 仮面ライダーキバ #17 | トップページ | 3R SYSTEM 320R その4 »

3R SYSTEM 320R その3

で,Celeron2.4Cとマザーを組み込み,なんですが,M-ATXの高さでATXマザーが組み込める,という,今どき流行りのケースデザインで,このケースの場合,ちょっと高さを低くしすぎたのか,マザーの上端から天板までの距離がほとんどありません。

なので,マザーをネジ止めするときに,ドライバーとフレームが干渉して,普段使っているドライバーではネジが回せず,小型のドライバーを引っ張り出すことに。これって,フロントパネルを脱着したときと同じ状況で,このケース,どうもいろいろな面で取り回しに余裕がない印象。3R SYSTEMのケースって,今回初めて使ってみたんですが,普通のATXケースもこんな設計なんでしょうか。というか,普通のATXケースだったら,3R SYSTEMを選択してないと思いますけど。

同じようなコンセプトのGriffin R12SG,PC-A05BIIでは,こうしたことで困ることがなかったので,さすがに値段の違いがまともに性能差になっている感じですね。一方は電源なしで2万前後や1万5千円ちょっとのケース,一方は電源つきで1万円弱のケースだから,比べる方が悪いといえば悪いんですけど。

デザインは悪くないので,アルミでフロントパネルを作って,フロントパネルの取り付けを変えてもらえばいい感じになると思うんですけどね。

|

« 仮面ライダーキバ #17 | トップページ | 3R SYSTEM 320R その4 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/41290834

この記事へのトラックバック一覧です: 3R SYSTEM 320R その3:

« 仮面ライダーキバ #17 | トップページ | 3R SYSTEM 320R その4 »