« phantasm III load of the dead | トップページ | phenom その2 »

RD-X2のHDD交換

さすがに2002年モデルなので,HDDの耐用年数はとっくに過ぎていて,そろそろ電源OFF時の音もときどき「カターン!」なんてちょっと心配な音だったりするので,「転ばぬ先の杖」でHDD交換を試みました。

CATVのチューナーをデジタルにして以後,チューナーの選局がタイマーで設定できるので,録画したい番組が重複しない限り,録画マシンがRD-XS38の1台で事足りるようになっていて,最悪RD-X2が動かなくてもあまり困らないようになった,というのも,HDD交換を試みた理由だったりします。

で,日立の新品80GB(キャッシュ2MB)を繋いでみたんですが,「ER 7000」というエラーメッセージ。このエラーコード,ネットで検索したんですが,見当たりません。が,何度か再起動すると,HDDを認識し,録画も成功!なんだ,それだけか,と思って,タイマー録画を試したところ,起動時に同じエラーが出て,電源長押しの強制終了以外,一切の操作を受け付けない状態に。その後は何度電源再投入しても同じ。

だったら,もともと入っていたHDDと同じメーカーのSeagate製の80GBに換えてみたら,と試したんですが,こっちはPCでOSをインストールしてあるせいか「ER 7005」でHDDの初期化に進めません。

ということで,2種類のHDD交換はどちらも失敗。ま,とりあえずもとのHDDがまだ動いているので,もとのHDDに戻して今回のチャレンジは終了。

にしても,同容量のHDDしか交換不可だとしても,交換時期にもとのHDDと同じHDDが売られている可能性はほとんどないので,普通のHDDで交換できるようにしておいてくれればいいんですけどねぇ。ま,メーカーとしては「自分で交換されると修理代金を儲け損なう」と思っているのか,あるいは「HDDが寿命になったら新しいモデルを買ってくれ」と思っているのか,その両方なのか。

DVD&HDDレコーダーもずいぶん安くなったから,動かなくなったら買い替え,でもいいんでしょうが,HDD以外のパーツが生きているなら,HDD交換で使う方がエコだと思うんですけどね。とはいえ,RD-X2だとLAN端子がないし,このまま動かなくなったらお役御免,かも知れませんけど。

|

« phantasm III load of the dead | トップページ | phenom その2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/41078427

この記事へのトラックバック一覧です: RD-X2のHDD交換:

« phantasm III load of the dead | トップページ | phenom その2 »