« メモリの相性 | トップページ | 仮面ライダーキバ #21 »

AGP6200AL

このところ,デュアルコア,クワッドコアマシンが増殖してますが,ネットやメール,DVD再生をメインにこなすマシンは,今でもPen4 3.2C搭載マシンだったりします。実際,こうした処理なら,1世代,2世代前のマシンで十分なんですよね。高性能CPUを売りたいから,OSやアプリを重くしているのか,OSやアプリが重くなるからCPUが高性能になるのか,判りませんけど,普通に使う分には,ノースウッドのPen4辺りで必要十分と言えるような…。

ただ,搭載しているGeForceFX5200だと,描画にちょっとパワー不足を感じることがあるのも事実だし,おまけに,店頭のグラボはPCIeばかりになって,AGPのグラボがすっかり少数派になっているので,AGPのグラボ絶滅する前に,ちょっとだけパワーアップを,と選んだのが,AlbatronのAGP6200ALというモデル。\5000弱のお値段ですが,このクラスだと,他に適当な選択肢がなかったりします。

で,通常,グラボを交換するときは,前のグラボのドライバを削除して,グラボを交換した後で,新しいグラボのドライバをインストール,という手順なんですが,今回はnVidiaからnVidiaへのスイッチだし,前のグラボ用のドライバもネット経由で落として新しくなっているから,おそらく同じドライバのままで大丈夫なはず,と,ドライバはそのままでグラボだけ交換しました。

予想通り,現状のドライバのままで問題ありませんでしたが,画面設定などは初期設定が使われるので,再度設定する必要がありました。実は,差込が甘くて最初起動しなかったときは,一瞬ドライバを削除しないとだめだったか,と心配になったんですけどね。

もともと大幅な性能アップは期待してなかったんですが,グラボ交換の効果は,多少軽快感が出た程度。今どきのGPU搭載のAGP接続グラボもあるにはあるんですが,AGP接続でどれだけ性能を発揮しているか判りませんし,そもそも値段もいいお値段だったりします。

|

« メモリの相性 | トップページ | 仮面ライダーキバ #21 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/41619730

この記事へのトラックバック一覧です: AGP6200AL:

« メモリの相性 | トップページ | 仮面ライダーキバ #21 »