« phenom その6 | トップページ | dracula exotica その4 »

Athlon64X2 6400+

Lucindaが動かないままだと,これはこれで困るので,どうしたかというと,CPU+MBの交換。メモリまわりのトラブルでMBが死んでいる(仮死状態?)だけで,他のパーツは生きているから,データだけが必要ならHDDを別のPCに持って行って読み出せばいいだけなんですが,気になっていたAthlon64X2 6400+がそろそろ底値かな,と思ったのと,HDDを取り出したら取り出したで,取り付けるPCの候補がなかったんです。最近組んだマシンは,すでにHDDを複数積んであって,スペース的にも,電源の確保的にも,もう1台積む余裕がなかったりしたんですね。

で,CPU/MB交換コースだと,OSもクリーンインストールが無難なんですが,アプリ/データをそのまま使いたいので,MBのドライバ関係だけインストールすることでお茶を濁しました。この技,前にPen4 Prescottの発熱に手を焼いて,MBだけを交換したときにも使ったことがあったりします。とりあえず不具合は出てないので,OSの再インストールは不具合が出たときに考えるということで。

5600+から6400+へと800アップですが,実クロックでは2.8GHzから3.2GHzへ400Mhz程度のアップなので,劇的なスピードアップは体感できませんが,動画のエンコードが多少なりともスピードアップしていればいいかな,と。

TDPが125Wなので,唯一心配だったのは,Prescottのときのような熱問題なんですが,ケースがフルアルミ(Altium Super X FireBall)だけに,何の問題もなし。リテールのクーラーがよく出来ているのかもしれませんけどね。

|

« phenom その6 | トップページ | dracula exotica その4 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/41409729

この記事へのトラックバック一覧です: Athlon64X2 6400+:

« phenom その6 | トップページ | dracula exotica その4 »