« メモリの相性 その3 | トップページ | gallery of horrors »

dead teenagers

4話オムニバスで構成される「dead teenagers」は,2006年作品。ジャケットはなかなか魅力的ですが,最近のbrain damage filmsのパターンなので,信用はできません。

brain damage filmsらしく,案の定の自主制作ノリのこの作品。再生を始めて,のっけからビデオ画質なので,かなり見る気がそがれます。

幽霊,人狼,吸血鬼などが詰まっていて,吸血鬼は最期のエピソード「sucker」。映画館を舞台にしており,女吸血鬼が鏡に映らないなど古典的な味付けもなされてはいるんですが,いかんせん,肝心の牙がありません。ま,女吸血鬼はそれなりの美人ですが,画質も画質だし…。

ということで,またまたbrain damage filmsにしてやられた格好。英語字幕はありませんが,予告編などの特典はついてます。

|

« メモリの相性 その3 | トップページ | gallery of horrors »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/41683646

この記事へのトラックバック一覧です: dead teenagers:

« メモリの相性 その3 | トップページ | gallery of horrors »