« ウルトラマンタロウ その3 | トップページ | AGP6200AL »

メモリの相性

結局,2組目の4GBキットは不良品で,買ったお店で交換。ただ,Phenomマシンの8GB化に再チャレンジするのはちょっと気が引けるので,Premiere Proを使う,Athlon64X2 6400+マシンを4GB化することに。といっても,OSが32bitだから,3GBちょっとしか認識しませんけど。

Athlon64X2 6400+を搭載するマザーはGIGABYTE製なんですが,4GBキットに交換して電源投入すると,起動せず。2回連続不良品?とがっくりしつつ,1枚挿しで電源投入すると,どちらのメモリでもまともに起動する上に,memtest86+もパス。

ということは,このメモリとMBの相性っぽい感じ。この4GBキットは,デュアルチャンネルキットなんだから,2枚挿しで使わないとあまり意味がないし…。

ま,メモリとMBの相性なら,メモリを挿すMBを換えてみるしかありません。ものは試しでC2Qを搭載するIntelマザーに挿してみると,見事に起動し,memtest86+もパス。

この4GBキットはブランド品だったので,相性保証をつけてなかったんですが,ブランド品でもこういうことがあると,やっぱり保険で相性保証はつけた方がいいような気もしますね。うちではマシンが複数あるから,たまたま搭載MBを変えることができた訳で。

|

« ウルトラマンタロウ その3 | トップページ | AGP6200AL »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/41619190

この記事へのトラックバック一覧です: メモリの相性:

« ウルトラマンタロウ その3 | トップページ | AGP6200AL »