« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

仮面ライダーキバ #26

いよいよ深央覚醒!はいいんですが,音也の記憶があっさり戻ってしまったのが肩透かし。てっきり記憶を失ったまま真夜と…と思ったんですが,もっと複雑な過程で渡が生まれてきそうですね。

それにしても,深央って,渡と出会うまであの調子だったということだとすると,ルーク同様記憶喪失だったんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RD-XS38 その2

「RD-XS38で一度DVD-Rに焼く前に,別の編集ソフトで」と,PremierePro2.0で試してみたところ,とりあえずDVD-Rへの書き出しは出来ました。ただ,RD-XS38で録画したデータをPremierePro2.0で編集,というのは前にも試したことがあるんですが,どこがどう相性が悪いのか,オリジナルの画像にないブロックノイズが出て,頻繁に映像が乱れるので,実は使い物にならなかったりします。今回も同様…。ULEADのDVD MOVIE WRITERではこうしたことが起こらないので,RE-XS38のデータとPremierePro2.0の相性だと思うんですけど。

ところで,今回こうしたトラブルでハマっている映像ソースは,というと,チャンネルNECOで放送している「電撃ストラダ5」。ちょっと前にDVD-BOX発売に合わせて放送していたときに録画しそこなったので,今回こそは,ということだったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RD-XS38

LANDE-RDを導入してから,DVD-RAMでデータを移していたときに起こっていたエラー,つまり,エンコード中に「オーディオデータに互換性がありません」とか「無効なパラメータです」とか言って作業が止まってしまうエラーが一切なかったんですが,ついに出てしまいました。

この手のエラーって,てっきりDVD-RAMに書き出す際のものだと思っていたので,ちょとtショック。こうなると,思いつく対応策は,同じデータを再度LANDE-RD経由でダビングすることくらい。ま,2時間を超えないデータだから,最悪RD-XS38で一旦DVD-Rに焼いて,それを再度RD-XS38で録画し,それをまたLANDE-RD経由でダビング,という手が残ってますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ebony 1972年12月号

「blacula」を含む映画についての記事があるらしく,表紙にも「blacula」のカラー写真が載っているので,未見のスチールが期待できるかも,とオークションで落札したのが,雑誌「ebony」の1972年12月号。

アメリカの黒人を購読対象に1945年創刊の月刊誌なので,映画の特集があると言っても,そのページ数はそれほど多くなく,しかも,この年の映画をいくつも扱っているので,「blacula」についての記事もごくわずか。

ということで,ブラキュラが牙を剥くカラー写真が1点あるだけで,ちょっとだけ期待した,Juanita,Nancyなどの黒人女吸血鬼のカラースチールはありませんでした。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未DVD化

待望の「sundown」がDVD化,ということで,長らく未DVD化だった「monster squad」「the craving」「night of the sorcerers」などもDVD化を果たした今,70年代,80年代の名作はほとんどDVD化された感もありますが,そうは言っても,

 「old dracula(vampira)」「beverly hills vamp」「haunted cop shop 2」
 「the vampire hookers」

といった佳作や,未見なのでかねがね観たいと思っている,

 「lady dracula」「jonathan」「the seven vampires」

あたりが未DVD化のまま。ここらあたりも早くDVD化して欲しいところですね。

あとは「dracula sucks」「dracula exotica」といった,70年代,80年代のアダルト系も,VHSをDVD化しただけのDVDは出回っているものの,フィルムからは未DVD化。ま,このあたりはめでたく高画質でDVD化されても国内では拝めないでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ultraviolet code 044

アニマックスで放送が始まった「ultraviolet code 044」は,Milla Jovovichの「ultraviolet」の世界観を元にしたアニメ。第4話まで放送されたので,CMカットして1枚のDVD-Rにまとめたところだったりします。

作画レベルはなかなかだし,キャラクターデザインも悪くないんですが,「吸血鬼軍団ファージ」で,吸血する設定なのに,肝心の牙がありません。政府サイドの044にも牙がないし,なので,かなりガッカリ。Milla Jovovichの「ultraviolet」は,とりあえずMillaに牙があったから及第点だった訳で,いくらアニメで牙を描写するのが難しいとは言え,これじゃね。

ま,全12話ということで,最後まで観てみようとは思ってますが,吸血鬼ものとしての展開は,この先ほとんど期待できない感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC 901-X その3

さっそく外に持ち出して,オークションのチェックなどに使ってます。ま,それでも試運転なので,このマシンでの入札はまだ避けていて,PCで入札した結果をこのマシンで確認しただけですけど。

で,このマシンのCPU,インテルの省電力モデルAtomで,そのせいか若干動作のきびきび感にかける感じ。WinXPで,メモリ1GBだから,普通に考えれば十分なスペックなんですが,電源投入直後や,複数アプリ起動時のレスポンスがもう一息。いちおう,Pen4に搭載されっていたHyperThreading機能を持っていて,「なんちゃってデュアルCPU」ではあるんですけど,ま,使用目的がWeb閲覧,メールチェックだから,特に不満は感じません。

タッチパッドはかなり敏感な印象で,ちょっと離してタッチしただけでも認識してしまうので,カーソルを移動させる途中でちょっと親指を離してタッチしただけで,クリックと認識されてしまいます。この辺り,AppleのPowerBookやiBookなどとは違う感覚ですが,カーソル移動時には親指を離さない,ということに気をつければいいだけだし,このタッチパッドに慣れなければ付属のマウスを使えばいいだけだったりします。

そうそう,ファインエボニーと名づけられた黒色のボディーカラーですが,指紋がつきやすく,すぐに汚れが目立ちます。ま,気にしないか,まめに拭けばいいだけですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーキバ #25

お,真夜の出番が増えていい感じですね。にしても,真夜の次のクイーンが深央なら,とっくに覚醒していそうだから,真夜と深央の間に少なくとも1人クイーンがいるんじゃないかと思いますが,どうなんでしょ。

そういえば,このところすっかりストーリー展開から取り残されていた静香が久々の登場でしたね。ま,ここに来て登場人物が増えてややこしくなっているから,ついつい影が薄くなってしまうのも無理はない気がしますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sundown

ようやく,のDVD化が1990年の名作「sundown」。いやぁ,長かったですね。こんなに楽しい映画がなぜに今まで未DVD化?

ということで,2ヶ月先のリリースですが,今から発売が本当に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メインマシンのHDD交換 その2

HDDを新品に交換したにも関わらず,高音で「キュルキュル」といった感じの音はやみませんでした。

ということは,HDDからの音ではなく,ケースファンあたりが劣化して音が大きくなっただけ?

CPUファンが劣化しているなら心配ですが,CPUファンが止まるようなら熱暴走で強制的にリセットがかかるでしょうから,8cmのケースファンのノイズが大きくなった,というオチが濃厚だったりします。

ま,メインマシンのHDDは早め早めの交換で構わないので,多少交換時期が早まったというか…メインマシンをPen4マシンからAthlon64X2マシンにバトンタッチする手もあるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC 901-X その2

このマシン,軽いことと引き換えに光学ドライブレス仕様。ドライバやユーティリティー,ソフトをインストールするには,外付けの光学ドライブが必要になります。

で,このマシン。このコンパクトボディに似合わず,USB2.0端子を3つ装備しているので,USB接続の外付け光学ドライブがあれば何の問題もないんですが,うちにあるのはIEEE1394接続のタイプ。USB端子が2つでいいから,IEEE1394端子が1個あればよかったんですが,さすがにそこまで求めるのは贅沢というもの。

ともかく,アンチウイルスや無線LANのセットアップユーティリティーなど,CD-ROMからインストールするものをどうするか,ということになるんですが,USB接続の外付け光学ドライブをこのためだけに買うのもどうかということで,CD-ROMの中身をUSBフラッシュメモリにコピーして,フラッシュメモリからインストールすることにしました。

光学ドライブからでないとインストールを拒否するタイプのソフトもあって,実際ゲームソフトなどはHDDにインストールした上で,CD-ROMを光学ドライブに常駐させないと使えないものもありましたから,一抹の不安はあったんですが,今回必要なものは全部この手で導入可でした。ラッキー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC 901-X

今どき流行りのモバイルPCですが,先代のスペックがもう一息で魅力を感じなかったのに対し,このモデルはかなり魅力的なスペックで,どうしたものかと悩んだものの,ついつい買ってしまいました。

メーカー製PCって,かなり前にDELLのマシンを買って以来。ノートPCはiBookやPowerBookを持ってますが,重いのがたまに傷で,軽いノートにはずっと魅力を感じていたんですが,国内メーカーだと軽くても値段は軽くないものがほとんど。マックもIntel製CPUを積んで少しは軽くなるかと思ったけど,MacBookPro辺りはPowerBookと変わらない重さだし,MacBookAirも思ったよりも軽くないし…。

ま,グラフィック系のソフトを扱うならそれなりのスペックが必要だし,次に買うならやっぱりMacBookProかなと思ってましたが,逆に出先でWebが閲覧できるだけの用途なら,この手の軽いPCで十分です。ただ,値段と性能のバランスの問題で,これだ,というモデルがなかったということで。

で,このEeePC 901-X。液晶サイズ,CPU,搭載メモリ,記憶容量,どれをとっても大幅なパワーアップで,Webカメラの画素数アップはどうでもよかったりしますが,これならちょっと持って歩くのに便利だし,ネットオークション終了時に自宅にいない,というケースにも対応できるかも。

ということで,使用感はまた次回以降に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メインマシンのHDD交換

ここ数週間くらいで,メインマシンのHDDから異音がするようになりました。ま,まともに起動するから,まだまだ問題なさそうなんですが,光学ドライブが空回りしているような,小さい高周波の音が漏れてくるので,転ばぬ先の杖,ということで。メインマシンのデータが飛ぶとダメージが大きいので,メインマシンについては,早め早めにHDDを交換しているんですが,前回250GBだったので,今回は400GBに容量アップ。いろいろアプリを追加していると,いつの間にかCドライブが窮屈になるんですが,これならしばらく余裕がありそう。

現行のHDDの中身を丸ごと新しいHDDにコピーして,新しいHDDをマスターにすれば終わり,なんですが,最初コピーするときにうっかりジャンパーピンの設定を32GBに制限するモードにしてしまって,しばらくハマってました。コピー先の容量が32GBじゃ,そりゃコピーが始まらないはずです。

にしても,今どきの大容量400GBのHDDに,なぜこんなモードをつけているんでしょうね。しばらくサムソンのHDDを使ってなかったので,なかなか気づきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fist of the vampire その2

ということで,届きました。冒頭からちゃんと牙を剥く女吸血鬼登場,なので,出だしは悪くない感じ。英語字幕がないのは,値段を考えれば仕方のないところ。心配なのはbrain damage filmsという点だけですが…。

画質ももう一息だし,黒人吸血娘もいませんが,それなりに女吸血鬼の数があって,吸血鬼が陽光で燃え上がるショットは,今どき珍しくはありませんが,効果を上げてますから,まぁ,brain damage filmsにしてはまともな方でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティーハニーTHE LIVE

今月の東映チャンネルで「キューティーハニーTHE LIVE」がかかってます。本放送はたまに見かけた程度なので,第1話から観られるというのは,ちょっと楽しみだったりします。

今月の放送分は第1話から第4話までで,東映チャンネルにしては珍しく放送ペースが遅いんですが,販売用DVDのリリースのタイミングに合わせているんでしょう。普通は毎週何本かずつ見せてくれるんですけどね。

で,ハニーや青児はなかなか原作の味が出ていていい感じだし,アクションやカメラワークも面白いんですが,いかんせん,パンサークローが野郎ばかり,というのはなぜ?原作のどこが嬉しいって,手下はともかく,敵が女性ばかり,という1点に尽きるわけで,ここを外されると,ちょっと辛い感じ。それとも,第5話以降に敵の女性幹部なんて,登場するんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーキバ #24

なるほど,クイーンは継承される,ということで深央ですか。この辺りは,予告編だと,次回詳しく語られそうな雰囲気ですけど,これまでのパターンだと,案外あっさりとしか語らずに,先に引っ張る展開かも。

にしても,前回,今回のエピソードからすると,ファンガイアって,人間を仲間に変える力はなさそうですね。普通の吸血鬼なら,死にゆく人間を仲間に変えて,ともに永遠に…となるところで,ファンガイアも人間をファンガイア化できるなら,伸二は涼子をファンガイアに変えていそうですからね。ま,そもそもファンガイア自体に寿命があるような設定だし…。

ということで,かつてこの手の番組の定番だった「吸血鬼話」はこの先も期待薄,ですが,ストーリー展開は面白いので,素直に楽しんでいる今日この頃。真夜も綺麗だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

open office 2.4.1

コンピュータ系やゲーム系の記事も混ぜてますが,メインは吸血鬼系のこのブログ。さすがに記事の数が900を超えてきて,前に書いた話題がどうかを確認するのが面倒になってきたので,記事のデータベース化を考え始めました。

ま,データベースといっても,日付と記事タイトルの一覧があれば用は足りるので,必要になったのが,表計算ソフト。グラフィック系のソフトはそれなりに揃えているんですが,オフィス系のソフトは,自宅ではこれまでほとんど無縁。

マイクロソフトのオフィスは冗談のような値段なので,ここは無料のopen officeを利用することに。今どき,Linuxをインストールしても最初から搭載されていたりするソフトで,普通に使う分には十分な機能です。

もっとも,データの入力自体は,コピー&ペーストの繰り返しなので,データベースの完成にはしばらくかかりそうですが,これができれば,ある作品について前に書いたのがいつごろだったのかはすぐに判るので,記事を書く時間が節約できる…はず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙刑事シャリバン #37,#38

東映チャンネルの「シャリバン」もいよいよ佳境。で,後半のエピソードのうち,とくに第37話,第38話は,水木由嬢演じる,色っぽいミスアクマ2の露出が多くて嬉しいところ。

第37話は看護婦姿が妙に悩ましいし,第38話もガイラー将軍を暗殺する際の黒装束がなんともまた素敵だったりします。今回録画して久々に楽しんだんですが,かすかな記憶にあった,黒装束でのアップは映像で確認できませんでした。当時の雑誌か何かにあったスチールの記憶だったんでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

dracula exotica その5

「dracula exotica」のオーストラリア版のポスターを入手しました。ロビーカードを並べたデザインですが,使われた女吸血鬼の写真は,検死所で蘇ったvitaが牙を剥くショットだけ。

Draculaexotica_vita



やっぱり素敵ですねぇ。これでカラーだったら文句ないんですけど。

そうそう,今頃になって気づいたんですが,オーストラリアでのタイトルは「dracula exotica」ではなく「dracula erotica」だったんですね。同じ英語圏だから,わざわざ変えなくても,という気もしますけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

from dusk till dawn 3 その2

ということで,女吸血鬼が牙を剥く,もう1枚のロビーカードがこれです。

Fdtd3_2



牧師の奥さんが豹変してしまう訳ですが,彼女の変わりっぷりもまた何とも魅力的。劇中でのしぐさの色っぽいこと。

このシリーズ,第4作は出てこないんでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

from dusk till dawn 3

ちょっと前に「from dusk till dawn 3」のスペイン版ロビーカードを落札しました。12枚セットだったんですが,牙を剥く女吸血鬼のアップは残念ながら,たったの2枚で,そのうちの1枚がこれ。

Fdtd3_1



映画のラストで吸血鬼の女王となったヒロインが可愛らしい牙を剥くショットで,久し振りに本編を見返したくなりました。

本当は「from dusk till dawn 2」で吸血鬼化する黒人女性警官のスチールが欲しいんですけど,こっちはオークションでちっとも見かけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーキバ #23

今回もいろいろあったけど,真夜の再登場だけで十分,かな。

ところで,この作品,ケーブルTVの録画が多い私としては,珍しくCMつきのTV番組録画だったりします。録画したデータはPCに移して,ULEAD DVD MOVIEWRITERでCMカット編集しDVD-Rに保存,なんですが,録画データを一旦4つに分割し,CMを切って,それを結合,という作業が結構面倒。ま,地上波だからCMを入れない訳にはいかないですけど。

と思っていたところ,来月の東映チャンネルで#20まで一挙放送。ま,本放送は本放送で,劇場版の予告や企画の告知などがあって,こうした部分は東映チャンネルの一挙放送ではオミットされるだろうから,一挙放送は録画するにしても本放送の録画は録画で残すべきのような気も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吸血髑髏船

今月のチャンネルNECOで「吸血髑髏船」がかかっています。 「吸血鬼ゴケミドロ」に続く,松竹の吸血ホラー第2弾で,前作がカラーなのに対して,本作品は渋いモノクロ。今でもわざわざ全編モノクロで撮影する監督もいるくらいで,モノクロはモノクロで独特の味わいがあります。

とは言え,タイトルに「吸血」とあっても吸血鬼とは無縁で,タイトルだけ昔から知っていたのに未見だったので,このチャンスに,と録画してみただけだったりします。

ま,金子信雄や小池朝雄,西村晃といった脇役がいい味を出しているので,十分楽しめました。2役の松岡きつこ(この当時は歴史的仮名遣いで表記?)も若いしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

supernatural season3 #7

「supernatural」のシーズン3にも吸血鬼のエピソードがあって,第7話「fresh blood」。シーズン1,シーズン2の吸血鬼エピソードがもう一息だったし,シーズン3のDVD-BOXはシーズン1と同様,あまり値段も安くないし,なので迷うところなんですが,ネットで検索すると女吸血鬼がいそうな感じだから,結局注文してしまうんだろうなぁ。

あ,といっても発売は2ヶ月先です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

supernatural season1 #20 dead man's blood

で,ネットで色々調べると,シーズン1の方にも吸血鬼のエピソードがあるようで,吸血鬼に攫われたカップルが吸血鬼化するらしい,ということなので,これは見るしかないでしょ,とシーズン1も入手。ただ,シーズン1は,シーズン2に比べて,海外盤でも高めの値段(約2倍)だったので,海外ネットオークションを利用しました。

で,期待の第20話だったんですが,牙を剥くのは男だけで,せっかく攫って吸血鬼化したカップルの女性も牙を見せるショットがありません。シーズン1だと,まだまだ予算が潤沢でなくて,特殊メイクにそれほど力を入れられなかった,ということなんでしょうか。

ま,これなら中古で正解,という感じでした。そうそう,海外盤のシーズン1は,シーズン2と異なり,英語字幕がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

supernatural season2 #3 bloodlust

ほとんどノーマークだったんですが,TVシリーズ「supernatural」に吸血鬼が登場する,ということで,遅ればせながら,第2シーズンを入手してみました。

第2シーズンの第3話「bloodlust」に吸血鬼が登場で,人間を襲わず,牛の血を吸う吸血鬼の話。ざっとネットで調べた段階では,妹を吸血鬼にされた,という吸血鬼ハンターが登場するようだったので,妹が牙を剥く回想シーンなんかもあるのでは?と期待して再生。

女性が森で襲われて首を切り落とされる冒頭に続いて,彼女の頭部を主人公の兄弟が調べると彼女に牙が,という展開はいい感じ。おまけに吸血鬼ハンターが黒人男。ということは,吸血鬼化した妹にいやおうなく期待が高まります。

続いて,ハンター,主人公の兄弟と吸血男の対決。ちらっと牙が見えるので,この先も楽しみ。

後半,女吸血鬼登場。彼女はハンターに捕獲され,いたぶられますが,そのときに牙を剥くショットはなかなか。伝統的な2本の牙ではなく,複数のギザギザ牙が通常の歯を覆うような感じで,この牙が生える特殊メイクはよく出来てます。

が,黒人吸血鬼ハンターの妹は会話でしか語られません。吸血鬼ハンターが自分で妹を殺した,と話すだけ。Angel #20のような設定だけに,美人の黒人吸血娘を登場させて欲しかったところです。ハンター自身「彼女は美しかった」と言ってるし。

私が入手したのは海外盤の方で,特典に削除されたシーンもついているんですが,第3話で削除されたのは,兄弟の会話のシーン。期待の,黒人吸血娘が退治されるシーンではありませんでした。

この海外盤,6枚組で英語字幕入り(フランス語,スペイン語,中国語なども選択可)にしてはバーゲン価格。さすがヒット作品,というところでしょうか(その割に国内盤はずいぶん高いようですけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸島 第24巻

第24巻が出ていたので,買って来ました。

だんだん吸血鬼ホラーというより,アドベンチャーになりつつありますが,あいかわらず吸血鬼はおっさんばかり。そろそろ美形の女吸血鬼登場,でもいいでしょうに。

にしても,田中はいまだに裸だし。服を着せると他の人物と見分けがつかないんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

blacula その14

久し振りに「ブラキュラ」のスチールを入手しました。

Blacula30



物語の終盤,Gordon,Petersらが吸血鬼化したBobby(最初の犠牲者2人のうちの1人)の後をつけて吸血鬼の巣窟に乗り込み,吸血鬼を退治するシーンのもので,このスチールは,Bobbyに誘い出された新たな犠牲者が床に倒れているのを見つけて,彼にGordon,Petersが近寄ろうとしたその瞬間,Bobbyたち吸血鬼が突如現れて,彼らを威嚇するというカットです。

惜しいことに,このスチールはカメラリハのときのもののようで,右手のキュートな女吸血鬼に牙がありません。中央のBobbyは牙をつけているというのに…。もちろん,本編では彼女もしっかりチャーミングな牙を剥いてくれていましたから,残念としかいいようがないんですけど,なかなか見かけないスチールだからその点では満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vampire hunter D

菊地秀行の「vampire hunter D」がコミカライズされていて,第1巻は去年出ていたようですが,全然知りませんでした。で,最近第2巻が出たということで,2巻まとめて買ってみました。

通販だと表紙しか見えないし,もちろん,本屋の店頭だとビニールにガードされていて中身が見えないので,絵のタッチが好みかどうか判らない訳で,その状態で1巻700円払うのもどうか,と思ったんですが,この2作については大昔に原作を読んだので,久々に内容を思い出すのにちょうどいいかと思った次第。

で,話の方はこんな感じだったような,と懐かしい部分もあるんですが,原作を読んだ当時,もうひとつのめりこまなかったせいか,その後の作品は読まずじまい。ま,世界観にちょっと馴染めないところもあるし,女吸血鬼があまり活躍しないというところもあるし…。

で,今回のコミカライズで女吸血鬼がどんな仕上がりか,という1点だけが興味の対象だったりしたんですが,うまいタッチではあるもののちょっと色気に欠ける印象。ま,牙の処理がネックなのか,なかなかコミックで魅力的な女吸血鬼というのも見当たらないんですけどね。

ということで,原作と同様,このシリーズも第2巻までの付き合いになりそう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーキバ #22

あ,来週は母親登場!と,今回の話はどうでもよさそうですが,さらにいろいろ謎かけがあって,面白くなってますね。

前回登場の深央は,ファンガイアが手をつけようとしてためらったところを見ると,ファンガイアまたは人間とのハイブリッドっぽい展開。渡と性格が似ているところを見ると,実は渡の妹?と思わせて,実はファンガイアの刺客,という設定だと嬉しいんだけど。

しかし,ここに来て静香がすっかり出番なし,なので,ちょっと展開が不自然という気も…。合コンなんて,真っ先に同席していそうだし。もしかして,女優さんの負傷退場とか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vampirella magazine #5

リメイク版の「salem's lot」の記事を掲載した「vampirella magazine #5」を入手しました。表紙のsusanにつられたので,記事の方は期待してません。

実際,記事の方は4ページで,奇数ページから始まるので,2ページ目,3ページ目が見開きです。この見開きに表紙と同じsusanのカラースチールを使って,上下にモノクロのスチールを多数ちりばめた構成なんですが,susanのスチールはこの1種類だけ。

Susan






ま,記事にはあまり期待してなかったんですが,劇中で,吸血鬼化した後のsusanはほとんど出番らしい出番がなくて,しかもあっけなく退治されてしまうので,このスチールのように,劇中にないショットが見られるだけでよしとするしかないんですけどね。

実は奥付に当たる部分にも吸血鬼susanのスチールがあって,こっちは棺桶の中で目を開けているショット。劇中では眠っているだけだったから,これも珍しいかも。ただ,口を閉じているから,牙が見えないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »