« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

KVM-DVP4

ということで,手許に届いたエレコムのCPU切り替え器。早速接続してテスト,だったんですが,1台目を使用中に突然画像信号が途切れてそのままブラックアウト。

だったら,と別の1台を起動すると問題なく動いているんですが,他のマシンを起動して,セレクタを切り替えようとしても,一切切り替えを受け付けない状態。

こうなると,今回届いたCPU切り替え器が不良品なのか,PCの方(グラボ)に不具合があるのか,疑わしいところが増えて,ちょっとパニックです。

とりあえず,PCに問題があるかどうかは,CPU切り替え器を介さずに,ディスプレイ,マウス,キーボードと接続してみればいい話なんですが,いちいち接続するのが面倒なんですよね。

ま,ぼちぼち検証していくしかありませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔王ダンテ

ホームドラマチャンネルで「魔王ダンテ」の放送を始めたので,観てみました。大昔原作を楽しんだクチで,ちょっと前のリメイク版の漫画もコミックを揃えたんですが,アニメ化されていたとは知りませんでした。しかも,2002年作品であることや,別の作家によるリメイク版もあるんだとか。

それはともかく,懐かしいと思いつつ観ていると,原作そのもののセリフが多いし,絵柄も永井豪タッチだし,で魅力的な部分も多いんですが,アニメとしての出来は,妙にぎこちない動きが多く,とても今どきの作品とは思えなかったりして。主題歌や音楽もやけにチープ感が漂っているしで,どうにも作品世界の大きさに不釣合いな印象。

ま,作品世界そのものは好みだし,全13話ということなので,録画は続けると思いますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティーハニー the live #13

9月放送の第13話、ストーリーはともかく、居酒屋でハニーが仮装を繰り返すんですが、その中に吸血鬼メイクがあるのがちょっと得した気分。

ま、できればハニーよりもミキの吸血鬼メイクが見たいんですが、キャラクターの設定上ありえないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

blacula promo その2

UKのプロモDVDで「blacula」の予告編を改めてじっくり観てみたんですが,今さらNancyが襲われるシーンは,本編で使っていないNGテイクだったことに気づきました。

本編だけでなく,予告編も何度も観たはずなんですが,なぜか予告編はきちんとしたフィルムが残っていないのか,フィルムサイズが違うのか,大抵本編よりも数段落ちる画質で,それであまりきちんと観てなかったんですかねぇ。

このNGテイク,これはこれでなかなかいい雰囲気だと思うんですが,本編のOKテイクに比べると,ちょっと迫力に欠けるのもまた事実。

にしても,この手のNGテイク,他にも色々あるでしょうから,ちゃんと発掘して次世代DVDでリリースしてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

blacula promo

ちょっと前に「blacula」のプロモ用DVDというのを落札しました。てっきり,公開当時の販促用の資料などを詰め込んだディスクか何かだろうと思い込んでいたんですが,届いてみたら,イギリス国内販売用の映画のDVDのプロモーション用ディスクだったという次第。

一緒に「scream blacula scream」のプロモ用DVDも落札したんですが,これも同じように,映画そのもののDVDのプロモーション用。

シーン選択,予告編だけのシンプルな構成のディスクで,字幕はついてません。ま,何度も観た作品だから,字幕はいらないといえばいらないんですけどね。

で,北米盤と違うのは,リージョンコードだけではなく,もとにしたフィルムが違うのか,その後のデジタル処理が違うのか,かなり色合いが異なり,暗い画面。ま,これはこれで違った味わいだからいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーキバ #33

なるほど,キングの必殺技って,確かに「必殺」ですね。ま,こんな映像が今どき作れます,っていうデモかもしれませんが,イメージが時代劇そのまま,というのはちょっとね…。ま,キバもハイジャンプ魔球だから,この作品,割と借り物のイメージが多い印象ですけど。

話は面白くなる一方なので,この先の展開も楽しみですが,次回予告では真夜が現代に生きていたような雰囲気。と思わせておいて,実は,深央がキャッスルドランのタイムマシンで過去に飛ぶ,なんてことはあったりする?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CPU切り替え器の故障

何の前触れもなく,4ポートのCPU切り替え器がお亡くなりになりました。DVIタイプの切り替え器だったので,買い換えるにしても,ちょっとお値段が高め。

D-Sub15pinタイプの切り替え器なら,4ポートでも1万円程度で,安いものなら1万円を切りますが,DVIタイプのものは2万円程度。昔に比べて,DVI出力のPCは増えているでしょうに,CPU切り替え器の需要は伸びないのか,数年前に買った頃からほとんど値段が変わっていません。おまけに,それほど選択肢が多い商品ではないので,実質,コレガかエレコムという選択に。

オークションを見ても,そもそもあまり出回ってないし,海外オークションも国内と変わらない値段。だとすると,送料が割高な分,海外オークションのメリットはありません。

で,これまでコレガ,エレコムそれぞれ1台ずつ使っていて,コレガの方がお亡くなりになって,エレコムはちゃんと動いているので,結局,エレコムのものをどこで買うか,というだけの問題に。

エレコムは楽天にダイレクトショップがあって,何回か利用したことがあるんですが,ダイレクトショップなのに,エレコムの商品を扱う他のお店や,ヨドバシカメラなどの量販店の方が安い,という現状では,マウスなどの小物だと多少の値段の差に目をつぶれても,これだけの値段だとさすがに安いところを探してしまいます。

で,いろいろ調べてみると,どうやらアマゾンがほとんど最安,ということで,発注は時間の問題?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティーハニー THE LIVE #9~#12

フラッシュできる第3の少女登場,というところで,彼女もなかなかいいキャラクターですね。ネットで調べると,彼女がこの後悪の戦士に変わっていくようで,今後の展開も楽しみ。

にしても,早見青児が本当に原作コミックのイメージのそのまま,というのが驚き。役者や脚本によるところ大,なんでしょうが,よく実写化できましたね。

で,第11話で第4の幹部登場,な訳ですが,そうか,あれがパンサークローの幹部だったんですね。本放送でちらっと見かけて,話が見えなかったんですけど。ま,一応,女幹部ということにはなるんでしょうが,ちょっと色気がなさすぎ。そっちは烏川にお任せ,なんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙刑事シャリバン #48

録画したきり観る時間がなかったんですが,ようやくレーベル印刷のためにミスアクマ2をキャプチャする時間がとれました。

で,懐かしいなと思いつつ観ていたんですが,第48話のミスアクマ2は,どう観ても水木由嬢に見えず別人じゃないですか。テロップ上のキャストは「水木由」となっているんですけどね。

この手のトリビアだったらWikipediaか,ということで覗いてみましたが,この点についての記述は見当たらず。ま,端役の役者が何かのアクシデントでたまたま交代していたとしても,大きな問題じゃないから,大抵のファンにとってはどうでもいい話なのかもしれませんが,水木由嬢のファンとしては,ちょっと損した気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降魔伝手天童子

少し前の漫画ですが,永井豪の傑作「手天童子」を若手の漫画家さんがリメイクしたのが,「降魔伝手天童子」。原作だけでなく,永井豪の他の作品もうまく取り込んでアレンジしてあるので,オールドファンにもちょっと嬉しい仕様だったりします。

連載雑誌は見ておらず,コミックが本屋に並んでいたのを見て,単行本を買っていたんですが,1冊買いそびれた巻があって,そのまましばらく忘れていたんですが,今どき通販なら店頭を探さなくてもいいし,と検索したら,あっさりヒット。で,買い損なっていた第5巻を入手できて,最近ようやく話がつながった,という次第。

で,この手の作品,女性の鬼がいるかどうかがポイントなんですが,ここは原作と異なり,クチナワ,アイというキャラクターがいて嬉しいところ。でもって,キュートな雑魚キャラでギャル風の鬼もいるんですが,前半主人公が通う学校の生徒や町の人々が鬼に変化するところで,人間の形をとどめないような変身になっているのが残念なところ。ゲッターロボGの百鬼帝国みたいな変身にしておいてくれれば良かったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

shadow tracker : the vampire hunter その2

そうそう,この作品,冒頭がベトナムで,アメリカ兵が地元の女吸血鬼2人に襲われるんですが,この女吸血鬼が農業従事者風で,笠をかぶっているものだから,ほとんど「彼岸島」の雑魚吸血鬼そのもののいでたち。もっとも,「彼岸島」の吸血鬼は男ばかりで著しく魅力に欠けるので,こっちの作品の方に軍配が。

あと,過去の吸血鬼映画を意識したシーンもあって,「凶人ドラキュラ」でヘレンが窓辺に現れる場面を彷彿とさせるのが嬉しいところ。

ヒロインの女吸血鬼の器量はもう一つなんですが,他の女吸血鬼になかなか美形もいるので,その点抜かりはない感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

shadow tracker : the vampire hunter

未DVD化の「shadow tracker」は1999年作品。なかなかDVDになりそうにないので,VHSを入手しました。

B級というか,自主制作のノリの映像ですが,女吸血鬼がちゃんと牙を剥いて,退治されるシーンがあるので,それで十分楽しめる感じ。女吸血鬼がアップで牙を剥くシーンが,思い切り逆光だったりしますが,それもご愛嬌。

特に,エンディングのタイトルロールが終わった後のオチが秀逸で,これは女吸血鬼ファンなら拍手喝采もの。あ,よくある「ポランスキーの吸血鬼」型のオチではありません。念の為。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sundown発売間近

1週間後に発売が迫った,かの傑作「sundown」ですが,よく見たらリリースはlionsgateじゃないですか。これはちょっと画質や特典に期待してしまいます。そろそろ発注しないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーキバ #32

前回の深央に続き,真夜のファンガイア形態まで披露とは,なかなかのサービスぶり。一瞬見分けがつかなかったんですが,公式ホームページによると色違いとのこと。なるほど,うまい処理ですね。

にしても,太牙と渡が異父兄弟ということで,ちょっと「仮面ライダーBLACK」を連想させる展開。これって,オールドファンの受けを狙っているのか,単なる偶然なのか…。

それはともかく,ここまで過去が明らかになってくると,第4話の綾が過去のストーリー展開の中で再登場することがあるのかないのか,気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SCBS-1000-BK その2

既存のマシンの5インチベイ内蔵スピーカーが故障したので,交換するならやっぱりこれ,と,久し振りに秋葉原で探してみたんですが,いつの間にか,店頭在庫があったお店で取り扱いがなくなってしまった様子。

一昔前のボディーがプラスチックのタイプだと,取り付け,取り外しを繰り返すうちにネジ穴がゆるくなって,きっちり固定できなくなってしまうんですが,この製品はボディーが金属なのでその辺り問題なし。コーンが4つあるからなのか,ボディーが金属だからなのか,従来のプラスチックボディーのものに比べて締まった音が出るのも愛用している理由です。

でもって,店頭で入手できなければ通販しかないでしょ,ということで,まとめて3つ買ってしまいました。とりあえず,PCケースは1つ増える予定で,故障しているスピーカーが1つだから,1つ余ってしまうんですけど,予備ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

the lost world #7

SCI FI チャンネルで「コナン・ドイルのロスト・ワールド」(1999年)をやっているんですが,たまたま電子番組表で見かけて,第1シーズン第7話のタイトル「吸血の美女」につられて録画してみました。

確かに吸血鬼もので,メインキャストの1人が吸血美女の仲間になるんですが,メイクが赤い目になるだけで,牙がありません。美女もそれなりの器量ですが,やっぱり牙がありません。

ということで,もうちょっと頑張って欲しかったところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RC-631-KWN1

このところ,自作を組むケースはクーラーマスターが多いんですが,海外ではMistique,国内ではCrispoの名称でリリースされていたケース,国内ではシルバーのみの扱いですでに終息,海外も終息模様で,以前珍しく海外発送しているサイトで海外モデルを見つけて購入したんですが,完全に消える前にもう1台,と発注してしまいました。

http://www.svc.com/rc-631-kwn1.html

海外ネットオークションのebayの支払いにPayPalを使っているんですが,この通販サイトでもPayPalが使えるので,新たにクレジット情報を入力しなくて済むのが便利なところ。

本当は色違いのシルバーモデルが欲しかったんですが,別に黒でも構いませんし,しっかりした作りのケースなので,とりあえず押さえておくか,というところ。

もっとも,中身は全然考えてなくて,IntelもAMDも今ひとつ興味が湧かないので,次期モデル辺りに期待,かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーキバ #31

深央や真夜のファンガイア形態は?なんて言ってたら,深央のファンガイア形態が出てしまいました。なるほど,なかなか面白いデザインですね。しかし,クイーンということは,真性のファンガイアで,渡のようなハーフではなさそうですね。あの性格なら,渡と関連性がありそうですが,母親が同じで父親が別ってこと?

で,ルークは過去に一度倒されて,再生した現代で記憶を失っていた,ということですか。ま,再生する過程は描写しても仕方なさそうだから,このまま放置なのか,それとも,終盤に再度復活してストーリーに絡んでくるのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吸血鬼サーカス団&血のしたたり その2

で,届いて早速再生。中身は何度も観ている作品だから,画質だけチェックなんですが,ま,値段相応というか,LDよりはいいかな,という程度。

それより,値段が値段だけに文句を言っても仕方がありませんが,あたかもLDのように日本語字幕が強制的に表示されて,字幕がOFFにできない上に,予告編などのおまけは一切なし,という潔すぎる仕様はちょっと…。

こうなると,頼むは海外盤,なんですが,PAL盤に手を出すか,NTSC盤が出るのをひたすら待つか…。もしかして,悩んでいるうちにBlu-Ray登場?(それはなさそうですけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティーハニーTHE LIVE #7&#8

第7話は,ソード化する携帯電話というギミックは面白いものの,おっさんが殺人鬼になるだけじゃね。ま,早乙女ミキの描写が多いのは歓迎なんですが。

第8話は,ようやく「パンサークローにも女幹部がいたんですね」というエピソード。ま,原作者の「おいら女蛮」を彷彿させる,変態チックなムードは悪くありません。戦闘モードのデザインもいい雰囲気ですが,頭部のバランスがもう一つなあたりは,造型がデザインを消化し切れていないという印象ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティーハニーTHE LIVE #5&#6

東映チャンネルの8月放送分をようやく見てますが,水崎綾女嬢演じる早乙女ミキの美しいこと!本放送をちらっと見かけたときから気にはなっていたんですが,じっくり堪能できて嬉しいです。彼女,そのうち吸血鬼役なんて,やってくれないかなぁ。

しかし,第5話はなんだか「スケバン刑事」(原作)そのものって感じですね。違う番組かと思ってしまいました。第6話は,アンドロイドのメイド登場で,ようやく敵方の女性が出てきた訳ですが,黒目はちょっとね…。今どきの吸血鬼メイク風といえばそうなんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Athlon64 X2

気がつくとラインナップが縮小されていて,2次キャッシュも512KB×2のものがほとんどになっているんですね。インテルのC2D,C2Qの2次キャッシュがどんどん膨らんでいるのと対照的ですね。値段も安くなっているから,2次キャッシュを減量することでコストダウンになってはいるんでしょうけど,性能的にどうなんでしょう。

ま,マシンはちょっと作りすぎなので,しばらく眺めているだけなんですけどね。私の場合,まず,魅力的なケースがあるかどうかが問題で,気に入ったケースがあるといくつも作ってしまうんですけど,このところ,ケースも面白いデザインのものが出てないし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC 900-X

来月発売のEeePC 900-X。901-Xからいろいろ変更になってますが,大きいのはCドライブの容量が2倍の8GBになっている点。

900-XのCドライブ用のSSDが,901-XのCドライブに流用できれば,ちょっと魅力的なんですが,どうなんでしょう。

ま,もう少し待っていれば,Cドライブ用に16GBや32GBのSSDもリリースされるんじゃないかと期待してますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペクトルマン #57&#58

実は,前の放送で録画を忘れていて,気づいたら放送後…という悲しい思いをしたので,今回の放送ではきっちり録画。

本放送を見た記憶はあるんですが,洞窟の壁に描かれたグレートサタンの絵が印象に残っている程度で,話の方はすっかり忘れてました。

で,久々に観たんですが,グレートサタン役は三浦真弓嬢で,美しいことこの上ないですね。人間体もグレートサタンのメイクも色っぽい。

三浦真弓嬢と言えば,「髑髏検校」で最後に検校に操られる女性役が印象に残ってますが,惜しいことにこの作品,彼女は牙なしメイクなんですね。髑髏検校のお供や,最初に髑髏検校に襲われて手先になる女性には牙があるというのに…。

ところで,第59話の予告を見ると,これがちょっとゾンビ系で面白そうな話。今回はグレートサタンの前後編だけの録画にしたので,これが観られるのはまたしばらく先(今週からまた再放送してくれるので,今度は全話録画予定です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーキバ #30

今回は,音也と次狼の掛け合いが傑作!

にしても,音也と真夜の仲がちっとも進展しませんね。どう考えても,渡が音也と真夜の子供だと思わせておいて,実は…ってなどんでん返しでもあり?

とりあえず,次回は恵,ゆりの変身が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

abe's tomb

ちょっと前にDVDがリリースされた「abe's tomb」は2008年作品。ジャケットはなかなか魅力的なんですが,果たして中身は,ということなんですが…。

再生すると,画質,音質は自主制作レベル。牙のメイクも作り物感ありありなんですが,ま,牙がないよりは遥かにマシ。女吸血鬼も大勢登場するので,そこでだいぶ救われてます。

で,中盤になると黒人吸血娘登場!なんですが,ほとんどアップらしいアップもなく,あっけなく退治されておしまい。ちょっと残念ですが,あまり期待してなかったので,ちょっと得した気分ではあったりします。

英語字幕はありませんが,スチールギャラリーや予告編など,最低限のおまけつき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペクトルマン再放送

以前の放送やこの夏の再放送で,観たい話は録画できたんですが,今月さらに再放送があるようで,9/9の深夜から,毎週火曜深夜枠で8話ずつまとめて放送してくれるみたい。

だったら全話録画か,と考えてはいるんですが,デジタルチューナーが仕様で予約の最大件数が16だから,他の録画予約をうっかり忘れそうで,ちょっと心配だったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペクトルマン #44&#45

日本映画専門チャンネルで「スペクトルマン」がかかっているので,前回の放送時に見逃した第44話,第45話が見られました。

キュドラーはなかなかそれっぽい雰囲気のデザイン,造型だし,十字架でやけどをおって煙が出るし,昼間棺桶で眠っているし,で,吸血鬼映画をしっかり意識したつくり。2話で完結するエピソードだから,話がじっくり展開するしね。

ただ,いかにも惜しいのは,キュドラーに襲われた女性が吸血鬼化して,キュドラーのしもべとならないこと。単に血を吸われて殺されてしまうなんて,「ドラキュラAD1972」に匹敵する脱力感だったりして。

せっかく2話連続なんだから,吸血鬼が増殖する展開にしても,あわただしくならずに名作が出来たと思うんですけど…。

にしても,相変わらずスペクトルマンは弱いですね。このエピソードも結局スペクトルマンは何もせずにキュドラーが退治されてしまったような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSI NETBOOK U100

このところ,ちょっと気になっているのが,EeePC 901-Xと同様のコンセプトの,MSI製のウルトラ・モバイル・PC。ネット閲覧,メールチェックだけに用途を限れば,EeePC 901-Xで必要十分なんですが,ちょっと何かアプリを入れて作業をしようとすると,Cドライブ,Dドライブの容量が不足気味。なるべくDドライブに入れるようにしてますが,アプリによってはCドライブへの書き込み必須だったりするみたいで…。

で,ASUSには,国内未発売のEeePC 1000Hという,80GBのHDD搭載のXPモデルがあるんですが,なぜか体重が1.5kg程度にぐっと重くなるので,機動性に難あり。値段的にはSSD搭載の901-Xよりも安いくらいなんですけどね(40GBのHDD搭載のLinuxモデルもあり)。

で,MSIのU100だと,体重が1kg程度でEeePC 901-Xと同程度ながら,80GBのHDD搭載だし,液晶はEeePC 1000と同様の10インチだし,これはかなり魅力的なスペック。メモリも最大2GBまで増設できるし。なので,実際,相当売れているようで,あちこちで品切れ状態の模様。在庫があるところだと,ちょっと高めの値段になっていたりして。

ただし,EeePCほどバッテリーの持ちがよくないのと,CPUがEeePC 901-Xと同じだから,買い替えや買い増しを検討するなら,次のモデルかな,という感じ。ま,EeePC 901-Xも,もうちょっとCドライブの空きがあれば,という程度だから,Cドライブと交換可能なSSDが発売されれば,それで十分だったりするんですけどね(Dドライブの交換用SSDはバッファローから今月発売です)。ま,EeePC 901-Xもだいぶ売れているようなので,いずれCドライブ増量用のSSDが発売されるんじゃないかとにらんでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吸血鬼サーカス団&血のしたたり

なにげなくアマゾンで検索してたら,いつの間にか廉価版が登場しているのを見つけました。この2タイトル,海外盤DVDはPAL版しか見かけないし,国内盤は冗談みたいな高値。ま,LDを持っているから,海外盤でNTSC版が出たら,と思っていたんですが,この値段なら文句なく買い,でしょう。

ということで,早速注文してしまいましたが,画質の方は果たして…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »