« 黒塚 #10 | トップページ | 黒塚 #11 »

奇相天覚

ずいぶん前に「鬼」がテーマの漫画が青年誌に連載されているのを,食堂かどこかで見たことがあって,いずれ単行本になったときに,とそのときは思ったんですが,その後タイトルをすっかり忘れてしまい,コミックを探す手がかりすらなくなっていました。

ところが,ネットが発達して便利になったもので,鬼とか角とかのキーワードで見事ひっかかりました。それが「奇相天覚」という作品。連載誌はコミックモーニングで連載されていたのが1991年ということで,確かに連載を見かけた時期と一致します。

ということで,今さら新品は入手不可能なんですが,amazonのマーケットプレイスに手頃な値段のものがあったので,早速ゲット。

上下2巻セットで,上巻はモーニングに連載されたもの,下巻は書き下ろし,なのだとか(ということは,連載打ち切りで,話の後半は単行本で日の目を見た,ということなんでしょうかね)。

ま,絵のタッチは好みの分かれる微妙なところで,女性に色気がないのが惜しいところ。鬼の血を受け継いで鬼になるのも男だけで,女性の鬼が登場しないのも期待していただけに残念。ストーリーがそれなりに楽しめただけに,鬼側のキャラクターで女性が出てきてほしかったところです。角も小さいしね。あ,下巻にあった「思いどうり」という誤植も,ちょっと悲しい…。

|

« 黒塚 #10 | トップページ | 黒塚 #11 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/43448930

この記事へのトラックバック一覧です: 奇相天覚:

« 黒塚 #10 | トップページ | 黒塚 #11 »