« blood scarab | トップページ | SHD-DI9M32G その4 »

SHD-DI9M32G その3

2GBのメモリも届いたので,いよいよEeePC 901-X の開腹手術開始。

先月発売になって以来,ネットのあちこちで話題になっているようで,分解の手がかりには事欠きません。

ということで,分解自体,ほとんど迷いようがなかったんですが,途中ネジを1本床に落として探すのに時間がかかったおかげで,分解・SSD交換・組立をやっているうちに,「ながら」で再生していた,DVD の Welser Moest 指揮 Bruckner Symphony No.5 が全曲聴けてしまいました。ちなみにこのDVD,Sankt Florian での Live で,なかなかの熱演。The Cleveland Orchestra は,セルやドホナーニの時代に Bruckner を扱った経験があるから,これだけの演奏をしても全然不思議じゃないんですけどね。

にしても,メモリやDドライブSSDには簡単にアクセスできるのに対して,CドライブSSDはとんでもないところに隠れてますねぇ。これじゃ,EeePC 901-X 用といって販売する訳にはいきません。Cドライブも容易に交換できる場所にしておいてくれれば良かったのにね。

で,リカバリーDVDは,USBフラッシュメモリにコピーしてもブートできませんでした。ということで,とりあえず電源を入れて,Cドライブ,Dドライブがちゃんと認識されていることを確認したところで,手術は終了。

|

« blood scarab | トップページ | SHD-DI9M32G その4 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/43815558

この記事へのトラックバック一覧です: SHD-DI9M32G その3:

« blood scarab | トップページ | SHD-DI9M32G その4 »