« shaun of the dead | トップページ | M2A-VM HDMI-B/K その3 »

SST-SG04B その3

Athlon64X2 5200+ で組んだパーツ一式を組み込んでみました。

丁寧なマニュアルを事前に読んだはずなのに,普通のケースの感覚でMBを取り付けてしまい,その後でHDDを取り付けようとして,作業がストップ。

先にHDDを取り付けないとMBが取り付けられない構造になっているんですね。HDDなんて普通に増設したり交換したりするものだから,これってちょっと設計ミスのような気が…。

底面にHDDを2基搭載するスペースがあるんですが,これだと最初に1基設置して,しばらく使ってからHDDをもう1基増設しようとしたら,一度MBを取り外す羽目になってしまいます。もちろん,このケースの場合,電源もMBを覆うように設置するので,MBを取り外す前に電源も取り外す必要が。

ということで,頻繁にパーツを交換する予定があるPCには,このケースだとちょっと向いてません。逆に,組む段階で使うパーツを決めてしまって一切変更しない,という場合,このデザイン,省スペース設計はアリなのかも。

ただし,HDDについては,HDDホルダー(兼床板)を固定するネジを3本とも外側から締めることによって,MBを固定した後で,MBを外さずにHDDの交換・増設ができます(3本のネジのうち,1本が外から,2本が内から締める構造になってます)。HDDホルダーをしっかり固定するためには,内側からのネジはちゃんと内側から締める方がいいんでしょうが,外側から締めてもとりあえず固定できた感じなので,しばらくこれで様子を見ます。

|

« shaun of the dead | トップページ | M2A-VM HDMI-B/K その3 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/44808483

この記事へのトラックバック一覧です: SST-SG04B その3:

« shaun of the dead | トップページ | M2A-VM HDMI-B/K その3 »