« kaspersky internet security 2009 その2 | トップページ | vampire in vegas »

お目覚めシーン その3

印象的なお目覚めシーンで,死体安置所系といえば,

1. 「dracula exotica」のVita嬢が,検死の後に目覚めるシーン。ちゃんと死体メイクになっていて,首や乳房の吸血痕が嬉しい上に,ドラキュラが目を開けるショットが挿入される効果的なカット割。Vita嬢が牙を剥くアップでカットが切り替わるのが残念で,ついでに噛み付くカットまであると良かったんですけどね。

 ということで,この作品はアダルト作品にしてはまともなホラー演出が随所にあって,国内公開版でいいから高画質でDVD化して欲しいところなんですが,権利関係とか複雑なんでしょうか。

 そうそう,この作品,傑作は傑作なんですが,Vita嬢がドラキュラの捜査にやってきた刑事に牙を剥いて噛み付くシーンが本編にないのが大きな不満。当時のアダルト雑誌には,そのシーンのスチールが使われていたんですけどね。で,それだけでなく,長い間なんとなく何か足りないと思っていて,最近それが何なのかにようやく気づきました。ドラキュラがせっかくVita嬢に噛み付いて配下にしたというのに,よく考えたら吸血鬼化した彼女とドラキュラの絡みがないんですね。ま,ドラキュラは昔の彼女の生き写しにとっとと浮気してしまう訳ですが,せっかく彼女を配下にしたなら,彼女との絡みがないと変ですよね。

2. で,「dracula exotica」の影響を受けたと思われるのが,「dark angels」でヒロインが死体安置所で目覚めるシーン。ただ,こっちはいかにも健康的な死体だし,牙も露出しないし,で,もうひとつ。やっぱり吸血鬼は顔色が悪くないとね。

|

« kaspersky internet security 2009 その2 | トップページ | vampire in vegas »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/45891591

この記事へのトラックバック一覧です: お目覚めシーン その3:

« kaspersky internet security 2009 その2 | トップページ | vampire in vegas »