« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

snow leopard

いつの間にかリリースされていて,お値段も超お手頃とあって,近所の家電量販店に行ってみたんですが,売り切れ。この辺りに,そんなにMacユーザーがいるとも思えないんですけど。

ということで,入手はまた後日に。ま,慌てる必要もないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲッターロボ ダークネス

「偽書ゲッターロボ ダークネス」というコミックを,本屋の店頭で見かけて,ビニール包装で中身が確認できないので,とりあえず買ってみました。作画は全然知らない人ですが,敵が百鬼帝国だったらいいな,と思って試してみたところ,敵は全くのオリジナル。

ゲッターロボのデザインはオリジナルをうまくアレンジしていると思いますが,個人的に,絵や話はもうひとつ,といった印象なので,ま,続きを買う必要はなさそう。

誰かゲッターロボGをリメイクして,百鬼帝国の娘をたくさん登場させてくれないものですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mac 100% vol.6

「mac 100%」のvol.6が出ていて,ネットブックへのleopardのインストールという,いけない記事にも興味があったんですが,ADOBE CS各バージョンの比較が興味深かったので,購入。

性能が微妙なネットブックにleopardをインストールしても,という気はするんですが,インストールすることが目的なんでしょうから,それはそれ。

光学ドライブレスで,C2D搭載のネットブックがあればleopardをインストールしても,とも思いますが,それってMacBookAirじゃん,と思ってappleのサイトに行ってみたら,最新モデルの体重は1.36kg。いつの間にダイエットしてたんでしょ。13インチでこれなら,10インチモデルを作ったら体重1kgを切ったりしないですかねぇ。それだったら,1kgをちょっと上回る体重だとしても,かなり欲しくなってしまうんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M-PGDLRD

CPU切り替え器が,PS接続なうちとしては,USB接続のみのマウス,というと,ほとんどお呼びでない感じなんですが,そうは言ってもワイヤレスはちょっと気になるところ。

ということで,バンパイアカラーでお値段も手頃なモデルを買ってみました。CPU切り替え器で使うことはないでしょうが,ノートPCだとケーブルがない方がすっきりするし。

で,さっそく使おうと思ったところ,電池はついてないんですね。家電のリモコンだったら,乾電池がついているのが普通ですけど,この辺りはまだまだPC関連アイテムは気が利かないというか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC 901-X その5

で,Adobe系やShadeなどを試しにインストールして動作を確認してみたんですが,意外に動く,というのが正直なところ。

もちろん,非力なCPUなのでソフトの起動にやたらと時間がかかりますが,HTのおかげで,SHADEのレンダリングも見かけの2コアで走りますし,フォトショップ,イラレの反応時間も私の使い方なら十分待てる範囲。

とはいえ,こうなると,ネットブックの軽さを維持したままで,もうちょっとCPUパワーのあるマシンが熱望されるところですが,今のところネットブックのカテゴリーではAtom搭載マシンしか見当たらず,12インチ液晶モデルだと光学ドライブ搭載で重いものがほとんど。10インチ,11インチあたりの液晶サイズで,C2D搭載,光学ドライブ非搭載にして,1kg前後の重量のマシンがあれば,結構ニーズがあると思うんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dead heist その2

ということで、ひさしぶりに「dead heist」をひっぱり出して,サーチで鑑賞。

ネットのレビューにもありましたが,夜行性で首に噛み付いて感染,という辺り,ゾンビというよりは吸血鬼のノリ。メイクは瞳の色が青くなるだけ,なので,せっかくなら牙をつけて欲しかったところ。今どき,牙を生やしたゾンビも珍しくはないですしね。

あとは,これだけ黒人キャストが多い割に,メインキャストに黒人女性がいないので,黒人女性がゾンビ化する過程がないのが惜しい,という感じですね。ゾンビハンターの彼女と思しき女性がゾンビ化して彼の前に現れるシーンがそれっぽいところではあるんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンク・オブ・ザ・デッド

なかなか面白そう,と思った「バンク・オブ・ザ・デッド」なんですが,ちょっとお値段高めだし,と,よく調べたら「dead heist」の邦題であることが判明。ま,「heist」なんて単語は普通馴染みがないから,内容を反映させた邦題にするのもわかるんですけどね。とりあえず,無駄遣いをせずに済みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC 901-X その4

出先でメールをチェックしたりウェブ閲覧ができれば十分という見切りのマシンなんですが,せっかくメモリを増量し,C,D両ドライブを32GBにしたので,景気よくソフトがインストールできる,ということで,いくつか実験をしてます。

最初に試したのが,Visual Studio 2005 Express Edition なんですが,やっぱりいくらメモリが2GBでもデュアルチャンネルではないし,起動にずいぶん時間がかかります。動作の方はあまりいじってないので,軽いか重いかまだ試してません。たまにヘルプを読んでいる段階です。

で,MSつながりで,MS Office も試してみましたが,こちらは比較的短時間で起動し,動作も軽め。これなら十分実用になる感じですが,Excelでマクロを走らせるとどうなるか,はこれからですけどね。

後は,Adobe系やShadeなど,ヘビー級のソフトが動くのか,そもそもインストールできるのか,ですが,それはまた次に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

髑髏検校 その2

全然ビデオ化される気配がありませんが,今月の東映チャンネルでかかっていたので久し振りに鑑賞しました。

原作からはかなり改変されていて,ほとんど別の作品といってもいい感じですが,紫検校よりも牙がしっかり作ってあるのが嬉しいところ。こんなレベルの作品を毎週流していた訳ですから,フジの時代劇スペシャルは今にして思えば,なんて贅沢なシリーズだったんでしょう。

髑髏検校の手にかかった三浦真弓嬢のみ牙なし,というのが,極めて惜しいところで,この作品唯一の弱点といってよいと思いますが,それを除けば下手なB級吸血鬼映画よりもよほど楽しめる作品。あ,お供の女吸血鬼2人が退治されるシーンも,牙を剥いて欲しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

oracle database 10g express edition

データマイニングはセットアップがうまく行かず頓挫したままなんですが,データベースそのものはかじっている状態。

で,最近はOFFICEの中のACCESS関係の本を読んでいたんですが,最近買ったデータベース関係の本にoracleの無償版が紹介されていました。


oracleなんて個人ユーザーには無縁な業務用ソフトだとばかり思っていたので,無償版があるとは思いもよらなかったんですが,Webブラウザを使ったインターフェースは,意外にとっつきやすかったです。といっても,本にある通りのSQL文を試してみただけなんですけどね。

で,実はFireFoxだとサンプルデータのセットアップがうまく行かず,IEで正常に動作。特に注意書きはなかったんですが,FireFoxユーザーは要注意かも。

そうそう,このExpress EditionはLinux版もあるんですね。しばらくLinuxをいじってないし,こっちも試してみよかな,と思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゾンビ2009

ということで,「ゾンビ2009」(原題「zombies : the beginning」)が届きました。

確かに,ネットで酷評されている通り,ゆるゆるのテンポにテレビ然とした絵,緊張感が微塵もないBGM,とダメダメな要素が満載。おまけに,ゾンビにかまれても感染しないし,これはそういう評価でも仕方ない感じ…なんですが,ヒロインが夢の中で自分がゾンビに変身するシーンやそのメイク,ゾンビ化した4人の女性が素っ裸で登場するシーンや,終盤にヒロインがゾンビのお食事シーンに遭遇して,女ゾンビが振り返るシーンなどは,なかなかいい感じです。

女性隊員を増やして,仲間がゾンビ化するシーンを盛り込めば,だいぶ違う評価になったんじゃないかと思いますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

safari 4.0.1

macでウェブを閲覧する機会はあまりなくて、出先にmacbookを持ち出したときくらいなんですが、safariのバージョンが4になったところで、新規タブを選んでちょっとビックリ。

Top Sites という画面が開いて、よく閲覧したページの一覧がサムネイル表示されて、一瞬何が起こっているのか理解できませんでしたが、これは便利ですねぇ。

普段はFireFoxなので、普段目にしない、こうしたギミックはちょっと新鮮です。案外、FireFoxやIEにもこうした効果がプラグインなどで用意されているのかもしれませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vampire in vegas

「vegas vampires」と紛らわしいタイトルの「vampire in vegas」は,英語音声,オランダ語字幕,という不思議なディスク(クローズドキャプションはありません)。

黒人女吸血鬼が期待できるかなと思ったんですが,親玉の吸血鬼が黒人男なだけで,吸血女は最初の方で3人が日光で燃えるシーンで,1人が多少黒人系かなという程度。ほとんどアップがないのではっきりしません。

それでも,女吸血鬼は大勢登場して,杭を打たれるし,コウモリへの変身はちょっとカッコいいし,吸血鬼と対決する男の彼女が親玉に吸血されて,彼氏の前で牙を見せるシーンもあるし,で,意外な掘り出し物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お目覚めシーン その3

印象的なお目覚めシーンで,死体安置所系といえば,

1. 「dracula exotica」のVita嬢が,検死の後に目覚めるシーン。ちゃんと死体メイクになっていて,首や乳房の吸血痕が嬉しい上に,ドラキュラが目を開けるショットが挿入される効果的なカット割。Vita嬢が牙を剥くアップでカットが切り替わるのが残念で,ついでに噛み付くカットまであると良かったんですけどね。

 ということで,この作品はアダルト作品にしてはまともなホラー演出が随所にあって,国内公開版でいいから高画質でDVD化して欲しいところなんですが,権利関係とか複雑なんでしょうか。

 そうそう,この作品,傑作は傑作なんですが,Vita嬢がドラキュラの捜査にやってきた刑事に牙を剥いて噛み付くシーンが本編にないのが大きな不満。当時のアダルト雑誌には,そのシーンのスチールが使われていたんですけどね。で,それだけでなく,長い間なんとなく何か足りないと思っていて,最近それが何なのかにようやく気づきました。ドラキュラがせっかくVita嬢に噛み付いて配下にしたというのに,よく考えたら吸血鬼化した彼女とドラキュラの絡みがないんですね。ま,ドラキュラは昔の彼女の生き写しにとっとと浮気してしまう訳ですが,せっかく彼女を配下にしたなら,彼女との絡みがないと変ですよね。

2. で,「dracula exotica」の影響を受けたと思われるのが,「dark angels」でヒロインが死体安置所で目覚めるシーン。ただ,こっちはいかにも健康的な死体だし,牙も露出しないし,で,もうひとつ。やっぱり吸血鬼は顔色が悪くないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kaspersky internet security 2009 その2

さすがに使用期限が10日を切ったら,継続利用を促すアラートが頻繁に出るようになりました。で,シリアルがあれば,それを入力して継続利用できそうなので,試してみたんですが…さすがに3ユーザー版(英語版)のシリアルは,日本語版の継続画面では受け付けてもらえませんでした。残念。

ということで,使用期限が切れたところで一度アンインストールして,英語版を新規インストール,という流れになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゾンビ大事典

たまたま書店の店頭で見かけたのが「ゾンビ大事典」。本の内容は「実際にゾンビが出現したら」という「ドリフのもしもシリーズ」みたいなノリであまり興味がないんですが,最近のゾンビ映画のスチールが使われていたり,ゾンビ映画のリストが巻末にあったりで,おまけに「flight of the living dead」(邦題「デッド・フライト」)のキュートなゾンビ娘Stacyのスチールが入っていたので買ってしまいました。

が,巻末のゾンビ映画リストは不完全もいいところで,「サンゲリア」を始めとして結構重要なものが欠落している感じ。ま,フルカラーでこの値段だから,スチールを使用した映画の配給会社やビデオ販売会社からかなりスポンサードされていて,それを中心に紹介しているだけなのかもしれませんが,それにしては,同じスチールが違うページで何回も使いまわされている辺り,すごく微妙な印象の本だったりします。

ま,この本の情報とネット検索をもとに「ゾンビ2009」を発注したからいいんですけど。この映画,酷評されているようですが,吸血鬼風の牙があるようなので,結構期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

netherbeast incorporated

2007年作品の「netherbeast incorporated」はホラーコメディ。どうやら吸血鬼ものらしい,ということで入手してみました。

が,英語字幕なし,クローズドキャプションなし,という仕様だと,コメディはちょっと楽しめないかも。

で,肝心の吸血鬼は,というと,冒頭から胸に杭を打たれた死体を燃やすなど,吸血鬼っぽい雰囲気はあるんですが,結局牙を剥く女吸血鬼なんて絵は出ずじまい。

ということで,かなりお買い損な1枚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

700系のぞみ

ちょっと前に700系のぞみに乗ったんですが,窓側の席がすべてAC電源装備になっているのを知りました。そのときは,AC電源を利用しなかったんですが,最近また乗ったのが700系だったので,今回は携帯の充電だけでなく,PCの駆動に利用しました。700系よりもまえの新幹線だと,車両の最前列か最後尾でないとACがなくて不便でしたから,ずいぶん便利になったものです。

でもって,東京~新大阪間では無線LANサービスということなんで,emobileを試したところ,トンネルが多い区間は辛いものの,おおむね良好なつながり方で,ちょっとしたサイズのファイルだったらダウンロードも可能。

このくらいのスピードがどこでも出してもらえると嬉しいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時空戦士スピルバン

東映チャンネルの「ジャスピオン」が終了し,「スピルバン」が放送開始。この辺りまでは本放送で観ていたような気が…。

「スピルバン」は敵方の女性キャラがもうひとつ好みでないんですが,澄川真琴嬢演じるダイアナがキュートなので,引き続き録画予定。この路線だと,吸血鬼系のエピソードがないのが辛いところですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

cravings

最近DVDがリリースされた「cravings」は2006年作品。一瞬1983年の名作「the craving」と間違えそうですが,微妙にタイトルが異なります。

まだオーダーしただけで未着ですが,どうやら女吸血鬼が主人公の様子。ま,とりあえずジャケットにつられてみたんですが,果たして…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンクチュアリ #13

後編を見ましたが,吸血鬼は見当たらずじまい。もっとも,ヒロインの娘が敵の手に落ちて改造されて寝返ったところで,「to be continued」。割と好みの展開だけに,続きが気になるんですが,この続きであるシーズン2は,SciFiチャンネルでは,2010年放送だとか。

DVDもこのシーズン1が来月リリース,というタイミングみたいだし,気長に放送を待つしかなさそうですが,2010年に放送される頃にはすっかり忘れていそうな気が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!

こちらも今月の東映チャンネルでかかっている「炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!! 」。「キバ」を観ているときに「ゴーオンジャー」は全然観てなかったんですが,ソニン嬢演じる魔姫は去年宣伝をやっていたときから気になっていたので,ようやく鑑賞できた次第。

で,意外だったのが福本清三氏の登場。ま,東映で時代劇が舞台,となれば,当然といえば当然なんですが,相変わらずいい味ですねぇ。魔姫もなんとも色っぽいし。これで牙があったら最高だったんですけど。

そうそう,劇場版のゲストの1人の春日純一氏は,このところ「ジャスピオン」で若い頃を見慣れていたせいか,エンディング・クレジットを観るまで誰だかわかりませんでした。あまりのギャップに,ちょっと小林念持風だけど誰?って感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王

今月の東映チャンネルでかかっていたのを,ようやく鑑賞しました。

久し振りの「キバ」ですが,4体のレジェンドルガはなかなか印象的でいいですね。特に,最初に覚醒するミイラ男タイプのものが,ファンガイアだけでなく,人間を次々に手下に変えるのが嬉しいところ。メイキングでは,手下に変えられた人間もまたレジェンドルガで,彼らに襲われた人間もレジェンドルガになる,みたいなことを言ってましたが,本編ではそういうシーンがなかったような…。DC版は劇場公開版に比べて20分延長,ということなので,そういうシーンもあるんでしょうかねぇ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

blood ties season one

「blood ties season one」の4枚組DVDが届きました。

SciFiチャンネルで観てた(といってもつまみ食いですが)ので,今回の興味は英語字幕の有無だけ,なんですが,残念ながら英語字幕はついてませんでした。4枚組にしてはちょっと安い値段だし,ま,仕方ないかも,と思ったんですが,しっかりクローズドキャプションが入ってました。これなら,喋っている内容がわかります。

なんだ,だったらかなりお買い得じゃないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dead men walking その2

ジャケットが変わっていたので,前に買っているにもかかわらず,うっかり注文してしまいました。とほほ。

今回のディスクはメイキングつきで,メイキングの方が本編よりも画質がいいという不思議な仕様。英語字幕は今回もなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kaspersky internet security 2009

現在通信のメインマシンのアンチウイルスはkasperskyの2年優待版を使用しているんですが,ネットブックは1年版。ネットブックでもお買い物をするケースを考えて,kasperskyにしたんですが,そろそろ使用期限が迫ってます。

で,バンドル優待版だったので,更新するには製品版,ということになるんですが,もしやこんなときにも海外版の方がお得?ということで,海外版を入手してみました。私はオークションで入手したんですが,amazonの方が安かったみたい…。

使用期限がまだ残っているので未インストールですが,海外版で問題なければメインマシンの方も海外版にしてしまうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »