« kaspersky internet security 2009 その3 | トップページ | ウイルスセキュリティZERO »

ターボレンジャー #37

「カンフー謎少女」というタイトルから全然想像がつかないんですが、人間が機械人間に変えられる設定で、銀色に塗られたメイクがちょっと嬉しいエピソード。妖怪系の釣り目つり眉口裂け牙出しメイクとは違いますが、これはこれでちょっと魅力的。

ターボレンジャーも録画するだけ録画してちゃんと観てないんですが、意外にこの手のエピソードが多いんでしょうか。

そういえば、10月の東映チャンネルは「仮面ライダー」「ギャバン」がスタートですね。また録画が忙しくなりそう…。

|

« kaspersky internet security 2009 その3 | トップページ | ウイルスセキュリティZERO »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いつも貴重な情報有難うございます。
更新を楽しみにしております。

さて、高速戦隊ターボレンジャーの山口先生(高見恭子)が機械人間にされて、昔のゾンビ映画や吸血鬼映画のセメント色のメイクのようでおっしゃるように魅力的でした。この山口先生はずっと苦難続きで、第17話では子供にされるし、終盤(第47話?)では吸血鬼にされます。

投稿: 66advance | 2009年10月 3日 (土) 10時09分

66advance さん、こんにちは。ちょうど出先に出ていて通信環境が弱い場所にいたものでお返事が遅くなりました。

ターボレンジャーはこの手の作品をあまり見なくなっていた時期なので、本放送を観た記憶がほとんどないんですが、吸血鬼化するエピソードまであるとは知りませんでした。貴重な情報ありがとうございます。今後の録画が楽しみです!

投稿: galant | 2009年10月 6日 (火) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/46341245

この記事へのトラックバック一覧です: ターボレンジャー #37:

« kaspersky internet security 2009 その3 | トップページ | ウイルスセキュリティZERO »