« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

ウイルスセキュリティZERO

自作PCが多いので、3ユーザー版をいくつも愛用しているんですが、先だってOSを再セットアップしたり、アンチウイルスをKasperskyに変更したりした際、ウイルスセキュリティのシリアルを控え忘れたものだから、ちょっと面倒なことに。

同じシリアルに対して、ちゃんとパソコン1とかパソコン2とか表示してくれるんですが、アンチウイルスを変更したPCに使っていたシリアルの可能性が2通り。あるシリアルのパソコン1と、別のシリアルのパソコン2を表示するマシンが見当たりません。ま、現在使用しているPCのうち、ウイルスセキュリティをインストールしたマシンのシリアルは全部調べたので、新たなマシンにウイルスセキュリティをインストールする際には、この2つの登録のいずれかを削除してエントリしなおせばいいだけ、なんですが、実は休眠中のPCが2つあって、それにもウイルスセキュリティを入れていたはずなんですね。こっちは3ユーザー版じゃなくて、単独版だったような気もしますが、記憶が定かでありません。

ま、kasperskyのライセンスもまだ1つ余っているから、どうしてもウイルスセキュリティでないと困る、という訳でもないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターボレンジャー #37

「カンフー謎少女」というタイトルから全然想像がつかないんですが、人間が機械人間に変えられる設定で、銀色に塗られたメイクがちょっと嬉しいエピソード。妖怪系の釣り目つり眉口裂け牙出しメイクとは違いますが、これはこれでちょっと魅力的。

ターボレンジャーも録画するだけ録画してちゃんと観てないんですが、意外にこの手のエピソードが多いんでしょうか。

そういえば、10月の東映チャンネルは「仮面ライダー」「ギャバン」がスタートですね。また録画が忙しくなりそう…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

kaspersky internet security 2009 その3

そもそも901-X用に用意しておいたんですが、更新時期に出先にいて、インストールディスクを忘れたために、901-X用は出先で調達。

ということで、英語版はしばらく放置だったんですが、このところ再セットアップしたマシンに試してみました。

幸か不幸か、901-X用の2009のインストールを経験済みだったので、今回のインストールは、7.0からインターフェースがだいぶ変わっていたにもかかわらず、すんなり終了。

で、今だと2009の3ユーザーパックは約$19というバーゲン価格。この手のソフトにしては珍しく、北米内限定発送のしばりがなさそうなので、来年の今頃おそらく安くなっているであろう2010を入手、というのが規定路線かも。もっとも、2010の3ユーザー版ですら、現在$40を下回る価格なので、901-Xの更新時期に合わせて2010の3ユーザー版を入手、でもいいかと思ったり。

大体アンチウイルスなんて日本語版である必要がなく、ちゃんと仕事をしてくれさえすればいい訳で、日本語版との価格差が送料と日本語ローカライズの分だとすると、日本語版はちょっと高いかも、という印象ですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

monsters of the movies (oct. 1974)

これもずっと気にはなっていた洋書で、1974年10月の「monsters of the movies」。吸血鬼特集でブラキュラも扱われているということで、先日ようやく入手しました。

Monsters






で、期待は未見のスチールなんですが、ブラキュラ関係は特に目新しいものはありませんでした。ま、記事の方は割と面白かったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

scream blacula scream その18

これも少し前に落札したスチールですが、ラスト近くで吸血鬼化したDennyが牙をむくシーンのスチール。肝心のDennyが正面からではなく、背後から写っているので、その表情がさっぱり判らないのが残念なんですが、ま、DennyはDennyなので、コレクションに加わって満足です。でも、このシーンの正面からのスチールがあるといいんですけどね。

Sbs_denny

| | コメント (0) | トラックバック (0)

scream blacula scream その17

ちょっと前に落札したスチールが届きました。

Sbs_gather




ブラキュラが配下の吸血鬼を集めて指示を出すシーンのもので、ポスターにも使われたショットなんですが、ここに載せたのはスチールの右側のアップ。

デジカメのマクロがちょっと辛い感じで、実物だともう少しくっきりしているんですが、大勢の黒人女吸血鬼がなんとも嬉しいところ。もっとアップのスチールがあるといいんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDTV端子

例のGeForce6800GSからTVに出力しようとして、S端子のケーブルをつなごうとしたところ、端子の形状が合いません。S端子に似てますが、微妙に違って入りません。

で、グラボの箱には「HDTV」という見慣れない文字が。で、グラボに付属のケーブルで、コンポジット、S-VIDEOに変換して出力できることがわかりました。

肝心のTV出力ですが、OS付属のグラフィックドライバだと画像が乱れてまともに出力されずに焦ったものの、nVidiaからドライバをダウンロードしてみるとバッチリ出力されて一安心。これならパワーポイントのアニメーションを動画にするのに問題なさそう。

おまけに液晶モニターへの出力の解像度を800×600にしているせいなのか、グラボのパワーのせいなのか、各種ウインドウの描画が妙に軽快。1920×1200に慣れた目には、ちょっと画面が狭いんですが、これはこれでアリかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SCBS-2000S-BK

サイズの5インチベイ用スピーカーを愛用しているんですが、いつの間にかモデルチェンジしていたようで、メッシュグリルにブルーLEDの照明とパワーアップ。

ちょうどパーツの組み換えをやっていたので、1つ調達して、OSの再セットアップを行うマシンに取り付けてみました。

Scythe



なかなかいい感じ。メッシュグリルやLEDはともかく、何より筐体が金属製というのがグッドです。5インチベイ用のスピーカーは筐体がプラスチック製という場合が多いんですが、やっぱり、何度も取り付け・取り外しを行うので、プラスチックだとどんどんネジの締まりが悪くなって固定しにくくなるんですね。一度金属筐体のスピーカーを使ってしまうと、もうプラスチック筐体のスピーカーには戻れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AP-450GS

ということで,調達したのがAQTISの450W電源AP-450GS。ソフマップで\3300程度でした。ピーク出力が520Wで,ブラックボディの質感も高く,安物感がありません。これで安定して長持ちするようなら,AQTISをひいきにしてもいいかな,と思わせるものがあります。

AQTISというブランドは,電源つきPCケースで知ってはいたんですが,ケースのデザインにもうひとつ好みのものがなくて,これまで縁がなかった次第。うちの場合,1にも2にもケースのデザイン優先で組んでいたりするもので。

ま,Lian Liのマイクロタワーも気になってますが,クーラーマスターのMistiqueほどほれ込んでいないので,すぐに注文しようとまでは思わないんですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MCP6PB-M2+ その2

このマシン,グラボにGeForce7600GTを使っていたんですが,VGA出力の調子がもうひとつ。デュアルDVIなので,変換コネクタでVGAに出力するんですが,コネクタかグラボ本体のどこかの接触が悪いらしく,ときどき画面が真っ暗に。

ということで,中古の安物を,と思い立ち,秋葉原でGeForce6800GSが\2000弱で転がっていたので搭載してみたんですが…。

あ,このクラスだとグラボに補助電力を供給しないといけないんですね。ま,勝手にパフォーマンスを落として動いてくれるようなんですが。でもって,このマシンはもともとそれほどのパワーを想定していなかったので,グラボへの電力供給用のコネクタを持っていない電源で組んであったんですね。

ということで,選択肢は

 1. グラボを7600GTに戻して,だましだまし使う
 2. 電源をグラボ電力供給タイプのものに変える
 3. オンボードVGAで使う

といったところなんですが,せっかく買ったグラボのパフォーマンスも試してみたいところだし,実はこれまで補助電力を供給するタイプのグラボを使ったことがないので,ものは試しということもあるし,で,グラボを活かす選択肢は2.ということに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャイニング

今月のムービープラスでキューブリック版「シャイニング」がかかっていたので,懐かしいと思いつつ鑑賞。

吸血鬼が出てくる訳ではないし,女優陣がことさら綺麗な訳でもないんですが,カメラワークが秀逸の一言ですねぇ。

そういえば,キューブリック版の後にリメイクされたはず,と検索してみると,ちゃんとDVD化されてました。お値段も手頃だし観てみようかなとも思ったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セガサターンヒストリー ビジュアルコレクションVol.2

「deep fear」のムービーが収録されているというので,序盤から全然ゲームが進行できなかった私としては,アンナがクリーチャー化するところが観たい,ということで,入手してみました。

セガラリーやファイティングバイパーズなんて懐かしいところが収録されているのはいいんですが,「deep fear」のムービーは肝心のアンナの変身シーンが未収録。がくっ。

ということで,自力でプレイするしか観る方法がない,ということがわかったんですが,セガサターンを今さら引っ張り出してプレイする元気はなさそう…。

ということで,「サイレントヒル」みたいに劇場映画にリメイクしてくれるのが理想なんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AS Enclosure 730GT RED EYE その5

ちょっと思い立って,HDDを増設。ただ,コンパクトな設計のため取り回しは少し面倒。デフォルトのHDDホルダーの位置だとグラボと思い切り干渉するので,HDDホルダーを移動させる必要があります。どのみち,HDDホルダーを一度外さないとHDDが固定できないんですが,マザーボード側からの取り外しは不可能(グラボと干渉する位置なので)。

が,そこは巧妙な設計のこのケース。フロントパネルを外すと,前面からHDDホルダーが取り出せるので,無事にHDDの増設が完了。

シャドウベイのスペース的には,HDDホルダーさえ買ってくれば,HDDが増やせそうですが,マザーボードを幅の狭いタイプのものにしないと無理っぽい感じ。ま,HDDをたくさん積むつもりなら最初からミドルタワーにすればいい話だから,マイクロタワーに拡張性を求めても仕方ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC-A03B

最近見かけてちょっと気になっているのが,Lian LiのミニタワーのPC-A03B。マザーを倒立させて設置するタイプのケースで,ちょっと背が高い印象ですが,その分内蔵HDDが3台積めるようになっています。

HDDを搭載する向きも,通常の光学ドライブと同じ向きになるのではなく,光学ドライブと直交する向きなので,HDDの交換も容易なのが高ポイント。

でもって,気になるお値段もオールアルミ4kg弱の軽量ボディで$90弱(探せばもっと安いところがあるかも)。送料を入れると2万円近くなるんでしょうが,今のところ国内販売がないようなので,そこも高ポイント。

もっとも,当面マシンを組む予定がないので,半年くらい後にまだ売っていたら買い,という感じかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲの鬼太郎(1968) #19

で,第19話「吸血木」もざっと観てみたんですが,吸血鬼の出番はなし。ま,タイトルから予想はついてましたけど,一応「吸血」とあるもので。

ということで,当分第1シリーズには用がないことが確認できました。ま,もともと日本の妖怪の世界の話なので,西洋の吸血鬼はなかなか登場しにくいところですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Adobe Flash

Master Collection のうちのいくつかのソフトは宝の持ち腐れ状態だったりするんですが,最近ようやくFlashのアニメーションを試し始めました。ま,Premiere Pro,Illustrator,Photoshop,Indesign辺りが活用できれば,十分元がとれる計算なので,死蔵ソフトがあってもいいといえばいいんですが,もったいないといえばもったいない話。

で,図形の形が変わるシェイプ・トゥイーンを使うのに,参考書にあるような,○が□に変わるのは簡単にいくんですが,例えば,アルファベットのRのような形がMのような形に変わるものを設定しようとすると,シェイプ・トゥイーンが設定できません。

しばらく悩んで,位相幾何的に同相でないと変形してくれないことに気づきました。数学的な計算をしているはずだから,なるほどといえばなるほど,だったりして。

で,Flashで何をしたいかというと,吸血娘の牙が伸びるとか,百鬼帝国の娘の角が伸びるとか,そんなものを目指しているんですが,完成する日はいつのことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ms office 2008 for mac その2

せっかくなので,Mac用のWORDで契沖フォントを試してみたんですが…フォントリストには出ているのに選択しても実行されません。

Mac用WORDの問題なのか,フォントの問題なのか,はっきりしませんが,InDesignならちゃんと使えるところを見ると,Mac用WORD側の問題のような気がします。

ま,Mac用のWORDで契沖フォントを使う機会はあまりないと思いますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使のアッパーカット

ちょっと前からTBSチャンネルでかかっていて録画進行中なのが「天使のアッパーカット」。放送当時も観ていたはずなんですが,あまり印象に残ってなかったんですね。ひいきの徳丸純子嬢が出演していたというのに。

で,改めて観てみると,徳丸純子嬢の演技はいつも通りなんですが,役どころが柔道部員。華奢な彼女でこの設定にはちょっと無理があるような…。やっぱり,「やるっきゃないもん」とか「赤毛のアン子」のときのような,ちょっと影がキャラクターが似合っているんじゃないですかねぇ。「赤毛のアン子」では吸血鬼化するし(魔女のいけにえ,という設定ですが,見た目は吸血鬼)。

にしても「赤毛のアン子」も未DVD化なら,「やるっきゃないもん」もなかなかCSで放送してくれないですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人バロム1 #20

ちょっと前から東映チャンネルでバロム1がまたかかっているので,つい録画して名作第20話を楽しみました。何度観てもいいですねぇ。

牙の造型がもう一息,というか,この当時の東映作品としては標準的ですけど,それはさておき,サソリ人間のメイクがなんともなまめかしい。

そろそろHD画質でリマスターなんて,ちょっと期待したんですが,まだまだこの手の作品は,メジャーどころでないとHD化しないんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ms office 2008 for mac

Mac版のMS Officeはなぜか1年遅れのリリースですが,その分Win版にない機能があったりします。パワーポイントのスライドショーを動画に変換する機能もその1つで,これが使い物になるようなら,「PCのグラボからS端子でHDDレコーダに出力,録画したデータをLandeRDでPCに取り込み」なんて面倒な作業をしないで済むので,実はかなり期待してOffice2008を入手してみたんですが…単にスライドが数秒ずつ表示されるだけ,という代物でした。

文字が動いたり,図形が現れたり,というパワーポイントのアニメーション効果が動画に変換されないと意味ないんですけど。

ま,MacでもOfficeのデータが扱えると便利なので,これはこれでいいんですが,ちょっとがっかり。動画書き出しの設定画面を見ても,アニメーション効果を盛り込むような設定がなさそうなんですが,もしかして私が見つけられないだけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターボレンジャー #23

だいぶ前から東映チャンネルでかかっていて,とりあえず録画は続けているものの,ちっとも整理していなかったんですが,たまたま再生した第23話が割と面白い出来。

人間を幽霊に変えるモンスター登場で,幽霊化した人間のメイクがもう一息だったり,足がちゃんとついているのはご愛嬌。緑色の照明は幽霊ものの定番の画作りで,たまに幽霊化した娘のアップがあるのも嬉しいところ。

ところで,このシリーズ,未DVD化だったんですね。大抵この手のシリーズはDVD化されていると思ってましたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カクレンジャー #38

東映チャンネルでかかっている「忍者戦隊カクレンジャー」の第38話「モオ~ッ嫌な牛」が, 意外な当たり。ウシオニの銃弾で撃たれた人間がウシオニ人間と化す,という設定で,ウシオニ人間がちゃんと2本の角を生やすメイクなのが嬉しいところ。メイクはシンプル,牙はなし,という仕様ですが,角がきちんと造型されているがいいですね。

牛の角なので,額の両脇から2本。なので,百鬼帝国のような,額に1本の角をつける場合に比べて,角を固定する部分の剛性が稼ぎやすいのか,「陰陽師」のペラペラ感丸出しの角よりも遥かによく出来てます。

で,ウシオニ人間と化す女性が少ないのが惜しいところで,おまけに,メインで描かれるのが,2人の子供の母親,ということで若干お年を召していて,色っぽいウシオニ人間がいないのが残念だし,吸血鬼のように,ウシオニ人間が人間を襲って新たなウシオニ人間を作り出す設定でないのがもったいないんですが,この手の番組としては上出来の部類じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲの鬼太郎(1968) #15

第15話,第16話が「吸血鬼エリート」というタイトルなので,一応録画して観てみましたが,女吸血鬼は見当たらないし,吸血鬼の増殖も見当たりませんでした。

次は第19話「吸血木」,第52話「吸血妖怪団」辺りをチェックするだけして,やっぱり第2シリーズの方を待つしかないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MCP6PB-M2+

INWINのマイクロタワーケースで組んだマシンは,PCI-Eスロットが死んでいるだけでなく,他にも不具合を抱えている感じだし,このPCI-Eスロットの生死を確認するために中古グラボを仕入れたこともあって,ちゃんとグラボが使えるマザーがあれば,と思っていたところ,\5000の新品マザーが秋葉原に転がっていたので,ついつい買ってしまいました。

Phonem対応で今どきのマザーでありながら,モデル末期なのか,価格.comではヒットしないので,もしかするとすでに流通在庫のみなのかもしれませんが,お手軽に組むのにピッタリのマザーです。

何と言ってもコンパクトにまとめられたサイズが嬉しいところ。PCIスロットを1つに抑えて,メモリスロットも最初から2つと割り切っているため,通常のマイクロATXマザーよりも一回り小さいんですね。なので,これまたコンパクトな設計のINWINのケースの中でも余裕の取り回し。横が短いので,HDDと干渉しないし,縦も短いので,ケースのスイッチ類の配線も楽々。ということで,普通なら割と面倒なはずのマザー交換が,あっという間に完了しました。

SST-SG04Bで組んだときにこのマザーを使っていたら,もう少し組立が楽だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

snow leopard その3

で,ようやくインストールしてみました。

40分程度で終了で,ほとんど見た目は変わりませんが,言われているように,スピードアップしてキビキビ感はアップしてます。

一瞬とまどったのは,イラレ10を起動しようとしたとき。ネットにつないでRosettaをインストールしろというメッセージが出ました。10.5だと普通に使えてましたが,10.6ではデフォルトだと使えないということなんですね。それでも,10.6用のRosettaが用意されている辺り,抜かりがないというか,さすがAppleというか。

後は,いくつかのアプリが起動することを確認して,とりあえずインストールは終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

famous monsers jan.1973

前からオークションでときどき見かけて気になっていたのが,「famous monsters」の1973年1月号。blaculaの記事があるのと,表紙の女吸血鬼が誰なのかがポイント。

今回ようやくゲットできたんですが,「blacula」の記事はあまり長くなく,使われているスチーるもblacula様本人のものばかりで,黒人女吸血鬼のスチールは1点もないのが残念。ま,ゲットする前からこんなもんじゃないかとは思っていたんですけどね。

で,表紙の女吸血鬼は「guess what happened to count dracula」のもので,記事の方のスチールから判明。

Famous_monster








「guess what ~」もDVD化されていて,かなり前に輸入DVD屋で入手したんですが,あまり面白くなくてまだ記事にしてなかったような記憶が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bitten

ちょっと前にネットオークションで落札した「bitten」は,タイ産吸血鬼映画。

ジャケットの説明がタイ語でさっぱり,なんですが,英語字幕,英語音声が選択できるので,なんとか話が見えるかも,というところ。

で,問題は女吸血鬼がいるかどうか,なんですが,ジャケットの通り。女性が吸血鬼化して牙を剥き,太陽光で火傷をする,という,今どきにしてお約束を守った作りで交換が持てる作品。

amazonでの取り扱いがなく,PAL方式のリージョンコード3という仕様なので,入手もちょっと難しいかもしれませんし,入手した後も再生にコツがいるかも(といってもPCならどうにでもなるんですけど)。

Bitten

| | コメント (0) | トラックバック (0)

life room

「life room」は今年の6月にDVDがリリースされたゾンビもの。DVD-Rでの提供が原因なのか,オーダーからかなり時間が経って届きました。

ざっとサーチで観た感じでは,どうもゾンビがほとんどそれらしいメイクをしておらず,かなり低予算な趣き。英語字幕がついてますが,じっくり観る気にはならないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

blood ties season 2

「blood ties」のseason 2のDVDが来月上旬にリリース予定。黒人吸血娘が登場すると嬉しいんですが,果たして?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

snow leopard その2

もしかして,どこも品切れ?と思いつつ,都内の量販店であっけなくゲットできました。早速インストール,と行きたいところですが,いろいろあって,遊べるのは週末かも。

あ,amazonで買った方が安かったみたい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »