« ダンスインザヴァンパイアバンド その3 | トップページ | ダンスインザヴァンパイアバンド その4 »

IBANEZ SR605

SR706もいい楽器なんですが、そのネックの太さから、5弦frettedが気になるこの頃。海外モデルのSR705や、国内モデルのSR505も魅力的なんですが、どちらもSR706と同様、ボディがマホガニーなのでちょっと重さが気になるところ。

で、GWB1と同様のライトアッシュボディのSR605が軽そうで本命に浮上。なんですが、SR706や705と同様、海外モデルなので、入手先が問題。あと、2010年モデルは2009年モデルからマイチェンしてEQ-MIDのピーク切り替えスイッチつきに。SR706を買ったお店では、2010年モデルが入っていたようですけど…。

ま、SR706にもう少し馴染んでから、という気もするんですが、2009年モデルの605を狙うとなると、流通しているうちに、となるので、悩ましい日々が続きます。

そうそう、ライトアッシュボディというと、RG470AHという2010年海外モデルのギターもちょっと気になる存在。なんでこういう魅力的なモデルが国内投入されないんでしょうかねぇ。

|

« ダンスインザヴァンパイアバンド その3 | トップページ | ダンスインザヴァンパイアバンド その4 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/47605438

この記事へのトラックバック一覧です: IBANEZ SR605:

« ダンスインザヴァンパイアバンド その3 | トップページ | ダンスインザヴァンパイアバンド その4 »