« 激走戦隊カーレンジャー | トップページ | the undead express その2 »

hackintosh 完全裏マニュアル その2

レスキュー用のUSBメモリを作る記事の中に、

 記憶デバイスの場合、パッケージに書かれている数字と実際に書き込める容量にはかなり開きがあるので注意したい。

とあって、8GBのメモリをフォーマットすると約7.1GBと表示された、とあるんですが、これって、

 ハード的には、1kB = 1000B で計算、
 ソフト的には、1kB = 1024B で計算

という仕様だから、ハード的に8GBという容量があっても、これをソフト(OS)から見ると、

 (8×1000×1000×1000)÷(1024×1024×1024)=7.45GB

にしか見えないはず。ま、7.1だとちょっと少ない感じはします(300MBもどこに消えたんでしょうね)けど、自作PCを組み立てて、HDDを何度もフォーマットしていればいつも見慣れていることで、特に不思議な話ではないんですけどね。

とはいえ、amazonのiPodのレビューか何かで、8GBモデルなのに8GBなかった、と文句を言っていた人がいたのを見かけたことがあるので、意外と知られてないことなのかも。

因みに、手許にあった、2種類の8GBのフラッシュメモリ(A-DATA、Team)の容量を確認してみましたが、どちらもハード的に8GBちょっとで、ソフト的には7.5GBだったので、ちゃんと計算通り、という結果でした。

となると、気になるのが記事のUSBの消えた300MB。いくらフォーマット形式が違うといってもねぇ。

|

« 激走戦隊カーレンジャー | トップページ | the undead express その2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/48000085

この記事へのトラックバック一覧です: hackintosh 完全裏マニュアル その2:

« 激走戦隊カーレンジャー | トップページ | the undead express その2 »