« conspiracy of blood | トップページ | southern gothic »

彼岸島 第31巻

第30巻が出たきりずいぶんあいだが空いたので、すっかり忘れていたら、いつの間にか第31巻が出てました。

まり子の過去が語られますが、まり子の人間体の描写はないんですねぇ。ま、それほど入れ込むキャラクターじゃありませんが、なにせ本作品では珍しい女吸血鬼。アマルガムになる前の吸血鬼姿がちょっとくらい出てきてもよかったのにね。

にしても、相変わらず多量の返り血を浴び続ける明。どう考えてもとっくに吸血鬼化しているとしか思えません。本人に自覚症状がなく、外見的には全く人間と区別がつかない新種の吸血鬼、ってオチでどうでしょうか。

そうそう、この五重塔って広いんですねぇ。普通にイメージする塔の床面積では到底ありえないような…って、そういうツッコミは、本作品については無意味でしたね。

|

« conspiracy of blood | トップページ | southern gothic »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/48585140

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸島 第31巻:

« conspiracy of blood | トップページ | southern gothic »