« ウッドフロアケース | トップページ | 真ゲッターロボ »

kaspersky ルートキットスキャン

どうにも重くなってほとんどのアプリが使い物にならなくなる理由が、どうやら2010の ルートキットスキャン という代物の様子。しかも、これが起動が設定できず、勝手に起動してしまうのがやっかい。

ネットで検索してみると、困っているユーザーが多いにもかかわらず、kaspersky 側での対応はまだとられていない様子なので、手の出しようがありません。

ま、今どきのマシンならば軽い処理なのかもしれませんが、Pen4 3.2C には重荷らしく、それで今年になってからCPU温度が60℃を超えていたと納得した次第。それじゃ、CPUクーラーを換えた程度じゃ対応できないかも。

現状ではエアコンを入れて、サイドパネルを開けて、という対症療法で、もう少し強力なクーラーに交換するか、というところですが、ソケット478専用クーラー自体選択肢がほとんどない状態。海外ネットオークションならば、まだ選択肢が広がって、3.6GHz対応のものも見つかるんですが、重たいせいか送料がかさむのが購入に踏み切れない理由だったりします。

今のケースのままでエアフローを改善するか、CPUクーラーをパワーアップするか、別のケースに移植するか、メインマシンを別のマシンに交代するか、と、色々な選択肢があって悩ましい日々が続いてます。

|

« ウッドフロアケース | トップページ | 真ゲッターロボ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/48490899

この記事へのトラックバック一覧です: kaspersky ルートキットスキャン:

« ウッドフロアケース | トップページ | 真ゲッターロボ »