« Finnuala O'Shannon のスチール | トップページ | photoshop elements 8 »

OTEdit その2

Premiere Pro 2.0で使えないのが悔しいので考えたのが、とりあえずTrue Typeのままで、フォント情報を変更してやること。これもOTEditなら簡単にできてしまいます。True Typeのままでコピーした後OTEditで読み込み、フォント名などのフォント情報を変更して保存。できたフォントはアイコンがOpen Typeで中身がTrue Typeという怪しい代物なんですが、これをFontsフォルダに入れて再起動すると、あれほど頑固だったPremiere Pro 2.0ですんなり使えるようになってました。

フォント情報の何がひっかかってPremiere Pro 2.0で使えなかったのか、はっきりしませんが、とりあえず使えるようになったのでスッキリ。

あとはOTEdit購入の本来の趣旨である、オリジナルフォントの作成、なんですが、一体いつそんな時間がとれるやら…。

|

« Finnuala O'Shannon のスチール | トップページ | photoshop elements 8 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/49171730

この記事へのトラックバック一覧です: OTEdit その2:

« Finnuala O'Shannon のスチール | トップページ | photoshop elements 8 »