« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

Skype

ヘッドセットやウェブカメラ、マイクを装備したのは、今さらながらのSkypeデビューが目的だったんですが、使って見るとなかなか便利ですねぇ。

音質がどうかな、というところだったんですが、思ったよりもまともな印象。もっとも、とりあえずセットアップしたマシンは、オンボードサウンドの調子が悪いのか、昔からちょっとリバーブがかかる傾向があって、その点でちょっと聞き取りにくかったりしましたが、これは別のマシンに移行させることで解決できるはず。

まだ外出先用のヘッドセットの方は実際の会話に試してないんですけど、テストはまた追って。

にしても、時差14時間の海外とリアルタイムで会話できるという単純な事実に、結構驚いている自分がいたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ サントラCD

ということで、マーケットプレイスを使って早速入手。

やっぱり、このオーケストラサウンドはなかなかいいですねぇ。で、どこのオーケストラ?と思ってブックレットを見ると、何の表記もなし。ちょっとさびしい扱いですねぇ。

でも、フルオケのBGMは結構快調で気持ちいいです。しばらくリピートして聴いてしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真マジンガー

TV放送時にはいつも気がついたら始まっていて、ちゃんと観てなかったので、レンタル屋にあったのを幸い、借りてみました。 あ、第1話ってこういう展開だったんですね。

宮川彬良氏の音楽が結構気に入っていて、とりあえずサウンドトラックだけ買おうと思ったこともあったんですが、それもすっかり忘れてました。

本編をちゃんと再生して気に入ったら音楽集もお買い上げまたはレンタル、かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誤訳

ソースネクストの本格翻訳3に「鯖」を英訳させたら「the rust」と表示されました。それって「鯖」じゃなくて「錆」なんですけど。あ、こんなお茶目な翻訳をするから、現行バージョンは5なんでしょうかね。

そういえば、名古屋市のニュースで「話してみえた」という発言にそっくりそのまま「話してみえた」という字幕がついてましたが、それじゃ字幕をつける意味がないような気が…。なまじ標準語で「見えた」という言葉があるからそのままだったのかも知れませんが、広島のニュースで「これ、みやすい」という発言があったら、やはり「見やすい」という字幕がついてしまうんでしょうか。「みやすい」はともかく、名古屋弁の「(~して)みえる」というのは割と有名な印象なんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ

レンタルDVDで借りてきました。なるほど、この段階で石川賢タッチの画風でアニメになっていたんですね。

音楽がちゃんとこの手のジャンルのツボを押さえていて、ブラスをフィーチャーしているのが好印象です。

にしても、復活したゴールの円盤のデザインって、百鬼帝国似ですねぇ。ま、円盤のデザインなんて似たり寄ったりなのかもしれませんけど、やっぱり百鬼帝国をリメイクして欲しいところだったりして。

で、ネットで調べてみると、本作品の前に作られたのが「真ゲッターロボ地球最後の日」ということで、そっちも観てみたくなりましたが、残念ながらこのDVDを借りた店舗には見当たらなかったので、チェーン店を探してみることになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LCD-AD201XB

メイン(19インチスクエア2つ)で使っている液晶が、液晶のくせに焼きつきを起こしていたんですね。デジタル接続の方が目立ったのでそっちはすでに別の液晶と置き換え済みなんですが、アナログ接続の方もよく見たらしっかり焼きついていたのでどうしたものかと思っていたんですが、音楽系の処理専用PCに使っている19インチスクエアに置き換えて、音楽系の処理専用PCの液晶を今どきのお手軽な液晶にしようと思い立った次第。音楽系、といってもカセットテープをデジタル化しているだけなんですけど。

で、液晶今どき液晶ディスプレイはすっかりワイド一色で、スクエアも売られていることは売られているんですが、数が出ていないせいか、なんだか割高な印象。おまけにハイビジョンを謳う製品が多いので、24インチ、26インチ、27インチはもちろん、22インチも1920×1080の解像度が主流(以前、このサイズはもっと解像度が低かったんですけど)。物理的に小さい画面でわざわざフルスペックハイビジョンの解像度にしなくても、と思うんですけど、20インチワイド、19インチワイド辺りならその下の1600×900なので、このくらいがちょうど良さそう(1360×768でもいいんだけどね)。ワイドの方が、波形の範囲指定で有利かな、という気もするし。

ということで、いろいろ迷ってチョイスしたのがIO-DATAのLCD-AD201XBというモデル。


幅がちょっと心配だったんですが、19インチスクエア液晶が収まっていたスペースにぴったり収まり、両サイドのPCを移動させずに済みました。

Io_data_lcd_ad201xb_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

hellsing OVA その2

運良く第V巻~第VII巻が借りられました。で、再生してみたんですが、第VII巻ってまだセラスがゾーリン嬢を倒したところじゃないですか。第VII巻の発売は2009年12月だから、ずいぶん時間が経っていますが、まだ第VIII巻が出てないということなんですね。

このシリーズって、単行本と同様、なかなか続きが出ないんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MM-BTMH16 BK

MacBookやUL20Aなど、Bluetooth対応機を持っていながら、これまでBluetooth機器に全く興味がなかったんですが、ちょっとビデオチャットに興味が湧いてBluetoothヘッドセットを試してみることにしました。

有線のビデオチャットはだいぶ前に試したことがあるので、だったら無線で、というだけの話なんですが、UL20Aに認識させるところまででとりあえず終了。PCのビープ音はしっかり聞こえているので、後はマイクで拾った音(自分の声)がPCにちゃんと送信されているかどうか、なんですが、これは実際に通話で試してみることに。

にしても、今どきのiPhoneなんかもそうですが、口の近くにマイクがなくてもちゃんと音を拾う構造になっているんですね。今回チョイスしたヘッドセットも本体はすごく短いので、マイクは口からかなり離れているんですけど。有線のヘッドセットが、普通のヘッドフォンに口まで近づくマイクがついている格好だったのと比べると、ずいぶん進化した印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲの鬼太郎 第4シリーズ 第9話

もしや第4シリーズにも「まぼろしの汽車」のリメイクがあるのでは?と思って探したら、第9話「爆走!鬼太郎機関車」がそれでした。

吸血鬼ピーが登場して、ねずみ男、鬼太郎が吸血鬼化するのは第2シリーズ、第3シリーズと同じですが、今回は「まぼろしの汽車」の出番はなく、吸血鬼化しても土に毒素が吸収されて元に戻るという設定なんですね。でもって、今回吸血鬼化するのが過疎化した老人ばかりの村(第2、第3シリーズも似たようなものですけど)なので、老婆を除くと女吸血鬼はピーの相方だけ、というサービスの悪さ。

にしても、TVシリーズ以外に「まぼろしの汽車」の話をレンタルビデオで観た記憶があるんですが、劇場版だったんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBookAir 11"

あ、ついに出ちゃいましたか。11インチなら体重1kg、13インチモデルでも体重1.3kg。もう少し早く出てればUL20Aにしなかったかも、という感じ。

11インチならネットブックサイズでネットブックよりパワフルだし、値段もMac品質を考えればかなり頑張っている印象で、もう相当に魅力的。性能的にはUL20A以上だしね。

気になるのは完全に無線LAN仕様なので、有線LANポートが見当たらないのと、メモリの増設がお手軽なのかどうか。アップルストアでカスタマイズすると、それなりのお値段になってしまうので、メモリが後から増設できるかどうかは大きいところ。有線もいざというときのために残しておいて欲しいところですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCの故障 その2

てっきりHDDが逝ってしまったのかと思ったんですが、後日電源を入れてみたら問題なく起動。とりあえず、デフラグとかレジストリのクリーニングとかチェックディスクとか思いつく限りのメンテナンスをして、しばらく様子を見ることに。

ま、システムが本当に危ないようなら、OSを入れ直すことを考えて、起動するうちにOSのプロダクトキーを控えておいた方がいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

hellsing OVA

これも機会があればそのうち、と思っていた「hellsing ova」。貸し出し中のことが多かったんですが、ようやくI巻~IV巻が借りられました。

お、第I巻の出だしからして原作をうまく再構成してありますねぇ。第IV巻ではTV版に出なかったリップヴァーンもキュートに登場するし。

ということで、当面の問題はV巻~VII巻がいつ借りられるか、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーBLACK RX DVD

そのうち東映チャンネルでかかるかも、とは思いつつ、レンタルDVDがあったのでこれまた借りて画質のチェック。

第24話だけでも高画質なら言うことなし、なんですが、これまたジャイアントロボと同様の画質でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイアントロボ DVD

鬼太郎をレンタルするついでにジャイアントロボのDVDも借りてみました。気になるのは画質だけで、第25話「宇宙吸血鬼」がどれだけ鮮明が映像で観られるかどうかだけが興味の対象。

が、期待の画質はそれほどでもなく、東映チャンネルとさほど変わらない印象。「サンゲリア」のDVDくらい、LDからの飛躍的な画質向上を期待していたんですが、マスタリングにコストがかかってないんでしょうか。

もっとも、レンタルDVDは全4巻で、セルDVDの全2巻とは構成が違いますから、セルDVDの方は高画質なのかも、という想像もできますが、セルDVDを構成しなおしたのがレンタルDVDだろうという想像もできて、セルDVDに手を出す気にはならなかったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲの鬼太郎 第3シリーズ 第61話

ということで、第3シリーズの「まぼろしの汽車」をレンタルしてみました。見た記憶があるようなないような…。

第2シリーズでは目玉おやじがまぼろしの汽車を出動させる件りがなく、このリメイク版ではそれが追加されていたりするんですが、それはさておき、吸血鬼が増殖していく過程は第2シリーズよりも丁寧に描かれていて好感が持てます。といっても、女吸血鬼がほとんどいないのと、吸血鬼ピーの相方のモンローが牙を剥かないのは、第2シリーズと同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCの故障

ちょっと前までULEAD DVD MOVIE WRITER 4専用マシンで、アンチウイルスの関係でその役割をPen4 3.0Cマシンに譲り、DVD-RやCD-Rの複製にその用途を変えていた、Athlon 64X2 5400+マシンなんですが、何の前触れもなく、突如起動できなくなりました。前日まで普通に動いていたのに、というのがPCの故障ですけどね。

起動画面がきちんと描画できておらず、ちゃんと起動しなかった場合のブルースクリーンの文字もぐちゃぐちゃで、前回の通常起動を選んでも再起動の無限ループに。

安物のマザーが逝ってしまったのか、HDDの方なのか、切り分けがちょっと面倒(起動画面まで行くということは、マザーじゃなくて、HDDの方が怪しいですけどね)。ま、データ用のHDDは起動ディスクとは別ドライブで、おそらくそっちは問題ないと勝手に期待しているので、映像データなどはHDDそのものを別のマシンに移動させればいいはずなんですが、HDD用のベイに余裕のあるマシンがあるかどうかが問題だったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30 days of night : dark days

今回はvampire queenの登場!ということで、黒目にギザギザ牙という、ちょっと個性的な吸血鬼メイクは措いておいて、ちょっぴり期待の新作。

前回の吸血鬼の襲撃で夫Ebenを失った女性Stellaがヒロイン。吸血鬼ハンターの仲間になって吸血鬼狩りに参加するんですが、ハンターの1人の黒人男性が途中吸血鬼に咬まれて吸血鬼化(黒人男性じゃなく黒人女性だったらよかったのに)。で、これって地下道での攻防戦での出来事なんですが、このシーン、結構女吸血鬼のアップがあってかなり嬉しい映像だったりします。ま、相変わらず動きの速い画面は見ていてちょっと疲れるんですけどね。

捉えた吸血鬼を拷問(紫外線照射!)にかけてvampire queenの居場所を吐かせようとしたり、吸血鬼になりながら人間の理性を失わずにハンターに協力するキャラがいたり、と仕掛けも色々。vampire queenの退治のされ方もちょっといい感じ。

惜しいのは、黒人吸血男が何人も出てくるのに、黒人吸血女が皆無なこと。1人くらいセクシーな黒人吸血娘がいてもよかったのにね。

で、ラストのオチがまた秀逸!吸血鬼が灰から復活するネタがうまく現代風にアレンジされてます(本作は灰じゃないけどね)。このパターンはしばらく見かけてないので、これだけでこのシリーズに対する評価が変わりました。

ということで、この作品特有の吸血鬼メイクは好みの分かれるところでしょうが、このメイクが嫌いでなければ、作品の出来自体は前作よりも上だと思いますから、マストバイの1枚でしょう。

にしても、字幕が
 英語、仏語、西語、中国語(広東語)、韓国語
という5カ国仕様なんですが、中国語、韓国語というアジア圏の言語を入れるんなら、ついでに日本語も入れてくれれば、と思ってしまいます。やっぱり、日本語字幕作成って面倒なんですかねぇ。

特典は制作者のコメンタリー、メイキング(スタッフ、キャストのインタビューつき)、予告編といったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーレンジャー #47&#48

いやぁ、なかなか力の入ったラストですねぇ。すっかり楽しませてもらいました。

といっても、面白さに気づいてなるべく見るようにしたのは20話辺りからで、最初の方は実はちゃんと観てなかったり。ゆっくり観ている時間が欲しいところです。

後番組の「メガレンジャー」や、「ジェットマン」の後の「ジュウレンジャー」もとりあえず録画、ですかねぇ。特に「ジュウレンジャー」の第10話のタイトル「パパは吸血鬼!?」というのが気になる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲの鬼太郎 第5シリーズ 第43話

ということで、第5シリーズも借りて来ましたが、あ、これの主題歌が泉谷しげる版な訳ですね。TVサイズのオープニングはCDシングルとアレンジがちょっと違うんですねぇ。

で、このエピソード、吸血鬼とは言っているものの、普通の吸血鬼ではなく、人間の精気を吸い取って人形に変えて操る、という設定なので、吸血鬼に牙が生えて増殖という、おいしいパターンは全くなし。奥さんのモンローは第2シリーズよりもはじけたキャラクターになっていて、牙もあるのでそこだけが救いって感じ。

そういえば、第3シリーズにも「まぼろしの汽車」のリメイクがあることに気づいたんですが、すでに東映チャンネルでの放送は終わってました。昔レンタルビデオで観たような気もするんですが、レンタルDVDで確認してみますかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲの鬼太郎 第2シリーズ #25

レンタルDVDで借りて来たのは、ゲゲゲの鬼太郎第2シリーズの第25話「まぼろしの汽車」。

東映チャンネルの第1シリーズの後番組が第2シリーズをすっ飛ばして第3シリーズだったので、待っていればいずれかかるにしても当分先だろう、ということで。

で、吸血鬼が増殖するには増殖するんですが、男ばかり(静止画でちらっと女吸血鬼がいますけど)。吸血鬼ピーの奥さんも牙を剥かないしね。

ということで、本放送で見た記憶を辿っただけで終わり、だったんですが、第5シリーズの予告がおまけについていて、そこにはずいぶん今風のタッチのピーと奥さんが。ということで、続けて、第5シリーズをレンタルすることに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンタルDVD その2

ネット申し込みのDVDレンタルを検討していたんですけど、いつの間にか、駅をはさんで反対側にTSUTAYAができてました。

ということで、さっそくレンタル登録してレンタル開始。今日まで7泊8日100円ということで、まとまったシリーズを借りたところだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーV3 #7

東映チャンネルの「仮面ライダー」の後番組は「仮面ライダーV3」。で、録画進行中だったりしますが、第8話に登場のノコギリトカゲは女性怪人。前編の第7話では人間体での登場だけ、なんですが、この第7話が何とも不思議な展開。

人工心臓手術で死体を蘇生させる実験に立会い、成功を見届けるとなぜか研究所を破壊。蘇生した死体がナイフアルマジロに改造されるんですが、なぜわざわざ研究所を破壊したんだか。おまけに、実験を担当した教授は脱出した後、靴磨きをやっているところをナイフアルマジロに狙われますが、だったら手術に成功した段階で研究所を壊さずに乗っ取ってしまえばよかったような気が…。

恐ろしく理不尽な展開の前後編なんですが、女性怪人というのがちょっと嬉しいところ。ほとんど記憶になかったので、本放送で見た切りだったか、本放送でも見逃したのか、どっちなんだか。

個人的にはナイフアルマジロとノコギリトカゲの立場が逆で、蘇生実験に改造されるのが女性だったら良かったのにね。改造シーンつきで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大魔神カノン その2

ちょっと前まで東映チャンネルでは「大魔神カノン」の予告がかかっていて、主題歌の一部がそのBGMに使われていたんですが、そのアレンジに「Pachelbelのcanon」のメロディーをあしらってあって、「なぜこの曲?」と思ったんですが、主人公の名前がカノンで、カノンつながり、というわかり易い話だったんですね。

本編のBGMにもカノン形式で書かれた曲があったりするんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大魔神カノン

東映チャンネルの「赤影」の後番組は、ぐっと時代が下って「大魔神カノン」。作品の名前は知っていて、観ようと思っているうちに終わっていたので、ちょっと嬉しいハプニング。

第1話のオープニングだけ再生したみたんですが、音楽はカーレンジャーの佐橋俊彦さんじゃないですか。

といいつつ、じっくり観ている時間があるんだかないんだか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レンタルDVD

近所にレンタルビデオ屋を見かけなくなって、というか、あったのが潰れて、当分レンタルビデオを利用してません。ま、今ならレンタルDVD、ということになるんですが、吸血鬼もののDVDは手許に置いておきたいし、一刻も早く観たいので、海外盤の購入がメインである一方、その他のものはケーブルテレビ頼み。ケーブルテレビでかかっていないものが観られない、というのはちょっと不便なのでレンタルDVDも検討、と思っているところに、ネット申し込みレンタルDVDの無料キャンペーンのDMが。

とりあえず、現状の選択肢としては、
 DMM、TSUTAYA、ぽすれん
の3つで、どれも条件が似たようなものなので、決めかねている状態だったりします。当面、ケーブルテレビでかかっていない作品で、ちょっと観たいものがあるので、近いうちにこの3つのどれかに決めてしまうんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーレンジャー #45&#46

第45話は、なかなか泣かせる話ですが、ギャグも素敵。ゾンネット嬢はお姫様スタイルも似合いますねぇ。

で、第46話はノリシロン・ファイナルのデザインが何ともイケてます。胸の「最終」の文字が効いてますね。VRVロボとの戦闘シーンの演出も10年前にしてはかなり頑張っている感じだし。

これで残りがたったの2話というのも、ちょっとさびしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Billy Sheehan

意外な日本語字幕といえば、Billy Sheehanの教則DVD。このベーシストの名前はあちこちで聞くんですが、肝心の演奏を聴いたことがなかったので教則DVDを買ってみることに。

例によって海外版をチョイス。この手の教則DVDは普通字幕なんて入っておらず、頑張って英語を聞き取るしかないんですが、予め日本国内販売を視野に入れて作られたのか、日本語字幕つき仕様なんですね。

あ、advanced bassの値段がbasic bassの値段より高いのは教則本つきの値段だから。advanced bassの方はこの教則本つきをチョイスしたんですが、かなり薄いのが惜しいところ。ま、映像で十分語っているので要約だと思えばいいような気も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jhelisa

ちょっと前にDVD目当てに買ったCDがJhelisaの「primitive guide to being there」。

最近の彼女は新しいアルバムが出ていないのか、このCDもamazonでの新品流通がなさそうで、このCDもマーケットプレイスで入手。

CDのサウンドは今どきのアルバムにしては生楽器が多くて嬉しい感じ。ま、10年くらい前に来日コンサートに行ったときも生楽器中心の構成でしたけどね。

で、DVDは「one week with Jhelisa」というタイトルで、インタビューを中心にレコーディング風景などが50分強収録されている力作。CDのおまけとは思えない出来の映像なんですが、びっくりしたのが字幕。なんと日本語字幕がついているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダースーパー1 #31

なかなか録画したデータを整理できない状態なんですが、何の気なしに再生した第31話「人間を吸いこむ! スプレー怪人の恐怖」は、怪人のスプレーに吸い込まれた人間が、数時間後にジンドグマに生まれ変わる、という話で、生まれ変わった人間は、ちょっと顔色が悪く、目尻を吊り上げた、吸血鬼風メイク。

怪人のスプレーというのが、安売りのヘア・スプレーだったので、このメイクをした女性が多いのがちょっと嬉しい設定だったりします。これで牙があれば傑作だったんですけどね。

にしても、タイトルから全く想像できない展開なので、他のエピソードも再生したいんですが、なかなか時間がね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC 901-X 引退モード その3

インストールしてアップデートしてみたところ、起動直後の動きが明らかに軽いですね。kasperskyだと、OSを起動してから当分kasperskyが起動していて、その間他の動作は一切受け付けません、って感じでしたから、Atomに対しては相当負荷がかかっていたということなんでしょう。CドライブもDドライブも32GBで余裕はあるし、メモリも2GBに増量しているので、あれだけ動作が重いというのはAtomに対して相対的にKasperskyが重い、としか考えられません。

ということで、久し振りに購入直後くらいの軽快感を取り戻した感じ。これなら、ベッドサイドに置いておいて、ちょっと思いついたときにネットで調べもの、といった使い方で活用できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

supernatural season 3 #7

「suprenatural season3」に吸血鬼話があるとの情報を得て、DVD-BOXを入手。吸血鬼ハンターのゴードンが吸血鬼化する、ということまではわかっていて、男じゃねぇ、という部分もあったんですが、女吸血鬼に期待して、ということで。

でもって、そのエピソードは第7話「fresh blood」。冒頭でちゃんと女吸血鬼が登場して牙を剥くので、期待通り。できれば、今度こそ黒人娘を吸血鬼化して欲しかったところなんですけどね。

ということで、私は例によって海外盤を入手しました(英語字幕つき)が、国内版のDVD-BOXが出ているだけでなく、近々このエピソードを収めた廉価版が登場するようなので、未見の場合はそれを待つ手もあり、でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »