« ブラッディ・ボディ | トップページ | Ibanez AG86TRD その5 »

Elite 334 その2

で,電源以外の旧PCの中身を移植しようとして新たな問題に直面。さすがに20Pマザー対応ではあるんですが,電源ラインの種類が微妙に違うので,このままで移植不能。何が足りないかというと,フロッピードライブレスが普通になったせいで,小メスのラインがないんですね。

旧PCの移植なので,フロッピードライブはもちろん,AGPスロットのグラボの電力供給も小メス。

もちろん,電源ごと移植してしまえば問題ないんですが,HDDを1個追加する以上,電源容量は多いに越したことはない訳で…。

ということで,アイネックスの変換ケーブルで対応。

 1. シリアルATAメスから電源大オス2へ変換
 2. 電源大メスから電源大小各1へ変換

1. を1つ,2を2つ取り揃えて,過不足なく電力供給が可能に。

そうそう,旧PCのマザーはPen4 3.0C時代のものなので,内部シリアルATAポートが2つしかなくて,すでに両方とも使用済み。ということで,追加するHDDをどうやって接続するか,という問題もあったんですが,これはPCIスロット用の拡張カードで対応しました。

|

« ブラッディ・ボディ | トップページ | Ibanez AG86TRD その5 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/50607306

この記事へのトラックバック一覧です: Elite 334 その2:

« ブラッディ・ボディ | トップページ | Ibanez AG86TRD その5 »