« Ibanez AG86TRD | トップページ | Ibanez AG86TRD その3 »

Ibanez AG86TRD その2

無事に落札できたものの,ネットで検索してみると,セカイモンで「輸入禁止製品のおそれがあります」メッセージのついたギターを落札して,ちゃんと税関を通るかどうか心配している人が少なくないようす。それでも,「たぶん大丈夫じゃない?」とセカイモンの北米拠点(L.A.流通センター)に商品が届いて検品が済むのを待っていたら,やはりというか意外なことにというか「このままでは成田を通関しません」という連絡が。

で,セカイモン担当者によると,ギターに使用されている木材が,輸入禁止対象でないという証明があれば通関可能ということで,メーカーのホームページの記載や,メーカーの担当者からのメールでも大丈夫な場合がある,とのこと。ただし,このギターについては2006年の海外モデルなので国内外のホームページを探してみましたが,
 Mahogany,Rosewood
以上の詳しい情報は得られません。

なので,Ibanezの国内ホームページから問い合わせてみましたが「使用木材についての情報公開はしていません」というつれない返事。となると,北米のIbanezのホームページから問い合わせ,と考えたんですが,国内ユーザーからの問い合わせにしか対応していないということで,海外からのアクセスでは問い合わせを受け付けてくれません。

ということで,他のメーカーだと使用木材についての情報提供があるのかもしれませんが,とりあえずIbanezについては望み薄というのが実情みたい。

|

« Ibanez AG86TRD | トップページ | Ibanez AG86TRD その3 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/50551275

この記事へのトラックバック一覧です: Ibanez AG86TRD その2:

« Ibanez AG86TRD | トップページ | Ibanez AG86TRD その3 »