« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

BUFFALO IFC-ILP4

miniDVテープ使用のデジタルビデオカメラ(SD画質)という,今となっては骨董品(4年前に買ったんですけどね)から映像をPCに取り込むのに必須なのが,IEEE1394ポートなんですが,安物マザーで組み立てることが多いので,うちのPCのIEEE1394は大抵PCIスロットに拡張カードを取り付けたもの。

で,取り込み専用に使っていたPCの調子がもうひとつ,ということが多いので,別のPCでも取り込みができるように,と思ったら,やっぱりIEEE1394ポートがないので拡張カードのお世話になることに。

とりあえずamazonで手軽に入手できるもので,と今回選んだのがBUFFALOのIFC-ILP4というカード。さっそく取り付けて動作確認してみましたが問題なし。

とはいえ,今後デジタルビデオを購入するときはハイビジョンでメディアはSDHCというモデルになるでしょうから,IEEE1394ポートというのも今後どれだけ役に立つんだか,という微妙な時期なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その26

ようやくAspecの耐久レースを始めたんですが,GT3の頃と違って,やっぱり疲れますねぇ。今より若かったというのもありますが,GT3の耐久はプレゼントカーが楽しみでしたから。今回はプレゼントカーがもうひとつ魅力に欠けるというか,プレゼントカーを貰っても高く売れないとか,プレゼントカーが1回しか貰えないとか,ま,ゲーム性を高めるための変更なんでしょうが,レースの目的性が下がっている気がしなくもなかったり。

GT3のときのF1マシンって,結構マニアックなところを突いていたのに,その後引っ込めたのは権利関係の問題なんでしょうか。今回フェラーリのF1マシンを登場させたんだから,ついでに古今東西のF1マシンを揃えても面白いと思うんですけどね。6輪タイレルとか,ブラバムのファンカーとか。

あと,ストラトスが入っているのに登場する気配のないのがグループ5仕様のストラトス・ターボ。ラリー仕様もいいんですけど,独特のブリフェンが魅力的なストラトス・ターボも登場させて欲しいところ。スカイラインのシルエットフォーミュラが登場した頃からずっと期待しているんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4GB SODIMM

DDR3メモリがずいぶん安くなっていることは知っていたんですが,DDR2しかもノート用のSODIMMが安くなっていたとは知りませんでした。

UL20Aの公式最大メモリ搭載量は4GBですが,8GBが搭載可能という情報もあって,チャンスがあればとは思っていたんですが,HYNIX製の4GBメモリ,この値段なら高いときの約半分。


もっとも,それほど高スペックのマシンではないので,4GBで十分という判断もあって,8GB搭載にチャレンジするかどうかは微妙なところ。おまけに,このメモリだと単品買いなので,デュアルチャンネル動作も搭載してみないとわからないですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘッドフォンスタンド

スカイプを始めて以来,ヘッドセットの置き場に困っていたんですが,ようやくヘッドフォンスタンドというものを発見してオーダー。いくつか選択肢があったんですが,とりあえずお試しということで一番安いものをチョイス。


問題はうちのヘッドセットに合うかどうか,だったんですが,もう少し高さがあった方がいいものの,悪くはない感じですね。

Headphonestand

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その25

で,その Schwarzwald リーグB でA Spec の経験値&賞金稼ぎ中なんですが,どこまで遅い車で勝てるかを試していたりします。

8分を切るくらいが優勝タイムで2リッター以上の排気量ならチューン次第でどうにでも,という感じなんですが,1.6リッターのルポ・カップカーだとフルチューンでも200馬力なので,他車のラインナップにもよりますが,2位に入るのがやっと。スタートでどれだけ綺麗に抜けるかがタイム短縮の鍵なんですが,周りがハイパワー車ばかりなので,なかなか手間どるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その24

Bspecはめでたくレベル40に到達したんですが,ヒストリック・レーシングカー・カップのモナコで勝てないまま。どのドライバーも途中でスピンしたりクラッシュしたりで,銅メダルが最高位。

で,Aspecの方は,というと,ようやくレベル25で,耐久レースが出現したところ。

ところで,ドイツ車限定の

 シュワルツ・ヴァルド・リーグ

って,ドイツ語の

 Schwarzwald (シュヴァルツ・ヴァルト)

のことなんでしょうが,少なくともドイツ語読みではないし,英語っぽく読むなら

 シュウォーズ・ウォールド

くらいでしょうから,何語読みなんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

goth vampire nation

よく調べないで注文してしまった「goth vampire nation」ですが,映画ではなくドキュメントでした。ま,60分という長さで怪しいと思うべきだったのかもしれませんけどね。で,ジャケットをよく見たら,一番下に

 the ultimate gothic documentary

と書いてあることを発見。がくっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Elite 334 その5

さっそく1200回転のファンに交換したところ,ずいぶん静かになりました。これなら動作していても気づかないかも。さすが静音モデル,というところ。

ま,LANDE-RDでファイルをまとめてコピーするのは夜中にほったらかし,ということが多いので,多少やかましくても問題なかったんですが,DVD MOVIE WRITERで編集するときにあまりやかましいのも,ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Elite 334 その4

ディンプル加工のファンがノイジーだと思って品番を確認したら,2000回転の高速回転モデル(CFZ-120R)。ディンプル加工で音が静か,なんて謳っているから,だったら風量が多いものを,という判断でチョイスしたような記憶がよみがえりました。

やっぱり,2000回転だといくらディンプル加工による効果があってもちょっとやかましいよね,ということで,1200回転の静音ファンをチョイス。これならいくらなんでも耳につくほどのノイズにはならないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

monster squad Blu-ray

せっかくBlu-rayドライブを装備したので,初Blu-rayに選んだのがかの名作「monster squad」。内容は何度も鑑賞したものなので,気になるのは画質。DVDだとちょっと粗い画面で表情がもうひとつはっきりしなかった3人の吸血花嫁がどんな画質になっているかが問題。

で,再生してみましたが,DVDに比べて多少すっきりした感じはしますが,フィルムの粒状感は残っていて,これは鮮やか!という程ではなかったりして。ま,再生しているのがPCモニター(26インチ)で,大画面で比較している訳じゃないですし,もとの映画の制作年代を考えるとこんなものなのかも。

それでも,冒頭の女吸血鬼や,かどわかされて吸血鬼化する3人の花嫁という,本作のおいしいポイントは何度見ても嬉しくなってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Elite 334 その3

ということで,HDDも4つ押し込んで目的のケース交換は無事終了。SATAボードもちゃんと動いてます。

唯一計算外だったのがパワースイッチで,ここはちょっとチャチな印象。ま,この価格帯のケースならこんなものでしょうけど,CoolerMasterのケースはスイッチ類が値段の割りにしっかりしている印象だったので,その分マイナスに受け取りがちなのかも。

フロントメッシュの裏側にスポンジ(防塵フィルタ)がついているのも細かい気配り。もっともフロントメッシュなせいで,フロントファンの風切音が丸聞こえなのはご愛嬌。ディンプル加工の12cmファンは,サイドではなくフロントに使ってもやっぱりノイジーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その23

今回は速い車が軒並み値上げされていて,しかも買ってみて意外に遅くても売却できない,という変更によって,GT4までのように割と早い段階で欲しいラリーカーが入手できる,ということがないんですね。

で,ようやくパジェロラリーレイドカー2種をゲットして思い出したのが,パリダカのパジェロといえばタミヤからプラモデルが出ていた頃のパジェロ。この時期のパジェロも登場させて欲しいところ。

残る未入手の三菱ラリーカーは,ランエボスーパーラリーカー,スタリオン4WDの2種。GT4だとディーラーでも結構入手できたのが,今回ディーラーで入手できる車が絞り込まれているので,中古で巡り会うのをひたすら待つしかないのが辛いところ。

これで,ギャランVR4ラリーとスタリオン・ラリー(リトラクタブルヘッドライト)辺りも追加してくれればいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その22

ランエボ6トミマキの解説が,どう読んでもランエボ4の解説。ローマ数字のIVとVIが似ているから間違えた,という単純なミスなんでしょうけど,ランエボ6トミマキのオーナーならずともオンラインのバージョンアップで直して欲しいところです。

そういえば,レグナムのトリガーモーブも,どう見てもトリガーモーブじゃなく青なんですが,こういうのもオンラインのバージョンアップで直らないですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ibanez AG86TRD その5

でもって,ようやく手許に届いたのは年明け。北米での転送運賃は想定の範囲内でしたが,想定の範囲外だったのが,新しい輸入代行業者の輸送費で$200也。これまで北米から輸入した
 SR706,SR605,RG420CM,AGS83BBG
の輸送費はいずれも$100前後。$200の中には国内輸送費込みでしかも厳重な梱包,ということなんですが,ちょっと割高かも。ま,輸送費は楽器店によりけり,なところがあって,$100前後で発送してくれるところもあれば,$150とか$200とかかかるところもあるので,一概に高いということではないんですけどね。

それはともかく,手許に届いてようやく安心のAG86TRDです。美しい!

Ag86trd_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Elite 334 その2

で,電源以外の旧PCの中身を移植しようとして新たな問題に直面。さすがに20Pマザー対応ではあるんですが,電源ラインの種類が微妙に違うので,このままで移植不能。何が足りないかというと,フロッピードライブレスが普通になったせいで,小メスのラインがないんですね。

旧PCの移植なので,フロッピードライブはもちろん,AGPスロットのグラボの電力供給も小メス。

もちろん,電源ごと移植してしまえば問題ないんですが,HDDを1個追加する以上,電源容量は多いに越したことはない訳で…。

ということで,アイネックスの変換ケーブルで対応。

 1. シリアルATAメスから電源大オス2へ変換
 2. 電源大メスから電源大小各1へ変換

1. を1つ,2を2つ取り揃えて,過不足なく電力供給が可能に。

そうそう,旧PCのマザーはPen4 3.0C時代のものなので,内部シリアルATAポートが2つしかなくて,すでに両方とも使用済み。ということで,追加するHDDをどうやって接続するか,という問題もあったんですが,これはPCIスロット用の拡張カードで対応しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラッディ・ボディ

レンタル屋で見かけて借りた「ブラッディ・ボディ」(原題「raven」)は,意外にまともな吸血鬼物でした。

吸血鬼ハンターが,吸血鬼化した恋人と対決する話なんですが,ちゃんと牙があるし,吸血鬼も増殖するし,杭で退治されるし,と基本がちゃんと押さえられているので安心して観ていられます。

惜しいのは吸血鬼化する女性が,ハンターの元恋人ともう1人(元恋人が冒頭で噛み付いた男の別れた妻)の2人だけ,という点。女性が噛み付かれるカットは結構あるんですけどね。それでも,クライマックスのハンターと元恋人の対決は,吸血鬼化した彼女がハンターを誘って噛み付こうとすると…というお約束の展開な上に,彼女を日光で退治したハンターが去っていくカットの後に,思わずにやりとするカットが入ってエンドロールという何とも嬉しい演出。

このところ不作が多い吸血鬼物の中で,ちょっとした当たりの1本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ibanez AG86TRD その4

となると,楽器屋の手が空くまで待つにしてもどこかで預かってもらう必要がある訳で,仮にそんな場所が見つかったとしても,そこに一度転送して,そこからまた楽器屋に転送するので輸送費だけでも二度手間。

で,北米の楽器屋は諦めて,国内の楽器屋にメールを送ってみたんですが,なかなかこういった個人レベルの輸入に対応しているところがなく…。

ということで,結構手詰まりになったところで,ネットを検索したところ,海外ネットオークションなどで楽器を代行落札する会社を見つけて相談したところ,なんとかなりそうとの事。

ようやく転送先が見つかって,代行会社の北米拠点に転送されたんですが,結局セカイモンのL.A.サービスセンターからの送料やセカイモンの手数料分が余計にかかった計算。最初からこの会社に頼んでいれば必要なかった経費ですからね。ま,セカイモンから成田を通関できるように送れなかったのが原因で,Ibanezが輸入可能な木材である証明を出してくれていれば済んだ話なんですけどね。こちらも事前の調査不足でしたけど,もう少しサービスが良くてもいいんじゃない,とも思ったりして。

セカイモンも入札前に通関可能かどうか調べてくれるようなんですが,それを待っているうちに入札期限が終わってしまうタイミングでしたから,とりあえず落札してから考えよう,と思ったのも高くついた原因です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Ibanez AG86TRD その3

セカイモンに証明書が提出できないとなると,次に考えられる手は,過去にIbanezのギターを購入した楽器屋経由での輸入。セカイモンのL.A.物流センターでしばらくは預かってもらえるので,その間に心当たりの楽器屋にメールで問い合わせ。

一応,単にギターを転送するので成田を通関できる状態にして送ってくれ,ではあんまりなので,何か買い物をするのでそれと一緒に転送するギターを送ってもらえないか,という趣旨のメールを書いたんですけど,色よい返事はありませんでした。というか,ほとんど返答なし。

返事をくれた楽器屋も,年末で忙しい時期なので無理だし,今どき輸入禁止の木材を使っているギターはないよ,ということでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ibanez AG86TRD その2

無事に落札できたものの,ネットで検索してみると,セカイモンで「輸入禁止製品のおそれがあります」メッセージのついたギターを落札して,ちゃんと税関を通るかどうか心配している人が少なくないようす。それでも,「たぶん大丈夫じゃない?」とセカイモンの北米拠点(L.A.流通センター)に商品が届いて検品が済むのを待っていたら,やはりというか意外なことにというか「このままでは成田を通関しません」という連絡が。

で,セカイモン担当者によると,ギターに使用されている木材が,輸入禁止対象でないという証明があれば通関可能ということで,メーカーのホームページの記載や,メーカーの担当者からのメールでも大丈夫な場合がある,とのこと。ただし,このギターについては2006年の海外モデルなので国内外のホームページを探してみましたが,
 Mahogany,Rosewood
以上の詳しい情報は得られません。

なので,Ibanezの国内ホームページから問い合わせてみましたが「使用木材についての情報公開はしていません」というつれない返事。となると,北米のIbanezのホームページから問い合わせ,と考えたんですが,国内ユーザーからの問い合わせにしか対応していないということで,海外からのアクセスでは問い合わせを受け付けてくれません。

ということで,他のメーカーだと使用木材についての情報提供があるのかもしれませんが,とりあえずIbanezについては望み薄というのが実情みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ibanez AG86TRD

去年の秋に海外オークションサイトで見つけてしまったのが,IbanezのフルアコAG86TRD。「Beginners Blues」というブルースギターの入門DVDでインストラクターが弾いているモデルで,国内未発売モデル。2006年に$600くらいで売られていたみたいなんですが,Bubingaボディを半透明の赤で塗装した,極めて魅力的なモデル。現行のAG95がこれと同じBubingaボディなんですけど,色が普通なんですよね。

で,第一の問題は出品者が海外発送に対応していないこと。となるとセカイモンの出番,ということなんですが,さらに問題があって,セカイモンで検索すると「輸入禁止製品のおそれがあります」とのメッセージ。どうやら,ネックのMahogany,Rosewoodが禁止対象のおそれあり,ということなんですが,調べてみると,こうした木材の一部がワシントン条約の輸出入禁止対象になっているようなんですね。知らなかった。

ただし,輸出入禁止の対象になるのは高額な希少材であって,本体が10万円もしないようなギターに使われている訳がないので,輸入禁止製品のおそれがあっても大丈夫なんじゃない?ということで強行入札してしまいました。

が,これが後々まで尾を引くことに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

us21wh

Vista 64bit版(英語版)で「らくちんCDダイレクトプリント」を使うのはそうそうに諦めたんですが,このマシンでもプリンタが使えないと不便は不便なので,「らくちんCDダイレクトプリント」を使うマシンとで1台のプリンタを使うことに。

で,プリンタ共有を使う手もあるんですが,常にプリンタをつないだPCを起動しておかないといけないのが難点。今どきの無線LAN対応プリンタなら,2台と言わず複数台のプリンタからプリントできるんですが,プリンタを新調するのはお試しという訳にもいかず,とりあえずはUSB切り替え器という選択に。

手動で切り替えできるだけでなく,キーボードのホットキーから切り替えできるタイプのものだとかなり値段がはる上に,CPU切り替え器を使っていると動作しない場合があるらしいので,なるべく安いものでとチョイスしたのがシグマA.P.Oのus21wh。

構造がシンプルなだけに,問題なく動作してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Elite 334

ということで,Elite 334をオーダーしてしまいました。気になる電源の仕様ですが,アマゾンのレビューにあったような20Pではなく,24Pでした。今どきの製品で20Pのみ,というのは考えにくいとは思ってましたけど。

ただし,20Pのマザーにも対応できるように,追加された4P分が分かれているタイプで,しかも,4P分を20Pにくっつけて固定できるタイプではないので,勘違いされやすい部分がありますけど,20Pと4Pが分岐する直前まで同じラインで来ているし,補助電源の4Pとは差込口の構造が違うので,間違いなく24Pの電源なんですけどね。

これで録画データの編集マシンのHDD追加には問題なくなりましたが,これまで使っていたケースが余ってしまうという新たな問題が…(Windyのケースだから,活用しないともったいないし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vista Ultimate 64bit版

新メインマシンのOSは,Vista Ultimate 64bit版なんですが,キャノンのプリンタのドライバやユーティリテイがうまく入りません。

プリンタ付属のCDからはドライバがインストール不能,ユーティリティの「らくちんCDダイレクトプリント」はインストールができたものの,いざ起動しようとするとCDレーベル印刷ができるプリンタが見当たりません,というメッセージが出て終了。レーベル印刷できるプリンタがつながっているんですけどね。

という不思議な現象の理由として思い当たるのは,唯一このOSが英語版という点。もう少し状況を確認しないと何ともいえませんが,日本語版との違いが怪しい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その21

Bspecの方がレベル35になったご褒美がグランツーリスモ レッドブル X2010 '10。さっそくルマン24時間を走ってもらってますが,雨のルマンで1周が3分ちょっとという異常な速さ。24時間なので,途中で天気の変化が心配ですが,まさか24時間つきっきりで見ている訳には行かず,とりあえず放置します。

で,その前にグランツーリスモ・ラリー上級編のスノーステージをRS200ラリーカーで走ったんですが,トータルで2分以上の差をつけて楽勝。あれだけ壁走りのペナルティを受けてもこのタイム差って,スノーステージはかなり甘い難易度設定という印象。ま,私の場合,ターマックで遅いので,こういう楽をさせてもらえるステージがあるのはありがたいんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.5インチシャドウベイ その3

で,Centurion 5 II だと電源が下部に設置になるので,移植元のPCの電源からケーブルが届くのかどうか心配なのと,例のエンブレムが好きになれないまま。横置きにこだわるならCM690という選択肢もあるんですが,これだとちょっと筐体が大きいし,電源搭載位置も下部。

で,あれこれ調べてみると,HDD横置きにこだわらなければ,Elite 334というモデルが電源搭載位置も従来タイプで,シャドウベイの数も今回の目的にジャストフィット。

移植元の電源だとHDDを追加したときの容量がちょっと心配だったんですが,500W電源搭載モデルというのが売られていて,電源なしモデルより\1000ちょっと高いだけ。ということは500W電源が\1000?

アマゾンのレビューによると,この500W電源は20Pタイプということなんですが,他の通販サイトやCoolerMasterのサイトなどによると24Pタイプとのこと。移植元のPCはPen4(ソケット478)なので,20Pでも24Pでもどちらでもいいんですけど,ロットによって仕様が違ったりしたんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.5インチシャドウベイ その2

お値段やデザイン的にお手ごろを思ったThree Hundredですが,よく調べてみるとHDDが従来の縦置き仕様であることが判明。やっぱりHDDを積み込むなら,交換も楽な横置き仕様がベターです。

ということで,代わって候補に浮上したのがCoolerMasterのCenturion 5 II。ちゃんとした形式はRC-502-KKCで,Centurion 5 IIというのが通称みたいですが,Centurionといえば,元祖の赤モデルを買おうと思ったことがありました。

当初,赤は国内未発売で海外通販ででも,と思っているうちに国内販売が始まって,意外に明るいというか軽い印象の赤だったので,結局見送った記憶が。

で,色だけでなくCenturionといえば,兜をかたどったシンボルマークがこれもちょっと軽い印象というか,ちょっとおもちゃっぽいというか,なので,その後ラインナップに追加された白も欲しいと思ったものの見送った記憶が…。

ということで,Centurion IIでもやっぱりこのシンボルマークがしっかりついているので,ここだけが考えどころ。シャドウベイの数やボディサイズは今回の目的からすると申し分ないところなんですけどね。

ま,もう少しおしゃれなケースとなるとお値段も張るし,そのくらい出すなら外付けHDDを買って来た方が安く上がるとあって,微妙な悩みどころだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.5インチシャドウベイ

このところ,録画したデータをちっとも整理する時間がなくて,HDDレコーダーのデータをPCに転送するだけで精一杯。

ところが,転送先のPCのHDDの残量もあとわずか,という緊急事態に。HDDの増設,というのが現実的かつ即効性のある解決方法ではあるんですが,何しろM-ATXケースなのでHDD増設はもう限界。

となると,現状の中身をそのまま,シャドウベイに余裕のあるケースに移植した上で,HDDの増設というのが現実的な路線と思える今日この頃。

もっとも,中身がPen4 3.0Cなので,それほどケースに投資してもということもあるので,フルタワーにするのも場所的にどうかと思うし,ATXで手ごろなところとなると,AntecのThree Hundred辺りが価格的にも最有力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

adr-mlt111bk

これまでPC毎に5インチベイのスピーカーや光学ドライブを用意していたんですが,マルチカードリーダだけは必要なPCにだけ装備してました。

が,この手のものなら外付けのものが1個あれば必要に応じて使いまわせる,ということで,お試しで1個入手。

今どきこの手のカードリーダはニーズが多いのか,ずいぶん安くなってるんですね。47種類のカードに対応で,実際に使うのはSDHCカードだけなので,ちょっともったいない気がしなくもないですが,SDカード専用アダプタを買ってもそれほど違わないし,この先SDHC以外のカードを使う場面が出てこないとも限らないし,で1つくらいあっても悪くないチョイス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMS-010BK

現在愛用中のWeb-camが,サンワサプライのCMS-010BK。キーボードも同社の010シリーズのパンタグラフ式のものなんですが,落ち着いたデザインが好みにぴったり。

で,別の部屋でもSkypeが可能なように,5年以上前のカメラを引っ張り出してつないでみたんですが,やっぱり画素数が違う分,動きが粗い感じ。

最近,同じ機種がアウトレットで売られていたのをいいことに,もう1つ追加してしまいました。このカメラ,マニュアルフォーカスモデル,オートフォーカスモデルの2機種があるんですが,うちはどちらもマニュアルフォーカス。といってもデフォルトのままで使っていて,調整したことはないんですけどね。むしろ,買う前に調べると,オートフォーカスモデルだと気ぜわしくフォーカスの調整が入って見にくいことがある,ということだったので,マニュアルフォーカスをチョイスした次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CoolerMaster Elite 341 組み立て編 その5

今どきのマシンならそろそろBlu-rayでしょ,ということで,お手ごろになってきたPioneerのバルクドライブを調達。さらにお値打ち価格のLG製とか,とりあえずBlu-rayを見るだけのコンボドライブなんかも考えたんですが,データ整理目的で書き込み機能も試せるように,ということでPioneerに落ち着いた次第。

で,Blu-rayでどんな吸血鬼映画が?と思って検索してみました。最近のタイトルはDVD,Blu-rayの併売ですが,昔の名作はまだまだBlu-ray化されてない感じ。「vampire circus」がBlu-rayになってますが,それほど贔屓の作品じゃないんですよね。吸血娘がキュートなのはいいんですけど,吸血鬼が増殖してくれないのが残念で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その20

Bspecのヒストリックカー・レーシングー・カップ,モナコでなかなか勝ってくれないんですね。512BB,トヨタ7,フォードGT40と車を変えてもダメ。

そんなとき,クリスマスプレゼントのクロム・ライン・シリーズに敵車で見慣れたジャガーXJ13レースカーがあったので,これをチューンしてみるか,とチューンした後でエントリーしようとしたところでハネられました。

年代が登録されてないので,79年以前という認識にならないということなんでしょうね。

にしても,配信で車種追加が可能なのであれば,今からでもダッジ・ステルスとかスタリオンとか足してほしいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »