« れる・られる | トップページ | a return to salem's lot その2 »

中国新聞電子版

帰省中に知ったのが,中国新聞電子版の存在。やっぱり,今どき紙媒体はだんだん厳しくなりますよね。

でもって気になるお値段は,

 ダブルコース … 宅配購読料のみでPC閲覧可
 トリプルコース … 宅配購読料+\1050でPC+(iPhoneまたはiPadで閲覧)
 スマートコース … \3150でPC+(iPhoneまたはiPadで閲覧)

という料金体系(1ヶ月)。「パソコンでのみ閲覧される方はダブルコースがお得です」とのことで,宅配購読料が

 朝夕 … \3925
 朝のみ … \3007

なので,朝刊のみの購読にして,パソコンからの閲覧だけ,というのが,今のところ一番安いんですが,配達区域外から電子版をパソコンだけで見たい,というニーズは考慮されていないのか,電子版をパソコンだけで見るコースを設定してしまうと,紙媒体の方の売り上げが下がってしまうと心配しているのか,よくわかりませんが,いずれ紙媒体が消滅するか,残っても割高になるであろうことを考えると,電子版をパソコンだけから閲覧する割安コースを設定して,新規読者を全国から掘り起こす方がお得な気がしなくもなかったり。中国地方出身で現在中国地方に住んでない,しかも閲覧はパソコンだけで十分,というニーズは高いと思うんですけど。

ま,この辺り,先行する日経や今春から参入の朝日なども紙媒体とのバランスが懸案のようで,紙媒体とのセットがメインで日経の電子版の無料会員はごく限られたサービスを提供するだけ。電子版だけのコースを設定した中国新聞は,ある意味大手よりも進んでいると言えるのかも。

ということで,思わず中国新聞電子版を購読しかけましたが,ちょっと割高なお値段で思いとどまりました。月\2000以内,できれば月\1500くらいだったら迷わず申し込み,なんですけどね。

|

« れる・られる | トップページ | a return to salem's lot その2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/51592870

この記事へのトラックバック一覧です: 中国新聞電子版:

« れる・られる | トップページ | a return to salem's lot その2 »