« asus ux21 その2 | トップページ | Fender U.S.A American Deluxe Ash Stratcaster »

we are the night その2

ちょっと前に届いていたんですが,ようやくじっくり鑑賞。ヨーロッパを舞台に,ヨーロッパにやって来た3人の女吸血鬼の1人が,ヒロインを見初めて吸血鬼に変える,というのがストーリーの発端。

劇中で語られますが,本作の吸血鬼は女性だけ。かつては男性もいたけど絶滅し,これから男性を噛まないので女吸血鬼だけ,という世界。それなりに予算があるのか,絵的には優秀だし特殊メイク,特殊効果もよくできてます。

前半でヒロインが吸血鬼に噛まれて吸血鬼化する過程も見応えがあるし,顔色が悪くないものの牙はあるし,日光に焼かれて滅びるという設定がストーリーの中にうまく活かされてます。

4人のキャラクターがなかなか個性的なんですが,個人的には,夫を娘のいる身で吸血鬼化したCharlotteが,ヒロインよりも好み。年老いて娘が死ぬのを見届けた後に日光で自殺するシーンはなかなか切なくて印象的でした。

ヒロインが,ちょっぴり惚れているTom(刑事)に自分の胸を撃たせて,銃弾を胸から出して見せるシーンの特殊効果もこれまた素晴らしいんですが,この手の特殊効果がでしゃばらないのがいいですね。

たった4人の吸血鬼でどんな話になるかと思って観始めましたが,なかなかどうして,これが実に見応えのあるストーリー展開。そして,それを支える素晴らしい特殊メイク。吸血鬼映画としてはかなり異色なんですが,非常に楽しめました。

で,私がストーリーをちゃんと追えたのはもちろん英語字幕のおかげ。スタッフ・キャストのインタビューはドイツ語音声(ドイツ作品なので)に英語字幕つき。他にも予告編やメイキングなどのおまけがついてますが,そんなものがなくてもこの値段なら本編だけで十分満足できる本作。この後に佳作がなければ今年観た吸血鬼映画の中でNo.1かも。

そうそう,女吸血鬼たちがランボルギーニやポルシェを乗り回すのも,車ファンに嬉しいポイントでした。

にしても,本当に絵がしっかりしているのでBlu-rayで鑑賞したいところですが,残念ながらBlu-rayは未発売の様子。Blu-rayの発売が本当に待たれます!

|

« asus ux21 その2 | トップページ | Fender U.S.A American Deluxe Ash Stratcaster »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/53180092

この記事へのトラックバック一覧です: we are the night その2:

« asus ux21 その2 | トップページ | Fender U.S.A American Deluxe Ash Stratcaster »