« The Collection | トップページ | Fright Night その2 »

Fright Night

ようやく「fright night」が届きました。国内公開よりもちょっとだけ,だけど早くてよかった。

気になっていた国内サイトの予告編で見た女吸血鬼たちは,Peter Vincentの舞台の役者さんたち,ということが判明。ま,吸血鬼役の女性でも,魅力的なことに違いありません。

で,劇中の本当の女吸血鬼は,というと,オリジナルと同様,Charleyの彼女のAmyはもちろん,というか,オリジナルでは女吸血鬼がAmyだけでしたが,リメイク版ではその他大勢の中に複数登場。

で,リメイク版の吸血鬼メイクは,伝統的な2本牙と,今どき風のギザギザ牙の2バージョンがあって,普通の顔のときは2本牙,オリジナルのAmy風の口裂けモードではギザギザ牙,と,言ってみれば2段変身というところ。これって,これまでなかったパターンかも。

ストーリーは「Howling」のリメイクとは異なり,ちゃんとオリジナルを下敷きにしていながら,今風のアレンジが加えてあるので,オリジナルのファンにもしっかり楽しめる内容になっています。惜しいのはオリジナルにあったAmyが吸血鬼化する途中のシーンが省かれていたり,オリジナルほど吸血鬼Amyが派手に立ち回らないことですが,全体的な出来は非常によいと思います。

|

« The Collection | トップページ | Fright Night その2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/53571559

この記事へのトラックバック一覧です: Fright Night:

« The Collection | トップページ | Fright Night その2 »