« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

PCデスク

いくつかあるPCデスクのうち,Mac用に使っているものを,足元に余裕があるタイプに変更しようと思い立ちました。

これまで75cm幅クラスのものが2つだったんですが,1つはADC接続のCinemaDisplay(20インチ)をPM G4につないでいるので,もう少し幅が狭くていいから,縦に置けるタイプを物色(これまでは床に近い部分に棚があるため,棚に沿って横向きに置いていたんですね)。

サンワサプライの65cm幅の100-DESK031だと,ディスプレイがぴったりで,棚を足の部分ではなく天板のすぐ下に設置するとこの高さが絶妙で,PM G4が床置きでぴったり。これなら,G4を2つ並べることもできるので,将来的にディスプレイをADC接続ではなくDVI接続のものに変えて,CPU切り替え器を使うようなことになっても対応可(ま,その前にG4が動かなくなるような気もしますけど)。

また,120cm幅で本棚つきの100-DESK064は,ともかく足元が広いので,G5,G3を並べてもまだ余裕。120cm幅のものは,すでにガラス天板のものをPC用に使っているので,同じサンワサプライなら間違いないだろうということで。

amazonではこのモデルよりも安い他社製品が見つかりますが,このモデルよりも当たり外れが大きい様子(このモデルでも外れることがあるようですが,うちに届いたものは全く問題ありませんでした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hallstatt EV30 SET

一度バイオリンを触ってみたいと思って前から狙っていたのが,ハルシュタットのエレクトリック・バイオリン。

激安のアップライト・ベースを出しているメーカーなので,そっちも興味があったんですが,あまり評判はよくない感じ。バイオリンも値段が値段なので,似たようなものかも知れませんが,バイオリンなら場所もとらないし,怖いもの見たさもあって買ってしまいました。

で,届いてみると,ボディは写真から想像するようなABS樹脂などのプラスチックではなく,一応木材なんですね。で,1弦のピッチがあっていないようなので,ペグを回したらいきなりブリッジが外れて飛び出す始末。ま,ギターやベースの感覚でペグを回したので,弦が切れなかっただけでももうけで,悪いのは自分なんですけど,ちょっとびっくり。ブリッジの下にピックアップが仕込まれているんですね。

ボディの仕上げはこんなものかと思いますが,指板やナットの仕上げがいかにもチャチ。ま,普通のバイオリンを細かく見たことがないので,比較のしようがないんですが,指板が滑らかじゃないのは…ちゃんと使えるのか,いきなり心配だったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その55

今回のタイムトライアルは,トヨタ86限定の筑波と,PP600ノーマル車のローマ。筑波の方は,コンピュータを変えて馬力がはみ出した分をパワーリミッターでセーブ,サスペンションで車高をちょっと下げて,トランスミッションをクロスに変更することで,ゴールドタイムクリア。ローマをなんとか三菱車でと思ったんですが,どんなにチューンしてもPP600の三菱車はないんですね。フルチューンしたCZ-3でシルバーまではクリアできたものの,ゴールドにはちょっと届きそうにないので,三菱以外で好みの車をいくつかチョイスしたものの,ゴールドになかなか届きません。結局,PPでソートしてチョイスしたのがガヤルドだったんですが,あっけなくクリアしてしまいました。

ま,ネットランキングのトップはいつもとんでもないタイムですが,さすがにそこに挑戦する気はなくて,ゴールドがクリアできたらそこで終了にしていたりして…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ibanez SR756

2012年のSRラインアップでは,SR706が落ちて,代わりにSR756が入った模様(SR705は新色に)。といっても,これは北米モデルの話で,国内のミドルレンジはSR500,SR505,SR506だけ(島村楽器とのコラボでSSR620,SSR625というモデルがありますが,これはカラーバリエーションが増えているだけで,スペックを見る限り,実質SR600,SR605と同等な感じですから,これを勘定に入れると北米と遜色ないんですけど)。

で,今回追加されたSR750台は,SR750,SR755というマホガニーボディにウォルナットトップという仕様のものがかなり前から出ていて,前からいいなと思っていたモデルだったりします。

ま,SR500台,SR600台,SR700台は,ピックアップなどの電装系は共通で,ボディ素材が違うだけ(だと思います)なので,ボディ素材の好みで選んでね,ということなんでしょう。

SR400台以下だとピックアップがBartoliniじゃなくなるし,SR700台の上はPremiumやPrestigeになってしまうので,お手ごろな価格帯でお買い得感があるのはSR500台~SR700台という印象。

ということで,ちょっと欲しくなってしまうSR756なんですが,個人的にはアッシュボディのSR606を希望したいところ。あるいは,Poplar Burlトップで出ていたSR650,SR655を復活させるついでに,SR656を追加,でもいいんですけど。

クロサワオリジナルのSR500SMみたいに,国内の楽器屋さんがコラボで出してくれないですかねぇ。島村楽器がSR600,SR605を国内投入するついでにSR606(島村楽器的にはSSR626?)を出していたら買っていたのに(多分)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマイルBEST 悪魔の毒々パーティ

前から買うかどうか迷っていたんですが,値段が手頃だし,レビューもそこそこなので,オーダーしてしまいました。原題は「dance of the dead」。

B級だと思っていたら,意外にしっかりした絵作り。ゾンビメイクはちょっとお手軽で,ちぎれた首や腕は今どき珍しい作り物感丸出しだったりしますけど,わざとCGによるリアルさは追求せずに,80年代の手作りホラーへのオマージュという趣きなんじゃないでしょうか。これだけ絵に手がかかっているので,やろうと思えばいくらでも作り物感のないメイクになったはずで,わかってやっている印象。テンポはいいし,音楽もいいし,キャラクターも個性的です。

もっとも,ゾンビカップルの共食いシーンだけはちょっと興醒めで,ゾンビ娘によってゾンビ化した彼氏は,ゾンビ娘と一緒に人間を襲うべきで,彼女を噛むのは,演出としてはわからなくもないけど,学校を爆破して一安心の生存者の前に登場させて欲しかったところ。ま,このゾンビ娘,メインキャラクターの中では一番好みなので,ゾンビ化しただけでも満足だったりしますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共喰山

去年観た中では傑作の「Primal」ですが,国内公開されただけでなく,DVDも国内盤が出ていたんですね。知らなかった。

ただ,邦題は予想のしようもない「共喰山」。共食いはともかく「なんで山?」と思ったら,他の作品とつなげて無理やりシリーズにしているみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fenderの海外発送

海外発送といっても「北米から日本へ」という話。これだけ円高だと,送料を足しても国内で買うよりかなり安いので,単純に値段だけを考えると個人輸入がお買い得。

ただ,日本に発送してくれるかどうかというのが最大の問題で,これまで通販サイトやオークションサイトで見た限りでは,

・Fenderを海外発送する店はかなり少ない
・Fenderの新品は海外発送しないけど,中古なら海外発送する店もある

というところ。オークションサイトだと,同じFenderの新品でも,海外発送可のものもあれば不可のものもあったりして,何を基準に海外発送の可否を決めているのかわかりません。

なので,自分が欲しいモデルが必ずしも海外発送可であるとは限らないのが辛いところ。Fender Japanのテレキャスを買ったせいか,Fender USAやFender Mexicoにもちょっと興味があって,ネットを眺めていると気になるモデルがいくつも…。Fenderの場合,Ibanezと違って,ほとんどのモデルが日本導入されているじゃないかと思いますが,それでも国内サイトでは見かけないカラーリングのものがあったりするんですよね。

海外発送不可となると,セカイモンなどの輸入代行業者頼りになるんですが,それだと手数料がかかりますしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED電球

だいぶ値段がこなれてきたこともあって,うちのクリプトン管を少しずつLEDに変更しているんですが,たまたまある程度通電した後で外そうと触ったところ,予想以上の温度。

LED電球って,こんなに発熱するの?と調べてみたら,PCやキーボードのLEDランプと異なり,照明用のLEDはかなり熱くなるんですね。

でもって,LED自体が熱に弱いので,断熱材を使った機器だと熱が逃げずにLED電球の寿命が短くなってしまうのだとか。断熱材が施されているかどうかなんて,わからないので,これまで導入したLED電球が早くダメになってしまうかも知れないんですけど,ちょっと早まったかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラスタ天国(初回生産限定盤)(DVD付)

ときどき耳にするアニソンのコンボアレンジを聞いて,このバンドかな,と前から気になっていたんですが,レビューを見るとかなり辛口。これを定価で買うのはどんなものかと思っていたら,案の定,ちゃんと中古で売りに出す人がいるようで,アマゾンのマーケットプレイスにて激安(送料の方が値段よりも高い!)だったので,この値段ならば,と買って聞いてみることに。

アレンジはどれもなかなかいい雰囲気を出していますが,確かに演奏の技量は…。アマチュアがやっているなら「なかなか上手いね」というところでしょうが,プロだとするとやっぱり辛口になってしまう出来。いつ止まってしまうのか心配になるようなリズム隊(違う意味でスリリング),音圧を感じないブラス(ま,これは録音の問題もあるかも),…これを定価で買うのはちょっと辛いところですね。このアレンジ,せめてエリック宮城バンド辺りで聴かせてくれると嬉しいんですけど。

2曲が歌入りで,どちらも英語が混ざりますが,英語の部分がカタカナのままの発音。今どきにしては珍しい感じですが,中途半端に英語風の発音をして間違ってしまうよりはマシという判断かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Buffy the Vampire Slayer Blu-ray その2

好きな作品だけど,買ったものかどうかと思っていたら,国内盤が結構リーズナブルな値段で出ていた上に,メイキングまで収録ということなので,飛びついてしまいました。

が,お目当てのメイキングは宣伝用っぽいつくりであまり長くありません。もうちょっと吸血娘のアップがあればよかったのにね。

おまけに,この値段だとBlu-ray画質は期待できないと思っていましたが,思った通りで,DVDと変わらない画質。

ま,メイキングだけに買ったと思うと,ちょっと高いかも,です。せっかくBlu-rayにするなら,多少高くなってもBlu-ray画質にしてくれればいいのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Orange Crush 20L その3

IbanezのAG83BBGも,OS-15ではフロントピックアップとリアピックアップの音色がいまひとつ違いがはっきりしなかったんですが,このアンプだとくっきり違いがわかります。

1万円前半のアンプでこれだけ違うと,もうちょっと高いアンプだと一体?と気になってしまうので,当分考えないことにします。というか,OS-15の方が「音が出るだけ」というレベルだったという気も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fast zombies with guns

ゾンビがおしゃべりする「pop punk zombies」も珍品でしたが,ゾンビが走るだけでなく,銃で武装する「fast zombies with guns」はさらに珍品。

映像もB級なら,演技もB級,メイクもB級だったりしますが,増殖の仕方がなかなかいい感じ。特に,最後まで生き残るかと思われたヒロインも最後の最後で…でもって,彼氏に…という,吸血鬼映画ファンにはたまらない,ちょっと嬉しいラストが用意されています。内臓をむさぼるシーンよりも,首に噛み付くシーンが多いのも,ある意味吸血鬼志向といえるかも。

もう少し丁寧なメイクにして,役者さんに予算が回れば,傑作になったのでは,という可能性を感じさせる作品でした。それなりの予算でリメイクして欲しいところです。

で,自主制作的なノリが漂う本作はDVD-Rメディアでの提供で,予告編のおまけつきですが,字幕などはありません。おまけに,タイミングの問題なのか何なのか,私が買おうとしたときはamazonから日本への発送不可で,やむなく他の通販で入手した次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pop punk zombies

細かいところをよく確認しないで注文してしまった「pop punk zombies」ですが,再生を始めるといきなり「Brain Damage Films」の文字が…。しまった,Brain Damage Filmsでしたか。久々にハズレレーベルを買ってしまった?

と思いながら再生を続けると,ゾンビメイクはそんなに悪くはないし,ゾンビに襲われた女性がゾンビとして復活するシーンに襲われたシーンをフラッシュバックで挿入するなど,演出も悪くないし,で,Brain Damage Filmsにしてはいい方かも。

ま,低予算をカバーするために画面は暗いし,話の筋は見えないし,ラストでゾンビが滅んだ理由もよくわからないし,で,値段を考えればこんなものでしょう。

NGシーンはついてますが,英語字幕はついていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Orange Crush 20L その2

さっそく音を出そうと,ギターをアンプにつないでみると,…音が出ません。ボリュームはちゃんと上がっているのに。

いきなり故障?と焦りましたが,ゲインが0であることに気づきました。もしかして,このアンプはゲインも上げておかないと音が出ない?と思って,ゲインを上げて,無事に音が出ることを確認。FernandesのOS-15はゲインが0でもボリュームが上がっていれば音が出たんですけどね。どうも,この辺りの名称はメーカーによって違うようで…。

で,肝心の音ですが,パワーがある分,以前と同じくらいの大きさで鳴らすには全く余裕がある感じ。以前はピックアップセレクタでピックアップを変えてもあまり音色が変わった感じがしなかったんですが,今回ははっきり違いが判ります。これなら,ギターにピックアップセレクタがついている意味が理解できますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Orange Crush 20L

このところ,なぜかギターの本数が増えてしまったものの,うちのギターアンプはずっとアイバニーズの入門セットに入っていたFernandesのOS-15というモデルで,出力は10W(ピーク20W)。これまでそんなに鳴らした訳ではないんですが,最近,歪ませていなくても音が割れる感じになっていたんですね。

だったら,もう少しパワーがあるアンプを,と前から気になっていたOrange Crush 20Lを買ってみました。

届いてみると,大きさはOS-15よりも小ぶりだし,見た目がなんともキュートだし,で文句なし。後はどんな音が出るかですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その54

今のタイムトライアルは,スパのドライ,ウェットを走るもので,ドライはランエボXでクリアしたものの,ウェットは4WDでもグリップしないので,ステアリングに神経を遣う,(私の腕では)結構難度が高い設定。

タイムトライアルはなるべく三菱車で頑張っているんですが,ウェットの方が700psが上限で,GT5の三菱車でそこまでパワーが出るものはないんですね。GT2のGTOのレーシングカーだったら,車重のハンデはともかく,パワー的には800ps以上出ていたはずなので,この辺りの車も収録して欲しいんですけど。

でもって,こんな路面をMRで飛ばす腕はないので,なんとか4WDでパワー,車重の有利な車を探すと,スズキのエスクード・ダートトライアルカーがぴったり。

ということで,雨の中,安全運転でなんとかゴールドクリアでした。

前回の雪道は,CZ-3 ターマック・ラリーカーで壁にぶつからないように安全運転するだけで,ゴールド一発クリアだったんですけど,雨と雪でこんなに難易度が違うというのも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 GT5 同梱版 その53

ちょっと前の配信イベントで,Bspecでスパ,サルテを走らせるのがあって,スパは普通のGTマシンをチョイスしてあっさり勝てたんですが,サルテが難物。

1回のレースで40分近くかかるというのも結構面倒で,AIドライバーはしばらく指示を出さないと最低限のペースでしか走ってくれないので,40分ずっと見張っていないといけない,というのがまず大変。でもって,ライバルカーと同じクラスのマシンを使って,ドライバーのレベルのお勧めの35以上をチョイスしても,なかなか勝てませんでした。

途中で上位グループに入っても,7,8周目辺りで置いていかれてしまうんですよね。

ま,幸い天候の変化は固定されているので,ピットインのタイミングの最適化が容易だったのが救い。2周をドライ,3周~9周をインターミディエイト,10周をドライという戦略で,3周目をとにかくプッシュして4周目を2位で入り,その後1位になった後ひたすら後続との距離を開ける作戦で,なんとか勝てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sigler music

ちょっと前に見つけた楽器屋ですが,Fender Mexicoのストラト,テレキャスをベースに,ピックアップをEMG,Duncan,DiMazioなどに換装したり,ブリッジやペグを交換したりした,Modifiedバージョンを扱っているんですね。

ベースがFender Mexicoなので,改造版でもそこそこのお値段。ま,定価は1000ドル前後で,実売700ドル前後,という感じなんですけどね。

ただ,EMG,DiMazioを組み込んだモデルは北米国内のみ販売で,海外発送可なのは,Duncanを組み込んだモデルの一部だけ,の模様。EMGにしてもDiMazioにしても,ピックアップ単体ならば日本にも入っているはずですが,セット販売だと輸出制限があるんですねぇ。ま,Fenderのギターにしても,新品は北米の多くの楽器店が海外発送不可になっていたりします(中古は海外発送可というお店を結構見かけます)から,どういう基準で輸出の可否が決まっているのかよくわかりませんけど。

で,ブラックパーツ,赤ボディーのテレキャスがちょっと魅力的なんですが,DiMazio搭載なので買えません。赤ボディーでDuncan搭載のテレキャスもあるんですが,そっちはピックガードが白で金属パーツも普通。ま,自分で交換すればいいだけの話ではあるんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kaspersky internet security

4月に更新時期を迎えるPCがあるので,1箱買っておこうとamazon.comで注文しようとしたんですが,なぜか日本向けの発送が不可になってました。前は問題なく買えたのに…。

これって,kasperskyの日本国内販売がジャストシステムから株式会社カスペルスキーに変わったことと関係があったりするんでしょうか?

ま,国内版も「優待版」なら北米とそれほど値段的に開きがない感じですが,他にお買い物があるなら,北米で買った方がお買い得。今回はとりあえずオークションサイトで海外発送してくれる出品者から買うことに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT5 spec II

amazonに行くと来月発売予定ということで表示されるんですが,何が変わったのかというと,アップデート済みで有料追加コンテンツがダウンロードできるようになっているとか。

定価4980円がamazonで4063円ですが,GT5を持っていれば,違いは有料追加コンテンツの1600円分。

確かに有料コンテンツで魅力的な車種はあるし,既存車種の手直しやレーシングモディファイだけでなく,新車も入っていたりするんですが,そういうことができるんなら,GT2に入っていてGT3以降で落ちた車種も頑張って再録して欲しいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hellraiser: Revelations

シリーズ最新作,ということで買ってみたのが「Hellraiser: Revelations」。

が,いきなり絵的にビデオ。ずいぶん安っぽい最新作ですねぇ。ま,このブログ的には,セクシーな女Cenobiteさえ登場すれば,他がどれだけダメでも評価しちゃうと思うんですけど,歯をガチガチ鳴らすのが出てきて,それだけという感じ。顔が顔らしくないのでNGかな。

「3」のTerriみたいに,Cenobiteに改造された後も綺麗,というパターンだと嬉しいんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SR500PB,SR505B

海外サイトで,IbanezのSR500のスポット生産と思しきモデルを見つけてしまいました。

マッチングヘッドで,ボディトップが多分Popular Burl(型番がPBなので)。以前にSR600の派生モデルで,SR650B,SR605PBというのがあって,650PBは国内販売がありましたが,今回はSR500の派生モデルみたい。

SR500SMを買っていなかったら,飛びついているところですが,ま,ボディトップの木目が違うだけの同じモデルを買っても仕方がないので見送りです。SR506PBなんて6弦モデルが出ていれば,フレットレス加工を前提に買ってしまったかもしれませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bruce Timm その2

この作者,イラストギャラリーがネットにあるんですが,そこに収録されていない,とてもキュートなイラストがこちら。

http://s3.amazonaws.com/data.tumblr.com/tumblr_lpib6zQ1QW1qf83cro1_1280.jpg?AWSAccessKeyId=AKIAJ6IHWSU3BX3X7X3Q&Expires=1326200196&Signature=Gk0acijYzJqcCjRJWZc8gawa2iQ%3D

「The Satanic rites of Dracula」のJane嬢。キュートが牙がなんとも素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bruce Timm

ネットでちらっと見かけて気になっていたイラストの作者なんですが,アメリカのアニメーション作家だとか。

気になっていたイラストというのは,こちら。

http://www.comicvine.com/bruce-timm/26-7365/all-images/108-72298/brucetimmisgod/105-874271/

「Dracula A.D.72」のイラストですが,これがまたいい味を出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸島 最後の47日間(5)

ようやく斧神が雅に忠誠を誓う理由が語られた訳ですが,強烈な「今さら感」。作者は最近になって「流血鬼」でも読んだんでしょうか?

吸血鬼の「不老不死」という特性は,作品によって多少アレンジが加わるとはいえ,吸血鬼になった後でそこに共感するというのは,ちょっと説得力に欠ける感じ。人間の段階で「不老不死」にあこがれて吸血鬼になるとか,吸血鬼に接触するとか,というのが,吸血鬼ものの定番で,あ,だからそこをあえて逆にしてみたということ?

で,あいかわらず色気のない展開で,人間サイドにしろ吸血鬼サイドにしろ,これだけ男ばかりというのはねぇ。例の蚊で吸血鬼化した娘が,斧神の側近として再登場するなんて…ないか,本作の場合。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

年利1%

TBSのひるおびという番組で,地方銀行のネット口座の金利が年1%という話があったんですが,10年定期なので100万円預けると利子が10万円,という発言があって,びっくりしてしまいました。

発言の主は,以前,新聞マエストロとかいうタイトルがついていた人ですが,前にも「造詣」という漢字を「ぞうし」と読んだりして,それでマエストロっていうのはちょっとどうよ,って感じなんですが,年利1%で10年で10%という計算って,今どき小学生でも間違えないのでは?

確かに,1.01の10乗って,1.014622…だから,利子は10万4622円で,ざっくり4622円を誤差として切り捨てたのかもしれませんが,額面通り受け取れば,彼に年利1%で100万円を借りても10万円しか利子をつけなくてよい,ということに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルスセキュリティの載せ換え

ちょっと前にOSを入れ替えたマシンに入れておいたウイルスセキュリティZEROなんですが,これまでのウイルスセキュリティだと,ソースネクストのマイページから該当の商品の利用を止めて,新しいマシンで再登録,という流れだったんですが,ちょっと前に利用開始の手続きをしたはずのライセンスが見当たりません。

これって,使用マシンを変えられないってこと?と思ってちょっと悩んだんですが,マイページには見当たらないし,現在使用しているマシンから,ADOBE製品みたいに登録の解除はできそうにないし,なので八方塞。

ダメならダメで仕方ない,とOSを入れ替えた後で,同じライセンスキーで登録しようとしたところ,このライセンスキーは登録済みと言われたももの,選択肢として「新しいライセンスキーを購入する」の他に,以前の登録を解除して新しいマシンで登録,といったものがあって,ようやく一安心。無事に継続使用することができました。

なるほど,最近のライセンスキーの管理はこういう仕組みに移行していたんですね。

うちでは複数あるPCのうち,ネットにつながれば便利,といった程度のマシンのアンチウイルスにウイルスセキュリティを多用していて,どのマシンがどのライセンスキーなのかがわからなくなっていたりするんですが,この方式なら間違える心配がなくていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fender Modern Player Tele® Plus その3

これだけ安いと,まずUSA本国製ではなく,MEXICOの価格帯でもなく,SQUIER製のものにロゴだけFENDERでつけている印象なんですが,どうやら中国製のもよう。

しかし,この価格帯ならUSAでもSQUIERが販売されているので,わざわざFENDERのロゴをヘッドにつける意味がちょっとわからないんですけど…。USAではSQUIERブランドをやめてしまうとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Conklin Bill Dickens 7 string bass guitar

Bill Dickensのシグネチャー7弦ベースの中古が$1300でオークションに出ているのを見つけてしまいました。新品で$1900くらいだから,かなり安いですし,国内販売だと26万くらいのプライスタグでしたから,お買い得はお買い得なんですが…現物を見るまでもなく,絶対にネックが握れないと思うので買いません,多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リメイク希望

「blacula」「vamp」「count yorga」を現代風にリメイクして欲しいのは,前に書いた通りですが,吸血鬼映画以外に「demons」なんかrosemaryの牙をちゃんと作ってリメイクして欲しいと思います。

ま,リメイク希望が多いというのは,それだけ新作に面白いものがないということの裏返しだったりしますから,それはそれで問題なんですけど…。

あ,ハマーも新作が出るとか出ないとかいう噂はどうなったんでしょ。かつてのドラキュラシリーズを単純にリメイクしても面白いと思うんですけどね。「the brides of dracula」なんかも,リメイクを見てみたい気が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDD (SATA III)

ちょっと前に大容量のHDDを調達しようと秋葉原に行ったんですが,SATA IIの激安大容量HDDは店頭からほとんど姿を消していて,高価なSATA IIIばかり。ま,高価といっても出始めの頃に比べれば安いと思いますが,SATA IIの1TBが5千円くらいで買えたのを知っていると,いくら高速とはいえ,同じ容量で倍の値段というのはちょっと考えてしまいます。

が,どうにも緊急で録画データの避難用に大容量HDDが必要だったので,泣く泣く1TBを購入。当初は1.5TBを2個くらい調達すれば,当分安心だし,なんて考えていたんですが,ここしばらくは全くHDD価格の動向を気にしてなかっただけに,ちょっとショックでした。

ま,いずれ安いときのSATA II並みに下がってくれることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »