« Hackintoshパーフェクト裏マニュアル | トップページ | Audi 2012 Game Day Commercial - Vampire Party »

ドレミの和音

Amazonの「なか見!検索」でちらっと見ただけ,なんですが,「ドレミの和音」という文字が目に飛び込んできました。「痛快!クラシックの新常識」(許光俊著)という本なんですけどね。タイトルに「新」なんてついているから,古典的な和音でなく現代風の響きにした,なんてことではないでしょうね,この著者の場合。

ま,この著者については,昔から「音楽について基本的な知識がないのによく音楽評論なんてやれるものだ」と思っていましたが,2年前の著作でも相変わらずだったんですねぇ。もっとも,知らずに好き勝手書き散らしているのが彼のスタイルで,それが売りだから,変えようもないんでしょうけど。

9thがテンションノートのコードなら「レ」も入るけど,ドミソレやドミソシレの和音だし。その後に「ソシレの和音」と続くので,一応「ドミソの和音」と言いたかったことはわかるんですが,校正をしてないのか,原稿段階で間違えていたのか…。

|

« Hackintoshパーフェクト裏マニュアル | トップページ | Audi 2012 Game Day Commercial - Vampire Party »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/56491105

この記事へのトラックバック一覧です: ドレミの和音:

« Hackintoshパーフェクト裏マニュアル | トップページ | Audi 2012 Game Day Commercial - Vampire Party »